換―台湾初の女性総統誕生は確実だが…  迫田 勝敏(ジャーナリスト)

換―台湾初の女性総統誕生は確実だが…  迫田 勝敏(ジャーナリスト)
総統選挙に出馬している各候補者による第1回目の政見放送が12月25日に中央選挙委員会の主催
で行われ、それぞれの対中国大陸政策や経済の振興策をアピールした。政見放送は12月30日と来年
1月8日にも行われる予定だ。

 また、政見放送翌日の12月26日には、台湾選挙史上初となる副総統候補者によるテレビ討論会が
行われた。さらに、27日には総統候補者による第1回目のテレビ討論会が行われ、最大の争点であ
る対中政策などをめぐって激論が交わされた。

 第2回目のテレビ討論会は1月2日に行われ、次回はネットを通じた市民からの質問にも答える予
定だという。

 1月16日の投開票まで残すところ20日を切って大詰めを迎え、台北在住のジャーナリストで選挙
分析では定評のある迫田勝敏(さこだ・かつとし)氏は「民進党主席の蔡英文当確。問題は民進党
が立法院の過半数の議席を得て完勝なるか、そしてさらなる問題は選挙後にある」と指摘する。

             ◇    ◇    ◇

換―台湾初の女性総統誕生は確実だが…  迫田 勝敏(ジャーナリスト)

 日本の今年を表す漢字は「安」だった。台湾でも聨合報などが今年の漢字を募集した結果「換」
となった。多くの台湾人が「換える」を望んだ。何を換えるのか。それは馬英九国民党政権だろ
う。となれば来年の総統選の結果は決まりだ。民進党主席の蔡英文当確。問題は民進党が立法院の
過半数の議席を得て完勝なるか、そしてさらなる問題は選挙後にある。

◆国民党の逆転、「奥歩」頼み?

 総統選は1月16日、投開票だ。告示されたばかりだが、すでに終盤戦の印象。その割に「盛り上
がりに欠ける」という声を聞く。総統選は毎回、投票率は高い。初めて民進党政権が誕生した2000
年は82%を超えた。蔡英文が初出馬した前回でも74%強。関係者の間では「今回は70%を割る」が
多数だ。

 なぜ、投票率は低くなるのか。「そりゃ、当然だよ。投票前から結果は分かっている」と関係
者。世論調査では蔡英文が他候補を断然、引き離して安定的に40%台を維持し、トップの座に揺る
ぎはない。国民党の朱立倫は副総統候補、王如玄の不動産投機スキャンダルもあって20%にも届か
ない。新北市長職のままの立候補でもともと「本気度」が問われていた。選挙戦での遊説でも「朱
の選挙戦に懸ける熱情が感じられない」という声は多い。

 最後の望みはお得意の「奥歩(アオポ)」と呼ぶ汚い手か。前回2012年総統選ではバイテク国策
会社の株取得を巡る蔡の「不正」を暴き立てた。無実と判明したのは選挙後。投票行動には一定の
影響を与えただろう。

 今回も「一時に11カ所の土地を買い、その後一時に売って暴利を得た」と国民党は宣伝したが、
土地は1カ所で土地番号が11に分かれていたというだけの話。国民党の卑劣な手法を暴露する結果
になった。まだまだ「奥歩」が出てくる可能性はあるが、有権者はそうは騙されない。朱の逆転は
至難の業だ。

◆第三勢力と統一会派、民進党陣営の国会過半数に

 女性総統の誕生が確実となると、焦点は同日選挙の立法院(国会)だ。ここで民進党が過半数を
取れるかどうか。前回の民進党政権は少数与党のため、重要法案が阻止されるなど苦しんだ。例え
ば米国からの武器輸入。馬英九は自分の在任中に買った武器は陳水扁時代の8年間よりも多いと金
額を挙げて誇るが、当時、米大統領のブッシュは売却方針を台湾に伝え、陳は予算を組んだが、立
法院で過半数の馬党主席率いる国民党が予算通過を阻止した。国民党が反対したから買えなかった
のだ。

 蔡英文は陳時代後半の1年3カ月、行政院副院長を務め、立法院で「なんでも反対の国民党」に手
を焼いた。それだけに今回は「国会過半」のスローガンを掲げ、過半数獲得に懸命だ。民進党内の
票読みでは現有の40議席から大幅増し「単独過半数(57)いける」が大勢。現時点ではその可能性
大だが、国民党は最終段階で資金に物言わせることが多いし、中国の圧力も懸念材料だ。

 そこで民進党は過半数を確実にするため、11の選挙区で自党候補の擁立を見送り、時代力量や緑
党社会民主党連盟など第三勢力候補を支援、立法院で統一会派「進歩大連盟」を設立する戦略を打
ち出した。11選挙区の中には国民党に近い親民党の候補もあり、当選しても統一会派に加わるのか
疑問もあるが、このうち数人が当選すれば民進党陣営の過半数は確実性が増し、立法院のねじれは
なくなり、政策実施も順調になるはずだ。

◆馬政権は「看守政府」か「困獣之闘」か

 蔡英文総統が誕生し、立法院も民進党陣営が過半数なら、台湾の主権を強調する野党勢力は万々
歳だが、実は今回の選挙の最大の問題は「選挙後」にある。立法委員の就任は2月1日なのに対し、
総統は5月20日。4カ月近いタイムラグ。これが大きな懸念なのである。

 総統は国民党で、立法院は民進党。5月には総統も民進党になる。それまで少数与党の国民党政
権は「看守政府」(暫定内閣)になるはずだが、野党側には一抹の不安。周杰倫の歌ではないが、
馬英九の「困獣之闘」だ。野獣の悪あがきのようにシンガポールの馬習会談で合意した「一つの中
国」実現のため最後に諸々の措置を強行するのでは―ということだ。

 その兆しはすでに出ているともいう。半導体大手の紫光集団が台湾の半導体2社買収を宣言、台
湾経済のけん引役であるIT業界が中国に飲み込まれようとしているが、経済部は認可の方針。交
通部は中国観光客の自由旅行1日5000人の上限を更に拡大を検討。一方の中国は台湾人にも中国で
の個人経営を認めると発表、就職難に悩む台湾の若者の吸収を目論む―経済、社会の一体化が進
む。そして仕上げは「第二次馬習会談で和平協定」との観測も。2月以降、立法院で過半数を得た
民進党が「困獣の悪あがき」を封じなければ、5月、総統に就任した蔡英文は体中を中国の縛りに
掛けられているのを知ることになる。

                    【「透視台湾」(Econo Taiwan 速報掲載)12月号】

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

* 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【2015年7月28日】

 輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷は
 未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝えしま
 す。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,