日台の絆と正義と勇気の人を描く『汝、ふたつの故国に殉ず』  喜多 由浩(産経新聞記者)

日台の絆と正義と勇気の人を描く『汝、ふたつの故国に殉ず』  喜多 由浩(産経新聞記者)
門田隆将(かどた・りゅうしょう)氏が昨年12月に上梓した『汝、ふたつの故国に殉ず』が好評
だ。本誌でも西日本新聞が門田氏の『汝、ふたつの故国に殉ず』を基に、湯徳章についてかなり詳
しく報じていることを紹介した。

 産経新聞も、喜多由浩記者(文化部編集委員)が1月9日の文化面で紙面の4分の1を割き、門田氏
の熱いメッセージとともに詳しく伝えている。下記に紹介したい。

 ちなみに、喜多記者は拉致問題をテーマに産経新聞に連載した小説『アキとカズ 遙かなる祖
国』や『イムジン河』物語など朝鮮半島を舞台にした著書でも知られるが、2011年、台湾や朝鮮に
もあった幻の唱歌をテーマに「歴史に消えた唱歌」を14回にわたって産経新聞に連載し、台湾関係
者にも知られている。

              ◇    ◇    ◇

喜多 由浩(きた・よしひろ)
1960年、大阪府出身。立命館大学卒。84年産経新聞社入社。韓国・延世大学留学、社会部デスク、
月刊「正論」編集部デスクなどを経て現在・文化部編集委員。主な著書に『北朝鮮に消えた歌声
永田絃次郎の生涯』(新潮社)、産経新聞連載小説『アキとカズ 遙かなる祖国』(集広舎)など。


門田隆将さん「汝、ふたつの故国に殉ず」 日台の絆 正義と勇気の人  喜多 由浩
【産経新聞:2016年1月9日】

 日本と台湾はなぜ強い絆(きずな)で結ばれているのか…。

 ノンフィクション作家の門田隆将さん(58)が双方にルーツを持つ男の生涯を追いながら、この
テーマに斬り込んだ。日台で出版された『汝(なんじ)、ふたつの故国に殉(じゅん)ず』(KA
DOKAWA)。日本統治時代、国民党政権下で起きた二・二八事件、苦難の時代と正面から闘っ
た「正義と勇気の人」。不屈の精神と祖国への真摯(しんし)な愛に心を揺さぶられる。

 湯徳章(とう・とくしょう)(日本名・坂井徳章)は、日本統治時代の明治40(1907)年、日本
人の父と台湾人の母との間に台湾南部の台南で生まれた。熊本出身の父・坂井徳蔵は新天地を求め
て台湾へ渡り、警察官になる。

 だが、徳章が8歳のとき、徳蔵は地元の暴徒が警察を襲撃した西来庵(せいらいあん)事件に
よって命を落としてしまう。このとき徳蔵は死を覚悟して暴徒と対峙(たいじ)し、徳章ら家族だ
けを逃した。

 日本統治時代の初期のころ、反発する台湾人に襲われ、日本人が殺される事件も少なくなかっ
た。本書で触れられている「芝山巌(しざんがん)事件」は明治29年正月、台湾に近代教育を根付
かせるために日本から渡ってきた6人の教師らが暴徒によって惨殺された事件だ。教育に使命感を
持ち、毅然(きぜん)とした態度で逃げることもなく、抵抗することもなく死んでいった教師らの
姿は台湾人に衝撃を与える。

 「(台湾人の日本人観の)原点になった事件でしょう。なぜ今も『好きな国』で日本が断トツな
のか。確かに日本統治は厳しかったが、毅然とし、勤勉で不正をしない…その姿が心に残っている
からです。日本の若い人たちにもそのことを知ってほしい」

 幼い徳章の胸にも、従容として死んでいった父親の姿が刻み込まれた。成人した徳章は警察官を
経て、中央大学の聴講生となり、超難関の高等文官試験(行政・司法)に合格。台湾人の人権を守
るため、弁護士として故郷の台南へ戻る。だが終戦後、台湾に乗り込んできた国民党側による白色
テロの標的とされてしまう。徳章のように無実の罪をかぶせられ犠牲になったのは数万人に上ると
される。

 銃殺にされるとき、徳章は台湾語と日本語で2つのルーツへ向けた言葉を叫ぶ。「“日本人”と
して私がすべての罪をかぶって死んでゆく。そして、台湾人には『決して負けてはいけない』と。
まさに正義と勇気の人でした。それから約50年後、真の台湾人政権が誕生した。徳章の思いは現在
とつながったのです」(喜多由浩)

                   ◇
【プロフィル】門田隆将
かどた・りゅうしょう 昭和33年、高知県出身。中央大法卒。主な著書に『この命、義に捧ぐ 台
湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』など。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

 *ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず』 *new
・北國新聞出版局編『回想の八田與一』 *new
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,