日清食品の創業者・安藤百福 10月から百福の妻をヒロインに朝ドラ開始

日清食品の創業者・安藤百福 10月から百福の妻をヒロインに朝ドラ開始
よく知られているように、インスタントラーメンの生みの親は台湾出身の安藤百福(あんどう・ももふく)。この10月、NHKの連続テレビ小説『まんぷく』が始まり、百福の妻・仁子(まさこ)をモデルにしたヒロイン番組だという。

 本誌でも黄文雄氏による安藤百福伝をお伝えしたことがあるが、「文春オンライン」がライターの近藤正高(こんどう・まさたか)氏による「インスタントラーメン60歳! “生みの親”安藤百福、無職からの大発明」を掲載しているので下記に紹介したい。

 近藤氏があげている参考文献には、「カップヌードルの謎を追って」と題して安藤百福を取り上げた野嶋剛氏の最新著『タイワニーズ』が入っていない。野嶋氏は台湾まで出かけ、麺がほぼ乾燥状態になる油で揚げる「瞬間油熱乾燥法」の由来を探っている労作だ。併せて読まれたい。

————————————————————————————-インスタントラーメン60歳! “生みの親”安藤百福、無職からの大発明朝ドラ『まんぷく』10月スタート近藤 正高(ライター)【文春オンライン:2018年8月25日】http://bunshun.jp/articles/-/8741

 きょう8月25日は、「即席ラーメン記念日」である。これは、いまから60年前の1958(昭和33)年のこの日、日清食品(当時の社名はサンシー殖産)が即席麺「チキンラーメン」を発売したことに由来する。

◆“百福の妻”がヒロインの朝ドラ『まんぷく』

 お湯を注げば3分でできるチキンラーメンを発明したのは、日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)だ。この10月よりスタートするNHKの連続テレビ小説『まんぷく』では、百福の妻・仁子(まさこ)をモデルにしたヒロイン(演じるのは安藤サクラ)が、夫(同、長谷川博己)と失敗を繰り返しながらインスタントラーメンを生み出すまでを描くという。

 事実、安藤百福の人生も成功と失敗の繰り返しであった。1910(明治43)年、当時日本の統治下にあった台湾に生まれた百福は、幼くして両親を亡くし、呉服屋を営む祖父母に育てられた。祖父を手伝いながら商売を学んだ彼は、22歳で独立、メリヤス販売で成功を収める。やがて大阪で繊維の問屋業務を始め、事業を拡大していく。戦時中の物資統制下では繊維の仕事はやりにくくなったが、バラック住宅の製造や軍需工場の経営など、新たな事業に取り組んだ。しかし、軍需工場で資材を横流ししているとの罪を着せられ、憲兵から拷問を受けたこともある。

◆逮捕、無一文から即席麺を開発

 終戦後もさまざまな事業を興したが、脱税容疑による逮捕(すぐに釈放)、さらに理事長を務めていた信用組合が破綻し、それまで築いた財産を失う。大阪府池田市の自宅にこもった百福が、再起を期して着手したのが即席麺の開発だった。戦後の食糧難のなか、食の大切さに気づいた彼は、かねてより食に関する仕事への転身を考えていたという。麺づくりを選んだのは、闇市に出かけた折、飢えた人々が屋台のラーメン屋に並ぶ光景が強く記憶に残ったからだ。

 自宅の庭に建てた10平方メートルほどの小屋を研究所にして、丸1年、休みなしで開発に没頭する。開発にあたり課題となったのは保存性と簡便性の両立。これを実現するのに、ヒントとなったのが、台所で妻のつくる天ぷらだった。

 天ぷらのように高温の油で揚げた麺は、水分が抜けて無数の穴が開く。熱湯を注ぐと、その穴からお湯が吸収されて、麺がすぐに柔らかさを取り戻し、手軽に食べられるというわけだ。

 油で揚げることによって、麺はほぼ乾燥状態になり、長期保存も可能となる。「瞬間油熱乾燥法」と名づけられたこのつくり方は、即席麺の基本的な製法特許となった。

◆国内販売よりもアメリカからの注文が早かった

 即席麺は1958年の春ごろにはほぼ完成する。試作品は、家族総出で梱包し、あちこちの知人に配ると好評を得た。貿易会社の知人に頼んでサンプルをアメリカに送ると、さっそく注文があった。チキンラーメンはじつは国内販売のめどが立つ前に、輸出されていたのである。

 この年8月25日に発売するにあたっては、大阪市内の古い倉庫を工場に改装し、量産された商品が売れるかどうかを実験するテストプラントとした。ある日、工場を手伝っていた妻の仁子が家に帰る途中、会った友人から「いまご主人は何をされてますか」と訊かれたので、「ラーメン屋さんです」と答えた。これに相手が驚いた様子を見せたので、仁子は少しムッとしながら「主人は将来必ずビール会社のように大きくなると言っています」と説明したが、結局、理解してもらえなかったという。

 百福が問屋に持ち込んだときも、「いままでの乾麺とどう違うのか」と反応は芳しくなかった。だが、いざ店頭に並ぶと、消費者からの評判は上々で、たちまち問屋から注文が殺到する。やがて総合商社も販売に名乗りを上げた。

◆「ダイエー」とCMで全国に広まっていく

 こうなると小さな工場では需要に応じきれない。百福はすでに本格工場のための敷地を大阪府高槻市に入手し、建設に着手していた。翌59年に完成した工場には連日、商品を待つ問屋のトラックの列が取り巻くようになる。問屋には発売当初より現金決済を徹底したため、工場用地の購入代金は、わずか1ヵ月の売り上げでまかなえたとか。

 折しも高度成長期に入ろうとしていた時期だ。ちょうどチキンラーメン発売と同じ1958年には、スーパーマーケット「主婦の店ダイエー」のチェーン1号店が神戸に開店し、大量販売のルートが開かれた。また、開局まもない民放テレビでCMを盛んに流し、チキンラーメンの名は全国に広まっていく。これらを追い風に、チキンラーメンは大ヒット商品となったのである。

◆長寿の秘訣は週2回のゴルフ&1日1度のインスタントラーメン

 安藤百福はその後、1971年に発売したカップヌードルにより、さらなる市場を開拓する。「創業者に定年はない」がモットーだった百福は、95歳で取締役を退任し「創業者会長」という名誉職となってからも毎朝会社に出勤した。長寿の秘訣として彼があげたのは、週2回のゴルフと1日1度のインスタントラーメンの食事。毎日昼食時にはチキンラーメンを吸い物代わりにしたり、中にご飯を混ぜ「チキンリゾット」と称して食べた。また、いったんゴルフの約束をしたら、たとえ土砂降りの大雨でも必ずゴルフ場に足を運んだという。2007(平成19)年正月にも会社のゴルフ大会で元気な姿を見せたが、数日後に急逝。96歳の大往生だった。

◆安藤サクラは92歳まで生きた仁子をいかに演じるか

 百福の妻・仁子も2010年、92歳で亡くなっている。仁子はもっぱら家庭にあって夫を支える立場にあり、百福に関する本のなかでも触れられることは少なかった。それが前出のドラマ『まんぷく』では主人公・今井福子のモデルに選ばれたわけだが、NHKのサイトによれば「初めは耐えるだけの福子だったが、やがて夫を支え、背中を押し、引っ張っていく強い女に成長していく」というふうに描かれるらしい。

 思えば、演じる安藤サクラは、ドラマ『ゆとりですがなにか』で演じた、結婚後も夫の実家の造り酒屋を切り盛りする元キャリアウーマンなど、バイタリティあふれる女性がハマり役だ。今回の朝ドラも、出産して仕事はもうほとんどしないつもりでいたところへ依頼があり、悩んだ末に、覚悟を決めて出演に承諾したという(『日刊スポーツ』2018年1月31日)。そんな安藤だからこそ、実話とはまた違った女性の生き方を見せてくれるに違いない。いまから放送が楽しみだ。

参考文献:安藤百福『魔法のラーメン発明物語 私の履歴書』(日経ビジネス人文庫)奥村彪生『麺の歴史 ラーメンはどこから来たか』(安藤百福監修、角川ソフィア文庫)青山誠『安藤百福とその妻仁子 インスタントラーメンを生んだ夫妻の物語』(中経の文庫)

(近藤 正高)


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 金子展也著『台湾に渡った日本の神々』お申し込み【2018年5月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180514/

● 渡辺利夫著『決定版・脱亜論』お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222/

● 映画『台湾萬歳』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-01/

● 映画『海の彼方』DVD お申し込み【2018年2月】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20180222-02/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・金子展也著『台湾に渡った日本の神々』*new
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』*new
・『台湾萬歳』*new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』*現在「在庫切れ」(2018年3月20日)

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,