本会の第4回総会、盛会裡に終了

本会の第4回総会、盛会裡に終了
会費値上げ、理事の特別会費、李登輝先生来日記念「日台交流基金」などが決定

 桜も5部咲きになった3月26日に東京・千代田区内のホテルで開かれた本会の第4回総会
には、小田村四郎会長はじめ理事40名、正会員約140名が参加し、会則改正や事業計画案な
ど4つの議案が審議・承認され、盛会裡に終了いたしました。
 総会に先立って開かれた理事会では、新理事(6名)の選任、会費の値上げや理事の特別
会費徴収に伴う会則改正、新規事業として李登輝先生来日記念「日台交流基金」を創設す
る件などが提案され、それぞれ慎重な審議を経て、総会でも承認されるに至りました。総
会の詳細につきましては、機関誌『日台共栄』4月号(第12号)にてご報告いたします。
 遠く青森や新潟、関西からも駆けつけていただき、また混乱もなく盛会裡に終えること
ができました。この場を借りて改めて深謝申し上げます。

 総会後には、阿川弘之名誉会長が「台湾の思ひ出」と題して講演、また、台湾の姚嘉文
・考試院長が「台湾の現状と今後の展望」と題してゲスト・スピーチされました。
 昨日の「台湾の声」で記念講演や懇親会の模様が紹介されましたので、ここに転載して
ご紹介します。
 また、本会理事で日本李登輝友の会神奈川県支部の石川公弘支部長(石川台湾問題研究
所代表)がブログ「台湾春秋」で、阿川弘之名誉会長の講演を紹介していますので、併せ
てご紹介します。                           (編集部)

メルマガ台湾の声  http://www.emaga.com/info/3407.html
ブログ「台湾春秋」 http://blogs.yahoo.co.jp/kim123hiro


【レポート】日本李登輝友の会総会記念講演と懇親会
【3月27日 メルマガ「台湾の声」】

 26日、桜咲く市ヶ谷の私学会館で日本李登輝友の会が行われ、記念講演では阿川弘之
名誉会長が「台湾の思ひ出」という題で、海軍時代に経験した台湾を戦後訪れ、「中華民
国」体制下にあっても日本人だと断言した台湾の友人の話や、戦後、近所に住んでいた青
年夫婦が台湾の民主化運動、独立運動に情熱を傾けていた話、李登輝前総統と会って、政
治家というよりアジアで最高の教養人であったという印象を紹介した。

 また、5月の李登輝前総統来日について、盛大に歓迎し、李登輝さんには奥の細道で静
養していただきたいと、李登輝前総統の体を気遣った。

 ゲストスピーチに立った、姚嘉文(よう・かぶん)考試院院長は、日本人が台湾で生ま
れると、出生地が中国とされているという問題を紹介しつつ、これまで国民党が誤解を与
えてきた台湾の憲法なども改める必要があると語った。日本は1964年2月の予算委員
会で、池田大臣が「台湾は中国ではない」と答えている。国民党政権下においては「台湾
は中国ではない」という事実を言っただけで、軍事裁判で12年の刑を宣告された。民進
党政権では政治犯は一人もいない。台湾が混乱しているように見えるのは国会の中だけで
あり、台湾の国民は、問題を選挙で解決できることに満足していると語った。

 李登輝前総統が「内戦」状態を終結させ、北京政権の合法性を認めたのに、今の国民党
は、「一つの中国を中華民国が代表している」という蒋介石時代に逆戻りしている。馬英
九の発言は、国民党の過去、連戦主席時代の逆コース路線に縛られたもの。2008年の
選挙に候補者を出すならば、北京政府を認めながら「一つの中国を中華民国が代表してい
る」という国民党の見解の矛盾を解決しなければならない。「一つの中国」は国民党の見
解に過ぎず、民進党の候補者は誰であれ、民進党の過去の決議で「台湾と中国は別の国」
としていることを尊重しなければならないと語った。「日本の皆様に、台湾の正名運動を
引き続き支持して欲しい」と訴えた。

 懇親会では、許世楷大使の弟でもあり台湾独立建国連盟が米国で発行している『公論報』
発行人である許世模氏がスピーチし、台湾語で普段話しをしている子供たちに内緒の話を
夫婦でする時には、中国人化教育で習った中国語を使うというエピソードを紹介した。
 また、9月に正名運動のデモを行うので日本でも支持して欲しいと要請した。

 地方議員も複数スピーチし、李登輝前総統来日についての期待、台湾の帰属について中
国の一方的主張に基づく間違った教育が行われないように奮闘しているというという報告
がなされた。

 閉会の挨拶に立った副会長の岡崎久彦元大使は、中国の軍備増強が心配。たとえば尖閣
諸島は無人島なのでまわりから守るしかない。もし五分五分の実力なら守りきれるかどう
か、危ない。財務省は去年、自衛隊の艦船と船舶の予算を切っている。少なくとも東シナ
海の軍事バランスに関わる部分で防衛費を削減することには問題があると、日本の防衛予
算について危機感を表明した。

 最後に林建良常務理事は、日本李登輝友の会は単に李登輝先生のファンクラブではなく
、李登輝先生の名前を借りて日本再生をしていく会である。自分も台湾建国が人生の価値
であるとして、共に国づくりを行うことを訴えた。李登輝前総統の来日は、日本人の心に
火をつけに来るのであり、また日本という価値を世界に知らせに来るのだという見方を示
し、日台両国がそれぞれ立ち上がり、団結することを祈念して万歳三唱の音頭をとった。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,