李登輝前総統が台湾独立建国聯盟の大講演会にメッセージ

李登輝前総統が台湾独立建国聯盟の大講演会にメッセージ
台湾2・28革命59周年記念大講演会「徹底討論!台湾防衛−軍事的視点から」

 昨日、東京都千代田区内のアルカディア市ヶ谷にて、台湾独立建国聯盟日
本本部(黄文雄委員長)主催による「台湾2・28革命59周年記念大講演会−徹
底討論!台湾防衛 軍事的視点から」が開催され、大雨にもかかわらず定員200
名を上回る約300名が出席、立見も出る盛況だった。司会は金美齢・国策顧問。
 台北駐日経済文化代表処の許世楷大使や本会の小田村会長も出席して来賓
挨拶し、また、台湾研究フォーラムの永山英樹会長による問題提起や、本会
若手の多田恵理事や薛格芳理事、留学生の楊梅君さんや台湾研究フォーラム
運営委員の千田昌寛氏による日本と台湾の青年たちの意見発表があり盛りだ
くさんの内容だった。
 李登輝前総統からも懇篤なメッセージをいただき、本会の柚原正敬事務局
長が代読披露した。ここにそのメッセージをご紹介したい。
 また、台湾紙「中国時報」が昨日の模様を伝えている。佐藤守(空)、川
村純彦(海)、松村劭(陸)のお三方の講演の内容は、中文ではあるが同紙
をご参照願いたい。                     (編集部)


 黄文雄委員長はじめご列席の皆様、台湾二二八革命五十九周年記念大講演
会の開催を心からお慶び申し上げます。
 本来なら私自身も出席し、長年、日本から台湾に向けて、台湾独立の理念
や思想、それを実現するための戦略や戦術の研究成果を発信され続けている
皆様に敬意を表し、直接ご挨拶申し上げたかったのですが、事情により適わ
ず、書面をもってご挨拶申し上げる次第です。

 さて、二二八事件は戦後台湾の原点であります。現在、この事件の全貌は
ほぼ明らかになりつつありますが、優れた知識人や前途有為の青年たちなど
二万人以上が無残にも殺されました。この事件により台湾人は初めて中国人
の残忍性を経験し、中国に対する幻想から目覚めました。

 この事件以外にも、戦後の台湾人はいろいろな面で中国の害毒を経験して
います。最近では二〇〇〇年の豚の口蹄疫、二〇〇三年のSARSなどです
が、「台湾は中国固有の領土である」と主張する中国は二〇〇五年三月、非
平和的手段も辞さないとする反国家分裂法を制定し、台湾侵略の意思を明確
にしました。

 しかし、台湾は中国の領土ではありません。中国の狙いは、日本の生命線
である台湾を併呑して、アジア・太平洋に覇権を確立することにあるのは明
々白々です。台湾の次は尖閣列島です。もし台日両国がこの中国の野心を阻
止することができなければ、必ずやアジアのみならず世界に災難が降りかか
ることになります。

 かかる時期に、台湾防衛をテーマに、第一線で活躍する陸・海・空出身の
軍事専門家の方々が論議されることは、正に時宜に適った企画で、日本にと
っても有益であり、台湾にとっても、国家の主権と尊厳の護持並びに国際社
会への参加実現のために有益ではないかと思います。

 その意味からも、今後とも貴会の活躍を大いに期待しております。
 
 最後になりましたが、講演会のご盛会と皆様のご健勝を心からお祈り申し
上げます。

 二〇〇六年二月二十六日
                              李 登輝


日海陸空退休將領:台灣須阻止中國動武野心
【中國時報 2006.02.26】中央社

 三位日本陸上、海上和航空自衛隊退休將領今天在東京召開的台灣二二八事
件五十九周年紀念會中,從陸海空三方面針對台灣的防衛發表演講,他們一致
認為中國尚無足夠武力犯台,但提醒台灣須更新裝備以維持制空權和制海權,以
有效阻止中國對台動武的野心。
 這項集會今晚在東京市舉行,由台灣獨立建國連盟日本本部主辦,總統府國策
顧問金美齡女士主持。應邀發表演講的是前航空自衛隊將領佐藤守、前海上自
衛隊將領川村純彥和前陸上自衛隊將領松村劭。他們依次從空海陸三方面發表防
衛台灣的看法。
 台灣駐日代表許世楷和夫人應邀以貴賓身分出席。許世楷致詞時指出,台灣
的基本價值是自由民主和人權,日美中三國之中,和台灣共享基本價值觀的國家
及對台灣構成威脅的國家一清二楚,但儘管敵我分明,台灣卻出現反日活動、
反美活動和反美日安保體制以及親中活動,可見明確認識敵我非常重要。
 大會並宣讀前總統李登輝的致詞。李登輝指出,二二八事件是戰後台灣的原
點,事件的全貌也已近乎明朗化,這個事件使得台灣人首次經驗中國人的殘忍
。他強調台灣並非中國的一部份,中國想併吞台灣,是想在亞太建立霸權,台日
必須合作共同阻止中國的野心。
 佐藤針對台海兩岸航空作戰的可能動態指出,以戰機來說,台灣的F-16和幻象
機,以及中國的蘇!)27和蘇!)30是兩岸空軍的主力,在空戰扮演重要角色,至
於日本則擁有最先進的F-15。他指出,台灣今後數年在空軍還占優勢,但必須
進行現代化,要有信心不要懼敵,同時必須加強和美日的合作。
 川村指出,中國擴充軍備的兩大戰略是針對台灣和阻止美軍援台,中國積極
!)強潛艦戰力,以搭載核武飛彈對美構成威脅,海軍艦艇會從大型運輸艦和大
型補給艦先!)加,至少是二O二O年才可望擁有航艦,中國的東海爭議主要並
非資源問題而是主權和戰略問題。他指出,美國不會坐視中國犯台,日本也不
會袖手不管,台灣目前在海軍軍力最重要的是加強反潛能力。
 松村則以中國軍隊只為黨效忠而稱之為中共軍。他指出,中國須出動四百艘
軍艦才可能以兩個師登陸台灣,且必須全面掌控制空權和制海權,中國在這方
面尚無能力。他說,民主的台灣是不可能和獨裁的中國和平統一,他並強調台灣
必須固守金門、馬祖和澎湖。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,