台湾高砂義勇隊戦歿英霊紀念碑慰霊祭 祭文

台湾高砂義勇隊戦歿英霊紀念碑慰霊祭 祭文
ここ台湾高砂義勇隊戦歿英霊紀念碑に祀られる大東亜戦争にて散華された英霊の御霊に
対し、日本と台湾の共栄を念願する参列者一同慎んで感謝と報恩の誠を捧げます。

 顧みれば、東亜の地に非望を逞しくする米英に祖国日本がその安定と自存自衛のために
宣戦を布告し、台湾においては朝鮮に遅れること四年、昭和十七年四月に陸軍特別志願兵
制度が実施されるや、千二十名の募集に対して志願者四十二万五千九百六十一名、志願倍
率実に四百十八倍、翌十八年には千八名の募集に対して六十万一千百四十七名、志願倍率
は五百九十六倍にも達しました。昭和十九年からは海軍特別志願兵制度も実施され、こち
らにも志願者が殺到しました。血書嘆願する者も少なくなく、かくも熱狂的に志願兵に応
募した例は世界戦史に類を見ません。即ち、台湾からは軍人八万四百四十三名、軍属十二
万六千七百五十名、計二十万七千百九十三名が大東亜戦争に従軍したのでした。

 特に昭和十七年二月、五百名の強者が選抜され、第一回高砂義勇隊が「高砂挺身報国隊」
と名付けられて編成、三月にフィリピンに上陸して第二次バターン攻略に参戦するや、降
り注ぐ弾雨をものともせず、次々と道を拓き橋を架けて行きました。その敏捷性、獣の如
き視覚と聴覚、併せて軍紀厳正を保持する姿勢は正規軍を凌ぐとさえ言われました。中で
も密林での活躍は独壇場で、衰弱した日本人戦友に食べさせるため食糧調達に立ち働いた
と言います。中には腹が空ききっていたにも拘らず、調達した食糧には一切手を付けず、
戦友に持ち帰ろうとして密林に事切れた義勇隊員もおられました。南方各地より生還した
将兵の多くが「高砂兵の御蔭で生き延びられた」と証しているところです。

 かくて台湾出身者にて戦歿された方々は三万三百四名の多きにのぼり、二百四十六万余
の御祭神と共に靖国神社に鎮まっておられます。

 一方、台湾においては一九九〇年十一月、日台有志が力を合せて台中の宝覚禅寺境内に
「和平英魂観音亭」を建立し、また同時に李登輝総統の雄渾なる筆にて「霊安故郷慰霊碑」
を建立、台湾出身戦歿者をお祀りしております。

 そして一九九二年十一月には、ここ烏来の地に今は亡き周麗梅さんたちが日本人有志と
力を合わせて高砂義勇隊戦歿英霊紀念碑を建立、二〇〇六年二月には、李元総統による
「霊安故郷」の文字も新たに記念碑を建立して移設、李元総統をはじめとする日台の関係
者多数が集って除幕式を執り行いました。その直後には靖国神社の南部利昭宮司が日本李
登輝友の会の有志とともに訪台し、靖国神社宮司として初めて慰霊祭に臨みました。

 その後、台北県政府から記念碑の撤去など理不尽な仕打ちを受けるも、簡福源理事長を
はじめとする烏来郷高砂義勇隊記念協会様の粘り強い働きかけにより、本年十一月、本来
の慰霊の場として装い新たに復する予定です。

 私どもの今の生あるは勿論、日本と台湾の深い結びつきは高砂義勇隊をはじめとする台
湾出身の御英霊からの賜り物であることに思いを致し、ここに深甚なる感謝を捧げるとと
もに、その御恩に報いんが為、日台共栄を扶翼すべく己がじし尽瘁することをお誓い申し
上げます。

 平成二十一年十一月十三日

                 屏東県と高砂義勇隊紀念碑訪問団ツアー参列者一同

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , ,