増加する日台国際結婚とバイリンガル教育のこれから  近藤 弥生子(台北在住編集・ライター)

【nippon.com:2019年11月24日】https://www.nippon.com/ja/japan-topics/g00764/

◆増え続ける日台国際結婚、その先に見えるもの

 日本と台湾の距離がどんどん近付いている。

 日本における台湾ブーム、中国語圏への留学者の増加、台湾への企業の進出、台湾からの訪日旅行者の増加。そして、日本人と台湾人の国際結婚もまた、増加傾向にある。

 台湾側の統計データ(グラフ)からも分かる通り、台湾人と結婚して台湾で暮らす日本人の数は2015年1月時点で4486人。8年前の2008年1月の約1.6倍となっている。そしてこの流れは、特に2011年の東日本大震災以降、民間でのつながりが広がっているところからみて、今後も加速傾向にあると感じる。

 筆者も縁あって台湾人と再婚し、子どもを授かった。もともと台湾に来た理由は日本人駐在員との結婚のためだった。まさかその後、子どもに恵まれながらも離婚してシングルマザーになり、台湾で働き、さらには台湾人と再婚するとは思ってもいなかった。

 国際結婚はこの時代、決して珍しいことではない。ただ、親となった自分のもとに降って湧いた課題の重さを、私はつい最近になってようやく理解したのだった。

◆「日本人の子どもだから、台湾で育っても自然に日本語が話せる」わけではない

 日本人が台湾で子育てしていると、日本人からも台湾人からも「お子さん、中国語も日本語も話せるの? いいねぇ!」と言われることが多い。

 自分自身もシングルマザー時代から、「子どもに財産は何も残してあげられないから、せめて中国語という言語能力を付けてあげたい」という考えもあり、台湾で暮らしていた。

 ただ、「中国語は現地校で学び、日本語は家庭で話していれば自然に身に付く」わけではないと、幼稚園から小学校に進学するくらいのタイミングにやっと気が付いたのだった。

 日本で暮らす同世代の子どもたちとは明らかにボキャブラリーに差があるし、「話せる」けれど、「読み・書き」は苦手だった。家庭での日本語教育をどうするか、待ったなしで選択を迫られた。

◆「バイリンガル」への誤解や無知

 「バイリンガル」というと、母国語レベルで華麗に2カ国語を操るイメージは筆者自身にもあった。けれど実際に当事者になってみると、それは大きな誤解だったことに気付かされる。表「バイリンガルのタイプ」の通り、実にさまざまなタイプが存在する。

 実際には、「どちらかの言語は母国語レベルだが、もう一方の言語は『話す』『書く』が苦手」など、ひとつの言語のみが優勢であることも多い。そして、そもそも「母国語レベル」の定義すらも、あまり明確ではないようだ。

 また、親がバイリンガル教育を行う目的も、実にさまざまだ。言語能力を武器にして仕事をすることを目指すこともあれば、親の母国語を継承させたい、といった願いもある。そして成長とともに子ども自身の意思も出てくるため、学習は個々さまざまな道をたどることになる。バイリンガル教育関連の記事にケーススタディが欠かせないのは、このゆえんであると考えられる。

 ただ、国際結婚時にそこまで考えが及んでいる人は少ないのではないだろうか。そして「そこまで考えが及んでいないのなら、結婚してはならない」というのは、果たして日本の今とこれからを考えた場合に、正しいと言えるのだろうか。

 2019年6月、「日本語教育の推進に関する法律(令和元年法律第48号)」が公布・施行された。主には日本に居住する外国人に対しての日本語教育推進を図るためのものではあるが、有志からの働き掛けにより、法律には「海外に在留する邦人の子等に対する日本語教育(第19条関係)」の項目が盛り込まれた。

 ただ、これが海外で自身の子どもたちにバイリンガル教育を行う日本人たちの追い風になるのかは未知数だ。子どもたちの成長は待ってはくれないので、自分で情報を集めて判断するしかない。

◆レアケースではないのに情報が少なかった「日台バイリンガル教育」

 バイリンガル教育についての研究や議論はこれまでもさかんに行われてきている。専門誌や団体も多く出ている。ただ、情報は英語圏のものが多く、台湾における日台バイリンガル教育というのはどうしても少ない。さらに、「居留問題を考える会」、台湾各地の「補習授業校」や、台湾人男性と結婚し台北近郊在住の日本人妻が集う「なでしこ会」など、情報交換を行う団体も多数存在するものの、参加者以外には情報が届きにくいのが現状であるようだ。

 さらに、日本と台湾の関わりは時代背景によって大きく異なる。結婚した相手の家族や親戚が「反日教育」を受けていたことだって十分にあり得るわけだから、少し時代や家庭環境が異なるだけで参考にできないということも多い。

 そのため、相思相愛で結婚しても、「日台バイリンガルに育てよう」と相手が思ってくれるとは限らない。また、もし同じように思ってくれる相手であったとしても、「休日は家族の時間に当てたい」「将来、日本語は役に立つのか」といった議論が生まれやすい。それだけでもめげそうになるところ、さらに肝心の子どもから「現地校の勉強や習いごとだけでも大変なのに、日本語まで勉強するのは大変すぎる」と言われたら、どう説得したらいいのか。思わず肩を落としそうになる。

 これは台湾に限ったことではないが、バイリンガル教育を続けることは、決してたやすいことではない。だからこそ、日台バイリンガル教育の現場で得た経験や知恵を伝えていけたらと思う。

              ◇     ◇     ◇

近藤弥生子(こんどう・やえこ)台湾台北在住の編集・ライター。日本語・中国語(繁体字)でのコンテンツ制作を行う草月藤編集有限公司を主宰。雑誌『&Premium』で「台北の朝ごはん」「日用品探索」を連載中。プライベートでは二児の母。ブログ「心跳台灣」を運営(www.yaephone.com)。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*『パイナップルケーキ』は11月半ばの入荷予定でしたが、11月末に変更になりました。ご迷惑を
 お掛けします。(2019年11月7日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , ,