民進党の謝長廷氏が母校京大の日本語講演で日台関係の重要性を強調

民進党の謝長廷氏が母校京大の日本語講演で日台関係の重要性を強調
日本も総統・副総統クラスが日本に通過滞在できる「台湾関係法」の制定を

台湾の謝長廷氏 母校の京大で講演
【12月17日 MSN産経ニュース】
http://sankei.jp.msn.com/world/china/071216/chn0712162005002-n1.htm

 来日した台湾の与党・民主進歩党(民進党)の総統候補、謝長廷元行政院長(首相)
は16日、母校の京都大学で講演し、日本留学で受けた自身への影響について「民主主義
には犠牲が必要であり、自由は天から与えられるものではないことを学んだ」と述べた。

 1972年から約5年間、京大大学院法学研究科で学んだ謝氏は、「日台関係強化への道」
をテーマに日本語で講演。反安保闘争の渦中にあった当時の思い出を交え、自身が掲げ
る改革論「台湾維新」の源流は、明治維新の舞台となった京都にあると力説した。

 謝氏はまた、「日本と台湾の間には歴史的、感情的な深いきずながある」と語り、日
台関係の重要性を強調。来年3月の次期総統選で当選すれば、中台間の対話再開と安定
化を目指す一方、「日本と台湾がアジアと世界で最も進歩的な改革勢力となる」と述べ、
連携強化の重要性を訴えた。

 謝氏は今回、留学中に結婚した游芳枝夫人とともに来日。学生時代を過ごした宿舎「暁
学荘」を訪ねて当時の管理人家族と再会。2人の新婚生活が始まった京都の町を歩き、
恩師、田中成明京大教授宅を訪れた。

 講演会場には、謝氏が「ボス」と呼ぶ京都外国語大の黄書璋名誉教授も駆けつけ、留
学当時、黄氏が京都市内で経営していた中華料理店「蓬来」で、アルバイトのリーダー
格だった謝氏のエピソードを披露した。黄氏は台湾独立派の活動拠点ともなった同店の
後継者として育てようとしたが、謝氏は「台湾に帰って台湾人のために尽くす」と話し、
申し出を固辞したという。


台湾:民進党の謝氏、京都大で講演 日台関係の強化を
【12月17日 毎日新聞】
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20071217k0000m030072000c.html

 来年3月の台湾総統選を前に与党・民進党の候補、謝長廷・元行政院長(61)が16日
来日し、留学経験のある京都大(京都市)で講演した。最大野党・国民党候補の馬英九
・前主席(57)も先月に訪日したばかり。謝氏は約40分の講演をすべて日本語で行うな
ど知日派ぶりをアピールしながら、日台関係の強化を呼びかけた。

 謝氏は日本に対し、総統・副総統クラスが日本に通過滞在できるよう、米国の「台湾
関係法」に類する法律の制定を求めた。また、「京都議定書に台湾が署名・参加できる
道を開いていただきたい。温室効果ガスの削減に台湾も積極的に取り組みたい」と述べ
た。

 中台関係では「台湾は独立した主権国家」とした上で、「虎に出合い、羊が寛容や共
存を持ち出しても意味がない」と指摘。大国である中国が台湾の独自性や主体性を尊重
することを前提に対話に応じる考えを示した。

 民進党との関係がぎくしゃくしている李登輝・前総統について「唯一の京大出身の大
統領(総統)経験者」と持ち上げ、「もちろん私が当選すれば……」と語ると、会場を
埋めた台湾出身の京大OBらから盛んな拍手が起きた。【成沢健一】


対日重視日本語で訴え 台湾総統候補 謝長廷氏が来日
【12月17日 西日本新聞】
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20071217/20071217_001.shtml

 台湾の与党、民主進歩党(民進党)の総統選候補、謝長廷・元行政院長(首相)(61)
は16日、来日し、かつて留学した京都大学で「日台関係強化への道‐若者には何ができ
るのか」と題した日本語の講演を行い、同党指導部きっての知日派として、対日重視の
姿勢を強調した。

 対中国政策では「あくまで台湾の独自性を守る前提で、中国と平和的な対話を進めた
い」と述べ、党の台湾自立化路線を堅持しながら「和解と共生」という持論を実現する
方針を示した。

 1972年から約5年間、京大大学院(法学研究科)で学んだ謝氏は、当時一般的だった
米国でなく日本を留学先に選んだ理由を「日本統治時代に教育を受け、日本に敬意と愛
着を感じていた父や年配の方々の影響」と説明。留学中に知った明治維新をヒントに「台
湾維新」という改革論を現在提唱していると語った。

 日台関係強化の具体的な道筋としては(1)日本も米国のような台湾関係法を制定
(2)非政府組織(NGO)を通じ、環境、人権問題などで協力(3)情報通信・経済
面の交流‐の3つを挙げた。

 また、2000年に民進党が政権を取った後、住民の「台湾人意識」は格段に強まったと
し、理由として「台湾の民主主義の進展」と「ミサイルで威嚇する中国への反感」を列
挙。「わたしが当選したら、中国も台湾の民意を理解せざるを得ず、対話のきっかけと
なる」と主張した。 (共同)

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,