台湾誌「壹週刊」の李登輝前総統インタビュー記事が大反響

台湾誌「壹週刊」の李登輝前総統インタビュー記事が大反響
独立追求否定、訪中に意欲 李登輝氏、方針転換
【1月31日 共同通信】

 【台北31日共同】台湾の対中独立派政党、台湾団結連盟(台連)の精神的指導者、李登
輝前総統(84)は31日発売の台湾誌「壹週刊」のインタビュー記事で、これまでの独立追
求の主張を否定し、中国訪問に意欲をみせるなど大幅な政策転換を表明した。
 今年末の立法委員(国会議員)選は定数が半減され、小選挙区制に変わるため、与党、
民主進歩党(民進党)と最大野党、国民党の2大政党制が進むとみられる。李氏は中道派
への移行で政治的な影響力を温存したい考えのようだ。
 李氏は「台連」を中産階級や社会的な弱者を支持基盤とした「台湾民主社会党」に改名
したいとの意向も示した。
 李氏は対中政策について「台湾は既に独立主権国家であり、独立を追求する必要はない。
それは危険で米国や大陸で多くの問題を引き起こす」と慎重な姿勢を示した。


「台湾独立、主張したことない」 李登輝氏発言に波紋
【1月31日 asahi.com】

 中国が「台湾独立派の大親分」と一貫して非難している台湾の李登輝(リー・トンホイ)
前総統が、「私は台湾独立を主張したことはない」など従来の立場を百八十度ひっくり返
す発言をしていたことが31日明らかになった。その真意をめぐって台湾政界は大揺れにな
っている。
 31日に発売された大手週刊誌「壱週刊」の29日の取材で語った。李氏は「台湾は事実上
主権が既に独立した国家だ」としながら、「このうえ独立を求めることは後退であると同
時に、米国や大陸(中国)との多くの問題を引き起こして危険」と断じた。そのうえで「
私は台湾独立派ではない」と明言した。
 また「大陸の多くの団体や個人が私の大陸訪問を希望している。うまくいけば孔子が巡
った道を私も歩いてみたい」とも述べた。
 李氏に近い筋によれば、昨年後半から中国側から李氏への訪中要請が積極化していると
いう。08年の北京五輪開催などをにらんだ中国の「微笑戦術」の一環とみられ、李氏が「
台湾独立」を表立って主張しなければ、中国要人との会談さえ現実味を帯びてきそうだ。

[RelationPost]

タグ: , , , , ,