温泉がとりもつ縁  吉村 剛史(産経新聞台北支局長)

昨日の本誌で松山の道後温泉と台北の北投温泉が「温泉友好協定」を調印したことをお
伝えしたとき、写真説明の一つに産経新聞の吉村剛史・台北支局長の写真説明「新北投駅
前の式典で披露された松山市の神輿」も紹介した。

 吉村支局長がそのときの取材がてらの日台の温泉交流について、今日の朝刊の「台湾有
情」でつづっている。台北で「ああ、温泉に入りたい」と思ったら、30、40分くらいで北
投温泉にいける。それも、いわゆる日本家屋の温泉旅館で温泉に入ることができる。日台
で温泉交流をしない手はない。これからの日台を取り持つのは温泉だ。


台湾有情:温泉がとりもつ縁
【産経新聞:平成23(2011)年11月7日】

 久しぶりに温泉につかりたくなったので、台北市北郊の北投温泉を訪ね、共同浴場の「瀧
乃湯」で一風呂浴びてきた。

 日本統治時代からの伝統を持つ古い浴場で、手ぬぐいを頭に乗せて湯船で浪曲をうなっ
ていると、地元のお年寄りから日本語で「『一本刀土俵入り』ですね」と話しかけられ、
意気投合してしまった。

 この浴場前の川で、明治後期に発見されたのが、ラジウムなどを含む鉱物・北投石。後
に同種の石が秋田県玉川温泉でも発見された縁から、今年8月、秋田県と台北市で「姉妹温
泉」締結も行われた。

 日台共通の温泉文化を通じた交流が目的といい、4日からは玉川をはじめ、道後(愛媛)
伊東(静岡)草津(群馬)湯田(山口)の各温泉地関係者ら約260人を招いた第10回温泉祭
りも開催中だ。今回は台北松山空港と同じ「松山空港」を持つ縁から、道後と姉妹温泉を
締結。松山のおみこしも披露された。

 台湾の作家、黄春明氏の代表作「さよなら・再見」は1970年代に日本でも翻訳出版され、
台湾に買春ツアーに訪れた日本人客を郷里の温泉場に案内するハメになった通訳の男のコ
ミカルな葛藤が衝撃的だったが、そんな時代が遠くなったことを日台双方のためにしみじ
み喜びたい温泉日和だった。(吉村剛史)

[RelationPost]


● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

● 野口健講演「台湾からの再出発」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 映画「海角七号」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0069.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。              (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , , , , ,