日台が特許の審査期間短縮の「特許審査ハイウェイ覚書」に調印

日台が特許の審査期間短縮の「特許審査ハイウェイ覚書」に調印
日本と台湾は昨年9月22日、台北市内のホテルで、交流協会会長の大橋光夫氏は亜東関係
協会会長の彭栄次氏と「日台投資協定」(亜東関係協会と財団法人交流協会の投資の自由
化と促進、保護に関する取り決め)に調印し、即日発行した。

 これは「1972年の日台断交以来、最も画期的な出来事」と伝えられ、また「台湾側から
は将来的な自由貿易協定(FTA)、経済連携協定(EPA)の締結にも道を開くとの期
待感も出ている」とも伝えられた。

 その後、11月には航空自由化(オープンスカイ)協定にも合意し、自由貿易協定や経済
連携協定の締結にさらに近づいた感があった。

 そのような中の4月11日、交流協会会長の大橋光夫氏と亜東関係協会会長の廖了以氏は特
許の審査期間を短縮する「特許審査ハイウェイ覚書」に調印した。中央通訊社の記事を下
記にご紹介したい。


台日、特許審査ハイウェイ覚書に調印
【中央通訊社:2012年4月11日】
http://japan.cna.com.tw/Detail.aspx?Type=Classify&NewsID=201204110006

 (台北 11日 中央社)台湾の対日窓口機関・亜東関係協会と、日本側・交流協会は11日
午前、台北市内で「台日特許審査ハイウェイ覚書(略称)」に調印、5月1日に発効する。

 特許審査ハイウェイの締結により、自国と相手側で二重の特許審査を受ける必要がなく
なり、審査期間の短縮につながることから、双方の技術交流強化や投資拡大などが期待さ
れる。

 昨年度、日本から台湾に申請された特許件数は1万3000件以上にのぼり、海外からの申請
では2位のアメリカを大きく上回るダントツの多さ。また、台湾から日本への特許申請も毎
年3000件を超えている。

 現在台湾での特許審査には平均で41カ月かかっているが、5月以降は日本で特許を取得し
た案件については1.1カ月以内に審査を終えることが可能となり、また台日の双方に特許申
請中の場合も、相互の審査期間を半年以内程度に短縮できる。

 台湾は昨年9月にアメリカと初めて同様の覚書を交わし、日本は2番目。日本はこれまで
に21カ国・地域と特許審査ハイウェイ覚書を結んでおり、台湾は22番目となる。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg


◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , ,