本日、李登輝元総統の新著『李登輝より日本へ 贈る言葉』が発売!

本日、李登輝元総統の新著『李登輝より日本へ 贈る言葉』が発売!
李登輝元総統が新著『李登輝より日本へ 贈る言葉』を上梓され、本日、全国の書店で発売とな
る。版元は月刊「WEDGH」を発行するウェッジ。A5判という通常より大きいサイズ(月刊
「文藝春秋」などと同じ大きさ)で、ハードカバー。本文272ページ。

 まずカバー表紙に目を魅かれる。表紙のタイトル文字はいまどき珍しい金箔押し。この金箔押し
の文字と帯の色、表紙の色がマッチして深みを出し、品格を感じさせる。本文の組み方も、通常よ
りゆったり組んでいるので読みやすい。本文紙の手触りもふんわりとして上品だ。

 ほぼこれだけで、本のクオリティが分かる。ウェッジ編集部の意気込みと気配りが隅々まで届い
ていることが一目瞭然で、心地よい緊張感がみなぎっている。

 本書の内容は、これまでのいわゆる李登輝本の集大成と言ってよい。15年前の6月に出版された
『台湾の主張』(PHP研究所、1999年)に匹敵するインパクトがある。『台湾の主張』を出発点
とするなら、本書は帰結点を為すのではないだろうか。

 ただし、李登輝元総統は昨年から、台湾の民主主義をさらに深化させるため、地方自治の健全化
を実現しようと「台湾第二の民主化」を全身全霊で進められている。現在はその途次にある。

 その点で、残りの人生を捧げると宣言されたこの「第二の民主化」が達成されたときが終結点と
も言え、本書はこれまでの総括という意義を有している。

 下記に、本書の目次とともに、いささか長い「はじめに」の全文をご紹介するが、本書の内容が
この一文に凝縮されている感がある。まさに字義どおり「日本人必見」の本だ。

*本書は本会でも取扱う予定で、近々ご案内します。

・著 者 李登輝
・書 名 『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・体 裁 A5判、上製、272ページ
・定 価 本体2,400円+税
・版 元 (株)ウェッジ
・発 売 平成26(2014)年6月11日

◆『李登輝より日本へ 贈る言葉』
  http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3591


はじめに

第1章 再生する日本
  日本が明るくなった
  安倍総理によって攻勢に転じた日本外交
  アベノミクスと「失われた二十年」
  日銀改革に期待
  「原発ゼロ」の非現実性
  夢の「核融合」発電
  トリウム小型原発の可能性
  安倍新政権の使命の重大さ
  安倍総理へのエール

第2章 李登輝の台湾革命
  自我に苦しんだ少年時代
  小我をなくして大我につく
  マルクス主義への傾倒
  二・二八事件「犬が去って、豚が来た」
  台湾の歴史の暗黒時代
  蒋介石による排日教育世代
  国民党に入党
  蒋経国学校
  台北市長・台湾省主席をへて副総統に
  「私ではない私」
  軍を掌握する
  国民党との闘い
  司馬遼太郎と私
  台湾人のアイデンティティ
  「歓喜の合唱」
  台湾の改革、いまだ終わらず
  台湾における「中華思想」の復活

第3章 中国の歴史と「二つの中国」
  「中国五千年」
  新儒教主義
  なぜ「支那」がいけないのか
  中国人には「現世」と「私」しかない
  「天下は公のために」
  台湾モデル
  「一国二制度」はあり得ない
  台湾は「生まれ変わった」
  特殊な国と国との関係
  「台湾中華民国」

第4章 尖閣と日台中
  台湾にとっての「尖閣」
  中国が狙う両岸の「共同反日」
  「千島湖事件」と「台湾海峡ミサイル危機」
  安倍総理の断固とした態度
  中国の独善的な論法
  韓国人と台湾人
  「日本精神(リップンチェンシン)」と「謝謝台湾」

第5章 指導者の条件
  人命より体裁を優先した民主党政府
  緊急時の軍隊の役割
  リーダーは現場を見よ
  指導者は「知らない」と言ってはならない
  「生きるために」――日本の大学生からの手紙
  孤独を支える信仰
  「公義」に殉ずる
  「公」と「私」を明確に区別する
  カリスマの危うさ
  劉銘伝と後藤新平
  台湾で最も愛された日本人
  権力にとらわれないリーダーシップ
  福澤諭吉の問題提起
  「伝統」と「文化」の重み
  エリート教育の必要性
  「知識」と「能力」を超えるもの

第6章 「武士道」と「奥の細道」
  オバマ大統領の最敬礼
  『学問のすゝめ』
  儒学の思弁より実証的学問
  東西文明の融合
  「武士道」の高い精神性
  日本文化の情緒と形
  「奥の細道」をたどる
  靖國神社参拝批判は筋違い
  変わらぬ日本人の美学
  一青年からの手紙にみた日本人の精神文化

第7章 これからの世界と日本
  「Gゼロの世界」
  平成維新のための「船中八策」
  若者に自信と誇りを

おわりに

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 2014年・黒葉ライチお申し込み 【締切:6月16日】
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2014年・台湾アップルマンゴーお申し込み 【締切:7月22日】
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

※現在、パイナップルケーキは在庫切れで、6月下旬に入荷予定です。

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
*同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
*同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー』 *new
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック *new
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,