心の祖国 [作家 阿川 弘之]

心の祖国 [作家 阿川 弘之]
心の祖国

                     作家 阿川 弘之(あがわ ひろゆき)

【『文藝春秋』平成15年8月号(第81巻 第10号)葭の髄から・76】

 ある会合で中嶋嶺雄さんの「台湾の将来と日本」と題する講演があり、興味深く聞き
終つて会場を出たら、一人の見知らぬ老紳士に呼びとめられた。

「お暇な時、眼を通してみて下さい」

 二冊の薄いパンフレットと一緒に名刺を渡され、それに「高座日台交流の会 会長 
野口毅」と印刷してあるが、拙嵯で、何のことかよく分らない。取敢へずの礼だけ述べ、
家へ帰つて来た。「是非御一読を」と添書きのついた此の種私家版刊行物、実は毎日の
やうに届く。つまらないものが殆どで、期待もしないし平素ろくろく見もしないのだが、
今回のはちがつた。ふと手に取つて、それきり読むのがやめられなくなり、さきほどの
中嶋さんの講演の主旨とも通じる佳話だなと、興奮を覚えながら頁を繰りつづけた。

 前大戦末期、相模鉄道沿線の、当時の呼称で神奈川県高座郡大和に、高座海軍工廠が
あつた。有名な厚木航空基地のすぐ北側、戦闘機「雷電」を生産する敷地30万坪の、此
の工廠構内で、年齢14、15の台湾出身少年工約8400人が働いてゐた。彼らの中には、空
襲で亡くなつて後年靖国神社に合祀される者もゐるが、大部分は戦争終結と同時に日本
国籍を失ひ、やがて台湾へ送り返される。それから60年近い歳月が過ぎた。その間、蒋
介石政権下の台湾では、日本軍に協力した話なぞ禁句だつた時期もあるけれど、口にす
るしないは別として、彼らの日本をなつかしむ気持は非常に強かつた。むろん、それは
今も変らない。

 パンフレットに書かれてゐるのは、もはや70半ばに達した元少年工たちと日本側関係
者との、心をこめた交流の物語であたけしる。名刺の野口毅(たけし)さんは、いはゆ
る学徒出身の海軍士官、九大在学中、主計科短期現役の最後のクラス(第12期補修学生)
を志願し、昭和20年4月、主計少尉任官の直前、任地を高座工廠に指定され、其処で終
戦まで少年工たちと起居を共にした。その縁で、のちに彼らとの交りが復活する。三井
系の会社の社長職を退いて、現在「交流の会」会長をつとめてゐる。

 一方、向ふでも、1987年、戒厳令の解除と言論集会の完全自由化を待つて、「台湾高
座会」が結成された。以来、双方のメンバーが度々両国間を往き来して旧交を温めてゐ
たのだが、今年10月、日本で開催予定の「少年工来日60周年記念大会」には、千名を越
す老少年工たちがやつて来るといふ。

 彼らは、軍に強制徴用されたわけではない。数学、英語、物象、製図、中等学校程度
の教育をしてもらひ、学びながら働いて、工員養成所の学習課程修了後、卒業証書と海
軍技手(ぎて)の資格を与へられるといふ条件のもと、募集に応じ試験に合格した人々
だけれど、そんな約束、敗戦の結果すべて空手形に終つてしまつた。今秋の大会でやう
やく、正式の「在職証明書」「卒業証明書」が授与される。半世紀以上おくれた授与式
のあと、みんなで「仰げば尊し」を合唱したい、それが台湾側参加予定者大多数の要望
ださうだ。

 昭和20年春の日本は、空襲につぐ空襲、彼らがどんなに旺盛な学習意欲を持つてゐた
としても、学べる時間は極めて少く、ひどい食料難でいつもひもじく、内地人工員との
間にトラブルは起るし、「苦しきことのみ多かりき」の日々だつたのではないか。それ
なのに、契約違反だ謝罪しろ、自分たちの青春を滅茶滅茶にされた、慰謝料よこせ、そ
んな声なぞちつとも聞えて来ず、ただ、工廠時代の「我が師の恩」を思うて「仰げば尊
し」が歌ひたいとは、何と謙虚な、心根やさしき人たちだらう。

「おいおい」

 二冊のパンフレット見終つた私は、台湾少年工とちやうど同年輩のうちの女房を呼ん
で、その内容の説明を始めた。

「彼らが高座工廠で教はつたものの一つに、短歌の作り方があるらしい。何十人もの人
が、当時の心境や、日本への思ひを和歌に托してるんだがね」

 と、「台北市 洪坤山」さんの詠草を例に挙げ、

「北に対き年の始めの祈りなり 心の祖国に栄えあれかし」

 読んで聞かせようとした途端、涙があふれ出し、声がつまつて、説明が説明にならな
くなつた。初め呆ツ気に取られたやうな顔してゐた女房も、わけが分つて涙ぐんだ。老
夫婦二人の愁嘆場がどうにか収つたところで、私は感想の述べ直しにかかつた。

「無謀の戦争やつて、負けて、彼らを見捨てた日本を、『心の祖国』だなんて思つてく
れてる老人の大勢ゐる国が、世界中の何処にあるか。野口さんも書いてるよ。見てごら
ん。『我が国は、こんな人たちに対し何をもつて応えることが出来るのであらうか』と
書いてる。恥知らずの、人非人みたいな奴のことを、『人間の屑』とか『人でなし』と
か言ふがね、日本が、日本の政府が、北京から苦情の出るのを怖れて、彼らに冷淡な対
応しかしないとしたら、『国家の屑』、『国でなしの国』だぜ。中南海の礼儀を弁へぬ
連中に対してこそ、もう少しひややかな態度を示しやいいんだ。それはともかく、此の
秋の大会が、日本側民間有志の手で、せめてあの人たちにとつて思ひ出深い、実りの多
い大会になるといいがな」

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , ,