日本の教育「私の財産」 統治下に学んだ台湾人エリート

日本の教育「私の財産」 統治下に学んだ台湾人エリート
【8月15日 産経新聞】
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090814/edc0908142209007-n1.htm

 日本統治時代の「負」の部分をことさらに強調して取り上げたNHKスペシャル「JA
PANデビュー アジアの“一等国”」(4月5日放送)に台湾からも批判が出る中、戦時
中に台中師範学校で学んだ台湾人から、日本に感謝する声が上がっている。「日本人」と
して入学し、終戦直後に卒業を迎えるなど、時代に翻弄(ほんろう)された世代だが、
「日本の教育があったから今の私がいる」と感謝の念を送っている。      (森浩)

 「あの時代の日本人による教育は、人としての品格を向上させたと思う。私の財産とい
えます」

 流暢(りゅうちょう)な日本語で語るのは、台湾総督府立台中師範学校第三期入学生の
林永隆(りん・えいりゅう)さん(84)だ。「日本でも台湾でも、若い世代があんな教育
を受ける機会はもうないだろう」と振り返る。

 昭和14年に入学した林さんの同窓生は40人。日本人26人、台湾人14人だったという。20
00人の受験生から選抜された“若きエリート”だった。

 午前6時の起床ラッパから始まり国語、漢文、英語とみっちり仕込まれた。「『平家物
語』を暗記するなどして、日本のことや日本語をたたき込まれた。日本文学には今の日本
のみなさんより精通しているかもしれませんよ」と林さんは笑う。

 もちろん苦しいときもあった。何十メートルも先を歩いている先輩を素早く見つけて、
直立で礼をしなければならない。忘れると鉄拳が飛ぶこともあった。上下関係は特に厳し
かった。「でもそうした経験も、今では良かったと思う」(林さん)。

 林さんらは「伊吹会」という同窓会を作り、筆の取れるうちにと、数年前に師範学校で
の生活などを日本語で小冊子にまとめた。

 《学寮でははしの上げ下ろしから歩き方、口の開き方まで事細かくしつけられた》《戦
局は緊急を告げていたが、楽しい青春時代だった》…。授業の様子や思い出がつづられて
いる。《当時、英語は100点満点の2点。戦争がエスカレートして敵性語の英語が廃止され、
落第が免れホッとした》という“率直な”記述もある。

 日本の台湾統治時代をめぐって、NHKは番組で、日台間の格差と同化という矛盾を抱
え、やがて皇民化運動で日本文化を強制したと放送。視聴者約1万人が損害賠償を求める
訴えを起こしている。

 そうした「強制」を受けたという気持ちは林さんにはない。「今も思いだす歌は『荒城
の月』や『はとぽっぽ』ですが、嫌だったという思い出はありません。同級生とも仲が良
かった。日本人の先生は人格者が多かった」と振り返る。

 林さんは、司馬遼太郎の『街道をゆく』を日本語で全巻読破。今でも日本に親しみを感
じている。「日本の教育を受けたことは誇り。死ぬまで日本を忘れることはないでしょう」
と話している。


■ NHK「JAPANデビュー」問題:抗議先

・NHK「ジャパン・プロジェクト」の濱崎憲一ディレクター
 TEL:03-3465-1111
・NHK視聴者コールセンター
 TEL:0570-066066 FAX:03-5453-4000
 メール:http://www.nhk.or.jp/special/
・NHKスペシャル「感想・問い合わせ」
 https://www.nhk.or.jp/special/contact/index.html
・放送倫理・番組向上機構(BPO)
 TEL:03-5212−7333 FAX:03−5212−7330
 https://www.bpo.gr.jp/audience/send/form.html(ご意見送信フォーム)
・総務省(放送政策課直通)
 TEL:03-5253-5776 FAX:03-5253-5779
 メール:https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html


●日本李登輝友の会にご入会を!─NHK問題を解決するためにも

 NHK「JAPANデビュー」問題が起こってから、日本李登輝友の会に入会される方
 が増えています。この問題の解決のために本会をご支援いただける方は、ぜひご入会を
 お願いします。下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、手軽にお申し込みでき
 ます。「入会案内」はホームページをご覧ください。   (日本李登輝友の会事務局)

■入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

■入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。日本李登輝友の会の公式メルマガです。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , ,