恩讐を越え牡丹社事件の舞台となった屏東県牡丹郷で記念式典

恩讐を越え牡丹社事件の舞台となった屏東県牡丹郷で記念式典
5月30日付の東京新聞に「台湾『牡丹社事件』から135年」と題した小さな記事が掲載さ
れた。「牡丹社事件」を伝承する記念式典が事件の舞台となった屏東県牡丹郷で行われた
ことを伝えている。

 実は映画「台湾人生」に出てくる原住民・パイワン族出身のタリグ・プジャズヤンさん
は、この牡丹社事件に深く関わっている。言葉の通じない行き違いから、漂着した貢納船
に乗っていた宮古島の人々54名を殺めたのはタリグさんの5代前の頭目だった。

 しかし、1982年(昭和57年)3月20日、この54名の遺族らと地元の人々が協力して「大
日本琉球藩民五十四名墓」の改修が行われ、ようやく恩讐を乗り越えて「手打ち式」が行
われた。実に事件から111年後のことだった。

 この遺族の一人が本会会員でもある仲宗根玄吉氏で、やはり5代目となる。現在、医師
として大分県内で病院を営んでいる。

 4月下旬、第11回李登輝学校研修団で、牡丹郷統埔社区に建つ「大日本琉球藩民五十四
名墓」を参拝し、皆で頭を垂れて手を合わせた。

 日本の統治時代を負の面から描くことで「日台の絆が深まる」と言って、まるで傷に塩
をすり込むような番組を作った「NHKスペシャル シリーズ JAPANデビュー・第1
回『アジアの一等国』」と、このような恩讐を越えて交流する日台の物語と、日台の人々
がいずれを支持するかは聞くまでもないことだろう。           (編集部)


台湾『牡丹社事件』から135年 明治政府初の海外出兵
【5月30日 東京新聞】

 一八七一年、台湾最南部に漂着した宮古島の住民五十四人が先住民族に殺されたのを受
け、三年後の七四年五月に日本が台湾に出兵した「牡丹社事件」を伝承する記念式典が二
十九日、事件の舞台となった屏東県牡丹郷で行われた。

 事件勃発(ぼっぱつ)の背景には言語や風習、文化が全く異なる人たちの突然の遭遇が
あったとされる。明治政府初の出兵となり、先住民族側にも多くの死者が出た。

 今年は出兵から百三十五年に当たる。事件の調査を通して地元との交流を続ける又吉盛
清沖縄大教授はあいさつで「戦場だった場所が今は平和と愛の場になった。交流をもっと
広めましょう」と訴えた。               (屏東=台湾南部・栗田秀之)


●NHK「JAPANデビュー」問題解決のため─日本李登輝友の会にご入会を!

 NHK「JAPANデビュー」問題が起こってから、日本李登輝友の会に入会される方
 が急激に増えています。この問題の解決のために本会をご支援いただける方は、ぜひご
 入会をお願いします。下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、手軽にお申し込
 みできます。「入会案内」はホームページをご覧ください。(日本李登輝友の会事務局)

■入会お申し込みフォーム  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

■入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

●「日台交流基金」にご協力を!

 1口=2,000円(5万円以上の篤志者の方には特典があります)

☆郵便局
【加入者名】日本李登輝友の会 【口座番号】00110−4−609117

・通信欄に「基金」とお書き添えください。
・一般の方は、郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
・会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

☆郵便貯金口座
【記号−番号】10180−95214171 【口座名】日本李登輝友の会

☆銀行
【みずほ銀行】
本郷支店 普通:2750564 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【三菱東京UFJ銀行】
本郷支店 普通:0012742 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【ゆうちょ銀行】
〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座:0609117 ニホンリトウキトモノカイ

*郵便貯金口座と銀行からお振り込みのご注意
・一般の方の場合、振込人名しかわかりませんので、礼状はお出しできないことをご了承
 ください。
・会員の方は、お名前の前に必ず会員番号をご記入ください。


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。日本李登輝友の会の公式メルマガです。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,