愛知李登輝友の会よりのお知らせ 第 4号 【7月7日】

愛知李登輝友の会よりのお知らせ 第 4号 【7月7日】
設立1周年記念事業−日台友好地蔵を台中宝覚寺へ贈りましょう

☆★☆★ 新しい日台交流にあなたの力を!! ☆★☆★

平素のご支援に感謝申し上げます。

 去る7月1日、日本李登輝友の会愛知県支部の設立1周年総会並びに記念講演会が名古屋
市内において開催されました。会場は県内外から約100名の参加者が詰めかけ、用意した
座席はほぼ満席となりました。

 第1部総会では、先ず重冨亮支部長が主催者を代表して挨拶に立ち、これまでの支部活
動支援に対する謝辞がありました。

 続いて、来賓として塚本三郎氏(支部最高顧問・元民社党委員長)、前田雄吉氏(支
部顧問・衆議院議員)、天野正基氏(支部相談役・愛知県議会議員)がそれぞれ祝辞。
続いて柚原正敬氏(本部事務局長)より、先月来日された李登輝氏の滞在中の様子など
が報告されました。

 最後に、唐沢康弘氏(支部事務局長)より、昨年の活動報告と新年度の活動方針につ
き発表があり、満場一致で了承されました。

 続く第2部記念講演会では、宮崎正弘氏(評論家・作家)が「覇権国家中国に如何に立
ち向かうか」と題して講演されました。

 宮崎氏の長年にわたる中国研究の幅の広さと奥の深さには、他の追随を許さないほど
ですが、語り口は軽妙で例えも分かりやすく、時折りのジョークで会場からは笑いもこ
ぼれ和やかな雰囲気となりました。

 詳細はhttp://www5c.biglobe.ne.jp/~n-aichi/gyoji/h19ritokisoukaitop.html
 このサイトは日本会議愛知のホームページを間借りしております。

〜お知らせとお願い〜

 日台友好を祈念して、「日台家族地蔵」を宝覚寺(台中市)に贈る運動にご協力く
ださい。本年、9月を目途として宝覚寺境内に安置する予定です。
 
 併せて、「日台青年交流団」を派遣し、現地での交流活動を行ないます。現在、スケ
ジュール調整中です。次号にて詳細をお知らせいたします。


愛知李登輝友の会設立1周年記念事業−日台友好地蔵を台中宝覚寺へ贈りましょう
「日台が家族のごとく 信頼と敬愛の念を持ち 未来永劫 強い絆で結ばれていくこと
を祈念する」

 愛知李登輝友の会では、岡崎市の仏師、長岡初慶氏が日台友好の願いを込めて製作さ
れたこの「台日家族地蔵」を、台湾研修ツアーでもお世話になった台中・宝覚寺へ、日
台友好の証として寄贈するべく運動を進めており、輸送費等のご寄付を現在募って下り
ます。皆様のご寄付をお願いします。

■郵便振替口座
 日本李登輝友の会愛知県支部 00870−5−186859

□■愛知李登輝友の会事務局■□
tokai-seikyo@mtc.biglobe.ne.jp

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , ,