民進党主席選に卓栄泰氏が当選 台湾は総統選挙モードに突入

昨日(1月6日)、2人が立候補していた民進党の主席選挙が行われ、戦前の予想どおり卓栄泰・元行政院秘書長が2万4,699票(72.6%)、游盈隆・台湾民意基金会董事長が9,323票(27.4%)で、卓氏が大差をつけて当選した。投票率は16.9%だったという。任期は蔡英文・前主席の残余期間の2020年5月まで。

 卓氏は蔡英文派で、日本経済新聞は「勝利は蔡氏が党内の主導権を握り続けることを意味する」と指摘し、蔡英文総統が1月5日に行った海外メディアとの記者会見と併せて報じている。下記にその記事をご紹介したい。

 一方、産経新聞(1月6日付)は総統選挙と絡めて主席選挙について報じ「再選出馬を目指す蔡氏にとって追い風となる」と伝えつつ、1月3日に台湾独立派長老といわれる彭明敏、呉●培、高俊明、李遠哲の4氏が「国家のかじ取りを担う能力が蔡総統にはまだあるのか」と蔡氏に再選放棄を迫るメッセージを「自由時報」に公表したことを伝え、「独立派が好感する頼清徳行政院長(首相に相当)は予算が成立する月内に辞任する見込みで、総統選出馬への布石と見る向きが絶えない」と、頼清徳氏の動きも伝えている。(●=サンズイに豊)

 朝日新聞(1月6日付)もまた主席選挙の結果もそこそこに、総統選挙をメイン記事に「次期総統選への期待度を調べた先月の世論調査で、蔡氏は民進党のホープとされる行政院長(首相)の頼清徳(ライチントー)氏(59)を下回った。前回総統選で蔡氏に敗れ、雪辱を期す野党国民党の朱立倫(チューリールン)氏(57)にも今回は大きく差を付けられている。ただ、もうひとり意欲があるとされる国民党の呉敦義(ウートゥンイー)主席(70)が相手なら、蔡氏にも勝機はあり、両党は互いの出方をうかがう。2大政党を尻目に無所属の台北市長、柯文哲(コーウェンチョー)氏(59)への期待も高い」と伝え、頼清徳・行政院長の動向について「蔡氏は慰留しているが、辞任すれば党内で頼氏を担ぐ声が高まる可能性がある」と伝えている。

 2019年が明け、2月5日に迎える春節を前に、台湾は総統選挙モードに切り替わって事実上の選挙戦に突入した感が強い。

————————————————————————————-台湾与党党首に蔡派の卓氏 中国は統一圧力を強化 【日本経済新聞:2019年1月6日】https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39686740W9A100C1FF8000/

【台北=伊原健作】台湾与党の民主進歩党(民進党)は6日、蔡英文総統の主席(党首)辞任にともなう主席選挙を実施した。蔡氏に近い卓栄泰前行政院(内閣)秘書長(59)が、蔡政権に批判的なシンクタンク台湾民意基金会の游盈隆董事長(62)を大差で破って勝利した。中国共産党が独立志向の民進党への圧力を強めるなか、卓氏は2020年1月の総統選に向けた党勢立て直しが最大の課題となる。

 党主席選挙は18年の統一地方選の大敗で蔡氏が引責辞任したことにともなって実施した。有力者が出馬を見合わせるなか、行政院で蔡政権を支えてきた親蔡派の卓氏と、反蔡派の游氏の一騎打ちとなり、党内主流派の支持を集めた卓氏が7割強の票を得た。9日に就任する。

 卓氏は当選後の6日夜「今後のあらゆる選挙での勝利」が最優先課題だと記者団に説明した。中台関係は「党内で議論する」と述べるにとどめた。

 卓氏の勝利は蔡氏が党内の主導権を握り続けることを意味する。蔡氏は5日、一部海外メディアとの記者会見で「どの総統もやるべきことをやり切る十分な時間が必要だ」と述べ、総統選出馬に意欲を示した。ただ中国の習近平(シー・ジンピン)指導部は民進党への統一圧力を一段と強めるとみられる。

 習指導部と距離を置く蔡氏の政策に変化は見られない。習氏が2日の演説で台湾への武力使用も選択肢だとした点について、蔡氏は5日「防衛をしっかりしたものにしなければならない」と対抗姿勢を強調。「防衛力強化に協力してくれる国々と一緒に取り組みたい」とも述べ、台湾への武器供与を続ける方針のトランプ米政権などとの連携に意欲を示した。

 習氏が平和統一に向けて香港で実施している「一国二制度」の台湾版を検討するとした点には「中国は民主的な体制が不十分で、人権状況も良くなく、台湾への武力使用を放棄していないので受け入れられない」と拒絶した。習指導部が統一推進への圧力を強めていることは台湾世論の警戒を呼び起こし、民進党や蔡政権に追い風となる可能性がある。

 一方で、習氏は統一に向けて「両岸の各政党や各界」との「民主的な話し合い」を提唱している。江沢民(ジアン・ズォーミン)、胡錦濤(フー・ジンタオ)両元国家主席が過去に実施した台湾演説では協議相手として念頭に置いた「台湾当局」という表現があったが、今回は消えた。民進党や蔡政権が独立志向を改めない限りは相手にせず、他の勢力を切り崩していくとみられる。

 中台の経済協力が貿易や投資の拡大だけでなくインフラ整備にも広がっていけば、経済界などからは習指導部との溝が深い蔡政権への懸念が出てくる可能性もある。台湾内には中国大陸との距離をめぐり温度差がある。習指導部はそこを突いて分断を図り、統一の機運を築く構えだ。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

● 台湾の高級調味料XO醤 のお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018xo/

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,