機関誌『日台共栄』第3号(10月号)案内

機関誌『日台共栄』第3号(10月号)案内
見本誌ご希望の方に80円切手5枚で送ります(送料サービス)

■日本李登輝友の会の機関誌『日台共栄』は日本李登輝友の会の会員(学生会員
 を除く)へお送りしています。見本誌をご希望の方は、80円切手を5枚お送りく
 ださい。送料サービスで最新号をお送りいたします。
■『日台共栄』の創刊号から第3号までの「目次」や主な内容はホームページをご
 覧ください。
 ホームページ http://www.ritouki.jp/


『日台共栄』第3号(10月号)案内

●李 登輝(前台湾総統)
 台湾・異なる二つの文化−終戦前後の二つの時代における台湾文化の比較

日本の統治は厳しいものだったとは言え、政治はとても清潔なもので、当時の官
吏や警察の多くは清廉で矜持があり、汚職も非常に少なかった。……翻って戦後
の台湾を見るに、国民党政権は台湾人に対して、何かにつけ「ともに一家の人間」
「血は水より濃い」と言いながら、実際にはさまざまな差別待遇を加え、人々か
ら自信と自尊心を奪い、声を上げることのできない人間にしてしまった。
【翻訳・本誌編集部】

●宗像隆幸(アジア安保フォーラム幹事・本会理事)
 なぜ台湾憲法の制定が必要なのか−台湾人民だけが法的地位未定の台湾の政治的
 地位を決定できる

元来、台湾の独立は、中国とはなんの関係もないのだ。しかし、「台湾の独立は
絶対に許さない」という中国の声があまりにも大きいために、台湾の独立を中国
からの独立と誤解している人が多い。しかし、現実を直視すれば、中国の主張が
全くのフィクションであることは明白であろう。

●林 建良(世界台湾同郷会副会長・本会常務理事)
 一台湾人からみた李登輝訪日問題−中国の干渉を排して日本に勇気を与える「
 ラスト侍」の来日実現を

「反日親中」の連戦、宋楚瑜なら訪日ができ、日本で自由に「政治活動」も行っ
ていい。「親日反中」の李登輝氏なら「政治活動をやる恐れがある」と難癖をつ
け、訪日を認めないのだ。その外務省幹部の頭に描いている李登輝氏がやる恐れ
のある「政治活動」は、どのくらい日本に害を及ぼすのかを知りたいものである。

 その他にも、産経新聞のソ連特派員などをつとめた外交評論家の澤英武氏(本
会理事)が巻頭連載コラム「台湾と私」で旧制二高時代に触れ、日台交流を進め
る6つの提言をし、また、大学の卒論に八田與一を選んだ拓殖大学大学院生の杉
山美也子さんには、台湾で八田與一の偉業がどのようにして伝えられていったか
などをエッセイ風に書いていただいています。
                               (編集部)


◇ご購読ありがとうございます。お知り合いの方にもご購読をお勧め下さい。
●お申し込み・バックナンバーはこちらから↓
 http://www.melma.com/mag/57/m00100557/
●ご意見・ご感想はこちらにお寄せ下さい。↓
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
●配信ご不要の方はこちらまで↓
 http://www.melma.com/taikai/
 マガジンID:m00100557 by melma!

◇日本李登輝友の会の会員を募集中!!
■日本に在住あるいは勤務する方で、日台共栄を目的とする本会の趣旨に賛同さ
 れる方であれば、どなたでも入会できます。
■学生会員を除く、普通会員、正会員、賛助会員(個人・法人)には、李登輝前
 総統の論考やオリジナル日台情報満載の機関誌『日台共栄』を進呈します。
■台湾など海外在住の方も、賛助会員として入会できます。
■詳しい入会案内はホームページに掲載、入会申込書もダウンロードできます。
 http://www.ritouki.jp/


マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
発 行 日:毎週配信
発   行:日本李登輝友の会・メールマガジン「日台共栄」編集部
      http://www.ritouki.jp/



タグ: , , , , , , , , ,