台湾版新幹線の正式開業は1月5日に変更!

台湾版新幹線の正式開業は1月5日に変更!
26日付の本誌でお伝えした台湾高速鉄道(台湾版新幹線)の最新情報でしたが、1週間
のテスト期間と発表していた初日の1月5日が正式開業日になったそうです。めまぐるしく
変わる台湾版新幹線の情報ですが、ともかく正式な開業日が決定したことを素直に喜びた
いと思います。

 昨日付の産経新聞には「『台湾高速鉄道』正式開業へ」のタイトルの下、1面ぶち抜きで
許世楷大使、平沼赳夫・日華議員懇談会会長、石原慎太郎・東京都知事などのコメントと
ともに、関係記事が掲載されています。

 予定稿として組んでいた記事だったようですが、ともかく正式開業日が決まらないと出
せない記事ですから、関係者も年内に掲載できてホッとしているのではないでしょうか。

 ここに、許世楷大使の台湾史を踏まえた心憎いコメントと関係記事をご紹介します。今
年最初の記事がおめでたい内容でしたので、こちらもホッとしています。
                     (メルマガ「日台共栄」編集長 柚原正敬)


日本からの修学旅行や観光客増に期待−100年の歴史と100年の未来
【12月31日 産経新聞】

                       台北駐日経済文化代表処 許世楷代表

 台湾統治から10年後の1905(明治38)年、日本は基隆・台北から高雄まで台湾西部を縦
断する鉄道を初めて建設しました。日本が作った鉄道は、その後100年の間に台湾の産業や
文化、人の往来や輸送力などに、劇的な変化をもたらし、台湾の動脈として社会の様相を
大きく変えてきました。100年前の鉄道開通式典は台中駅で行われ、その開通記念として美
しい台中公園が建設されたことに、改めて思いを馳せています。

 1世紀を経た今日、日本の新幹線技術で作られた高速鉄道が台湾を走ることに、私は日
本と台湾の緊密な結びつきと歴史を感じないわけにはいきません。高速鉄道の開業は、台
北と高雄間が在来線の約6時間から90分へと時間が短縮されるだけではなく、高速鉄道を
利用する台湾人に、日本に対してさらに近しい感情を抱かせることになり、目に見える形
で日台の親密な結びつきを実感させることになるでしょう。

 日本の方々にとっても台湾の中南部観光が1日圏になるだけでなく、例えば石川県出身
の八田與一技師が1930(昭和5)年に完成させた台湾の「烏山頭(うざんとう)ダム」を
訪ねることなどで、日本人の先人が、いかに台湾や世界に貢献したか、手軽に自分の目で
見られるようになります。

 今回の開業を契機に、1人でも多くの日本の学生や若者が修学旅行や観光旅行で台湾を
訪れる機会が増えることも願っています。人の結びつきこそが日台関係の財産です。台湾
新幹線の開業が次の100年の日台関係も花開かせることになるでしょう。     (談)


台湾新幹線5日正式開業
【12月31日 産経新聞】

 日本の新幹線システムが海外で初採用された台湾高速鉄道(台湾新幹線)の「正式開業
日」は、行政院交通部(交通省)と事業会社の「台湾高速鉄路」が29日に行った協議で、
来月5日と決まった。30日付の台湾各紙によると、試験的な営業期間を設ける当初計画を
取りやめ、元日に陳水扁総統が試乗をして実質的な開業宣言を行い、5日の開業から10日
間を運賃が半額の特別期間にするという。(台北 長谷川周人)


●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,