李登輝元総統「指導者は孤独だ」 観音山山頂にて  早川 友久(台北事務所長)

李登輝元総統「指導者は孤独だ」 観音山山頂にて  早川 友久(台北事務所長)
【日本李登輝友の会 台北事務所ブログ:2014年4月25日】

 李登輝総統が初めて最高指導者たる台湾総統の座に正式に就いたのは1990年5月のことでした。
この年の3月21日、「野百合学生運動」の混乱のなか、国民代表大会で投票が行われ、李登輝総統
候補と李元簇副総統候補のコンビが正副総統として選ばれ、5月に就任式が行われたのです。

 それまで蒋経国総統の急逝によって副総統から総統へと昇格したものの、「代理総統」の感は否
めず、これによって名実ともに総統の地位を手に入れたわけです。

 とはいえ、蒋介石・蒋経国親子による統治が長らく続いた台湾においては、初めての台湾人総統
の誕生です。もともと学者出身で、蒋経国総統の抜擢によって政界に入った経緯もあり、国民党内
に派閥もなければ後ろ盾となる元老の存在もありません。情報機関も軍も掌握しておらず、まさに
孤独な船出となったのでした。

 そうした不安に苛まされていた頃、李登輝総統は家族で台北近郊の観音山へと登山に出掛けます。

 李登輝総統と曽文恵夫人、亡き長男の嫁の張月雲さん、そしてまだ幼かった孫娘の坤儀さんの4
人は、1キロあまりの山道を歩き、やっとの思いで山頂に到達します。しかし、山頂に立った李総
統が感じたのは「頂上は思ってもいなかったほど狭い。四方には険しい崖が迫り、自分はいま非常
に危険な場所に立っている」という恐怖でした。

 そして、「こうした場所では誰一人助けてくれる者はいない、自分以外に頼れるものはない。こ
れは私が総統として、最終的な決断をするときの感覚と同じだ」と感じたといいます。そして「総
統の決断というものは、実際にそれほどの恐怖を伴うものなのだ」と述べています。

 こうした指導者としての「孤独」と「恐怖」を克服するためにはどうすればいいのか。李総統
は、次のように語っています。

「これまで私は事あるごとに、指導者は信仰を持つべきだと主張してきた。それは、人間は信仰を
持つことによってはじめて『心の弱さ』というものを理解するからだ。

 中国の歴史上、最高権力を手にした皇帝はみな自分を『寡人』、つまり孤独だと称した。総統も
また権力の頂点であり、頼れるものは自分以外にはない。すべての人が私の出す答えを待っている
からだ。

 指導者たるもの常に孤独と向き合わなければならない。特に大きな責任を負う決断をしなければ
ならない場合、戦慄するほどの恐怖に襲われることさえある。

 そのためには心の拠りどころとなる信仰が必要だ。私はクリスチャンであるからキリスト教を信
じるが、信仰の対象は宗教に限らない。自分より大きな存在に縋ることが心の安寧をもたらすのだ」

 この日、観音山の山頂で撮った家族写真が残されています。上坂冬子さんの『虎口の総統李登輝
とその妻』には李総統が孫娘に向かって「おじいちゃんは長い長い道のりを一歩ずつ踏み固めて、
いま山頂に上り詰めたんだよ。おじいちゃんの周囲には寄りかかれるものが何一つない。いつかま
た、一歩ずつ踏み固めてここから下りていかなければならないと思っている」と語りかけたと綴ら
れています。

 そしてこの写真を元にして画家の呉炫三氏が描いたのが下の油絵です。曽文恵夫人は「写真には
私も嫁も写っていたのだけど、構図として邪魔だから削られた」と苦笑しながら語っています。

 「四囲不依靠(周囲には寄りかかれるものが何もない)」という孤独な総統の座にありながら、
信仰を心の依りどころとして台湾の民主化を進めた李登輝総統は、2000年、「台湾の民主化をア
ピールするためにも、自分は総統選挙に出馬せず、他の人に任せたい」と権力を自ら手放しました。

 結果、民進党の陳水扁候補が総統選挙に勝利したことで平和的な政権交代が実現し、台湾の民主
化は世界にアピールされることとなったのは皆さんご承知のとおりです。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。ただし、台湾産食品は5月から消費税対応価格となります。

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』 *new
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 *new
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産うなぎセット 5,250円(税・送料込)
・台湾飲茶6袋セット 4,200円(税・送料込)
・台湾産天然カラスミセット 4,200円+送料600円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10枚まで600円
・パイナップルケーキ 2,300円+送料500円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10箱まで500円

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , ,