含蓄ある許世楷大使の「双十国慶節」スピーチ

含蓄ある許世楷大使の「双十国慶節」スピーチ
去る10月5日、10月10日の双十国慶節を前に、台北駐日経済文化代表処(駐日台湾大使館
に相当)が主催する記念祝賀パーティーが東京都内のホテルで開かれた。

 代表処のホームページによれば、日本の国会議員約200人、海外の駐日機関代表20人余を
はじめ、日本の各界で活躍する僑胞代表と日本の政財界、文化人ら合わせて出席者は2000
人を超え、盛会だったという。

 双十国慶節とは、中国人である袁世凱や孫文、あるいは蒋介石がかかわって造った中華
民国の建国記念日であり、革命伝説を創作して神秘化した、いかにも中国的な歴史捏造の
産物でしかない。2・28事件や白色テロをはじめとする蒋政権の独裁政治に辛酸を舐め
た多くの台湾人にとっては、まことに迷惑な話である。

 この双十国慶節については、すでに昨年10月発行の機関誌『日台共栄』第9号において、
「双十国慶節をなぜ祝うのか−中国の『政治神話』から解放されるべき台湾国民」と題す
る編集部記事を掲載し、ホームページの「機関誌『日台共栄』」欄からも検索できるので
ご参照願いたい。

■日本李登輝友の会ホームページ:http://www.ritouki.jp/

 ここでは、そのような由来を持つ双十国慶節の祝賀会において、許世楷大使がどのよう
なスピーチをしたか紹介したい。

 許大使は冒頭「わが国の記念日のお祝い」と挨拶しただけで、そのスピーチの中には一
言も「中華民国」という言葉も建国記念日という言葉も出てこない。すべて「台湾」で通
している。

 また、「自由民主」をキイワードとして、その価値観を共有する台湾と日本の関係がま
すます緊密化していることを強調し、参加した「華僑」と言われる人々に対しても、中国
がいずれ民主化せざるを得ないことを訴え、「ここに見えているということは、歴史の主
流の側を選択した同志でありましょう。賢明な選択だ」と諭している。

 含蓄ある意味深長なスピーチである。以下に紹介してみたい。      (編集部)


国慶節祝辞 台北駐日経済文化代表処代表 許世楷

【10月5日付 台湾週報】

 皆様、今日はわが国の記念日のお祝いにご出席下さり、ありがとうございました。私の
挨拶は、すでに印刷してお配りしていますが、日にちもたっていますので、ここでは別の
形でお話させて頂きます。

 ある台湾の雑誌が長年台湾人の外国に関する世論調査をおこなっています。それにはあ
なたが最も敬服している国はどこですか? あなたが最も旅行に行きたい国はどこですか
? 移民したいとすれば、あなたが最も行きたい国はどこですか? という三項目の質問
が含まれています。これまでいつも第一位は米国でしたが、近年日本が第二位にのぼって
きました。しかし今年は日本が第一位となり、米国が二位となって逆転いたしました。

 これには去年日本が台湾の観光客にノービザの措置をとったことが大きく作用しています。これは便利になったということだけでなく、十二年来台湾は日本の観光客にノービザ
措置をとっていたので、平等互恵の問題でもあり、台湾人は日本が尊重してくれた、お返
しをしてくれたと感じたからだと思います。

 また去年日米安全保障協議会2プラス2の共同声明で、日本は中国が武力で台湾を併合
することに反対を表明しました。台湾人は、日本は台湾の安全について気を使かってくれ
ている、友達だなと感銘しています。

 台湾が日本と親しいのは、基礎として両国に特別な歴史的、地理的関係があるからだけ
でなく、九十年代に台湾が民主化してからは、加えて、自由、民主という価値観および制
度が共通するようになったからです。自由民主の国だからお互いに安心してノービザ措置
が取れる。また自由民主の国を、一党独裁の国に併合させるわけには行かないというわけ
です。

 中国人のインターネットによる世論調査で、67%の人が再び生まれるとしたら中国人に
生まれたくないと答えています。理由としては幸福な人生が送れない、あるいは人間とし
ての尊厳がないということであります。

 現在台湾で一部の人たちが陳水扁総統罷免座り込み運動を行っています。それを見て対
岸の中国人は、私たちも台湾のような自由がほしいと羨ましがっています。

 また座り込みの人たちは自らを中国の天安門事件の民主化運動になぞらえていますが、
事件主役の一人であった王丹さんは、その時自分たちは自由民主のない一党独裁政治に対
して民主化を主張したのであり、今の座り込みの人たちは自由民主政治の下で、制度から
外れた手段によって民主政治を破壊しようとしていると批判しています。

 実際総統罷免案はすでに一度立法院で提案され、否決されました。今再度提案され、こ
の13日に表決があるのですが、三分の二の多数を得て通る見込みがないことはわかってい
ます。総統罷免案が通らないなら、内閣不信任案で行政院長を倒せとと八つ当たりしてい
ます。それがだめなら座り込みで社会を不安に陥れて、陳水扁総統を倒せと強要していま
す。少し早いが2008年の総統選挙まで待ちきれず、政権交代を叫び、すでに総統選挙運動
に突入しているわけであります。自由民主政治が成熟するまでには紆余曲折がありますが
、台湾は座り込みの最中でも総統は国外訪問をして無事に帰ってきていますし、またデモ
で死傷者が出てもいません。私は台湾の自由民主政治に自信を持っています。

 自由民主は世界史の流れの主流であります。現在中国は台湾に比べて強大に見えるかも
しれません。しかし台湾はすでに民主化し、中国はまだ選挙もない一党独裁国家で、いず
れは民主化の荒波に見舞われます。

 今日ここには多くの華僑も見えています。ここに見えているということは、歴史の主流
の側を選択した同志でありましょう。賢明な選択だと思います。日本社会における生活も
スムースになりましょう。

 今日ここにいる私たちは、自由民主の価値観を共有するもので、流れの同じ側に立つ同
志です。ともに手を携え、台湾、日本友好のために、自由民主のために努力することをお
願いします。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,