李登輝元総統が「馬英九は総統を即刻辞任せよ」と憤怒のメッセージを発表

李登輝元総統が「馬英九は総統を即刻辞任せよ」と憤怒のメッセージを発表
先の台湾統一地方選挙の結果を受け、12月9日午後9時過ぎ、李登輝元総統が「馬英九は総統を即
刻辞任せよ」とする憤怒のメッセージをフェイスブックで発表された。

 李元総統は選挙結果について「本当に人民の勝利だろうか。台湾の民主が本当に勝利したのだろ
うか」と問いかけ、台湾が直面している現状を指摘。そして、畳みかけるように問いかける。「台
湾の人民が勝利したというのであれば、我々は失業や低賃金にあえぐ必要はないのか……なぜこの
ような無能な総統がまだ総統の座に居座っているのか」と。

 そこで「人々よ、決めなければならない時が来たのだ」と指摘、だから「我々は無能な馬英九政
権に対して自分たちの声をあげようではないか」と訴える。

 ゾクゾクするほどの気合いが伝わってくる、烈々たる獅子吼のごときメッセージだ。李元総統は
本気だ。

 統一地方選挙の投開票が行われた11月29日で、思い出したことがある。実は、李元総統が生まれ
た新暦の1923(大正12)年1月15日は旧暦では11月29日に当たる。かつて蔡焜燦氏などが11月29日
に誕生会を開いたこともあり、李元総統にとって11月29日は特別な思いがこもる日だ。まさにこの
日に台湾の民意が明らかになったのである。

 李元総統の並々ならぬ決意がこのメッセージから伝わってくる。その全文の邦訳を下記に紹介し
たい。目を離せない状況が台湾で続く。

◆李登輝元総統facebook[2014年12月9日21:22]
 https://www.facebook.com/tenghuilee/posts/736438659743608?pnref=story

                  ◇   ◇   ◇

馬英九は総統を即刻辞任せよ
【李登輝総統プレスリリース:2014年12月9日】

 先日の地方選挙の結果、台湾の有権者は無能な馬英九政権にNoを突き付けた。これについて、台
湾人民の勝利だとか、台湾民主の勝利だという人もいる。しかし、これは本当に人民の勝利だろう
か。台湾の民主が本当に勝利したのだろうか。

 目下、世界の情勢は急速に変化しており、台湾もまた時々刻々変わり続ける時代に突入した。経
済成長が停滞するだけでなく、民主政治もまた厳しい局面に置かれている。加えて、中国の存在
が、台湾を史上空前の危機に直面させる要因となっている。

 台湾はかつて奇跡ともいわれる経済発展を成し遂げた。しかし、もはや奇跡は望むべくもない。
この十数年、台湾と中国の経済交流によって台湾の技術、資産、資源は中国に続々と流出し、台湾
に残されたのは一部の不良企業が残していった債務のみという始末だ。

 あまつさえ、中国に媚び入り、台湾人を締め上げることも厭わず、大胆にも馬政府の対中政策を
主導して台湾の人々の利益を売り渡そうという企業さえ存在する。

 さらに憎悪すべきは、政商の立場を利用して土地を転がし、偽装食品を販売することで台湾の
人々の食住の安全を奪った財閥の存在だ。

 彼らは人々の死活問題などまったく意に介さないばかりか、さらにはメディアまで手中に収め、
台湾の人々を洗脳し、心を弄ぶことで中国に貢いでいる。

 こうした彼らの行為によって台湾の失業率は高止まりして下降せず、給与水準は低下し、生活が
苦しくなる原因となっている。それによって台湾社会の貧富の格差も拡がりつつあり、もはや社会
の平等という正義は存在しない。若者はより弱者となり、夢も希望も失ってしまっている。

 かつて台湾は民主化第三の波のなかで、静かなる革命を打ち立てて東洋の奇跡を起こしたにもか
かわらず、現在では民主主義が後退する危機を迎えている。

 すでに民主制度が長年にわたって定着してきたとはいえ、近年、政権を掌握した者たちは人民の
声に全く耳を傾けようとはしない。そして、形ばかりは民主主義の、実際には独断専行の独裁的な
やり方を推し進めているのだ。

 先日、与党が党内で決定した規約を用いて国会議員の去就を操作しているのを目にしたが、こう
したやり方は人民の利益に真っ向から反するものであり、主権在民の意義を完全に失わせるもの
だ。

 人民が密室協議によって決められた政策に疑義を提出した際も、政党間の対立問題にすり替えら
れてしまった。また、与党が司法を用いて相手を攻撃したり、警察力によって改革を求める学生を
殴打し流血させるようなやり方もまた目の当たりにした。

 本来であれば民主主義の基盤となるべき公正な司法が政権の獲得や維持の道具と成り果て、民主
主義を蝕む道具となっている。

 こうしたことから、私は問いたい。台湾の人民が勝利したというのであれば、我々は失業や低賃
金にあえぐ必要はないのか、安心できる食品を口にできない食品危機を心配することはないのか、
一般の庶民には手の届くことのない不動産価格を嘆くことはないのか。

 台湾の人民が勝利したというのであれば、政商とも言うべき企業集団が中国で引き続き暴利を貪
ることはないのか、無能な政党が不当に搾取した党財産を利用し、司法を操作して政権を維持する
ことはないのか、人々を苦しめる総統が今後も政権を掌握するのか、なぜこのような無能な総統が
まだ総統の座に居座っているのか。

 有権者は投票によって馬英九政権に対し、無能という批判を突き付けた。馬英九をはじめとする
グループは、職位にしがみついて権力を保持し続けたいがためだけに党の改革を表明しているが、
古い酒を古い革袋に入れるだけで、そもそも改革の意思すらないのだ。

 台湾の人民よ、台湾はもはや変わらなければならない時を迎えた。台湾の運命を握っているのは
我々だ。我々は前へ進みたいのか、それとも後退して谷底へ落ちたいのか。

 人々よ、決めなければならない時が来たのだ。変わらなければならない時はとっくに過ぎてい
る。我々は無能な馬英九政権に対して自分たちの声をあげようではないか。

 馬英九は即刻、総統を辞任せよ。台湾がこれからも前進するために、馬英九は今すぐ総統を辞任
せよ。

                          【翻訳:日本李登輝友の会台北事務所】

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

● 李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , ,