李登輝前総統の靖国神社参拝について曾野綾子さんが「新潮45」に執筆

李登輝前総統の靖国神社参拝について曾野綾子さんが「新潮45」に執筆
同行は「お供をしたい」との曾野さんからの申し入れで実現

 来日中の李登輝前総統が曾文恵夫人や孫娘の李坤儀さん、黄昭堂・台湾独立建国聯盟
主席らを伴って靖国神社に参拝されたのは6月7日だった。その折、おしどり作家として
知られる三浦朱門氏と曾野綾子さんが同行した。

 この同行の詳細について、曾野綾子さんが「夜明けの新聞の匂い」を長期連載してい
る月刊誌「新潮45」8月号(7月18日発売)に「李登輝氏の靖国参拝」と題して執筆して
いる。

 同行参拝は、曾野さんが「もし李登輝氏が靖国に参拝されるなら、お供をしたい」と
連絡して実現したことや、李前総統の参拝の様子など、同行者でなければ書けないこと
を流麗な筆致で書いている。

 曾野さんが同行を申し入れるには、やはり理由があった。その詳細も書かれている。
また「信仰と靖国参拝とは全く矛盾しない」として、新約聖書の記述をたくさん引用し
て紹介している。李前総統を非難する中国については、「兄である人の死を悼む人の心
を踏みにじる。中国とはそういう国なのだ」と辛辣に批判もしている。

 まだ書店で取り扱っているので、ぜひご一読を。

 なお、7月10日発行の本誌第563号で、靖国神社の社報「やすくに」7月号が李登輝前総
統の参拝を報道したことをお伝えしたが、ご参考まで下記に再掲したい。  (編集部)


李登輝台湾前総統が参拝
【靖国神社社報「やすくに」7月号】

 五月三十日に来日した台湾・前総統李登輝氏が、六月七日午前十時過ぎ、同夫人や三
浦朱門・曽野綾子夫妻等と共に来社した。

 一行は靖國神社に午前十時に到着。同氏は到着殿玄関より参入し、「菊花の間」で記
帳を済ませた。次いで南部宮司と暫し歓談の後、神職の先導でまず手水をとり、北側廻
廊祓所で祓いを受けた後、本殿に進み参拝した。

 当神社には同氏の実兄が祀られており、参拝後、同氏は六十二年の歳月を経てようや
く会うことが出来たと目を潤ませていた。

 その後、一行は再び控室で懇談してから十時四十分頃に神社を後にした。

 当日、境内には早朝から報道関係者や同氏の支持者等が詰め掛け、一行が昇殿した際
には拝殿前で大きな歓声も沸き起こっていた。

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , ,