台湾教授協会が「声援李登輝」の記者会見を開催、抗議声明を発表

台湾教授協会が「声援李登輝」の記者会見を開催、抗議声明を発表
我々は李登輝元総統ともに「棄馬保台」を推し進め、蔡英文候補を支持する!

*記者会見の写真は本会ホームページに掲載
 http://www.ritouki.jp/

【台北・台北事務所】本土派の大学教授らで構成される台湾教授協会は7月3日午後、台大
校友会館で「声援李登輝」記者会を開催した。会見には張炎憲会長(元國史館館長)ほか、
黄昭堂・台湾独立建国聯盟主席(昭和大学名誉教授)、羅福全・国連大学名誉教授(元駐
日台湾代表)らが出席し、李登輝元総統の起訴に対し、抗議声明を発表した。主な内容は
以下の通り。

1、馬英九氏は政権発足以来3年間、司法を尊重すると度々口にしながら、陳水扁前総統の
 件をはじめ、緑陣営の人物に限って立件されてきたのは明らかである。

2、馬英九氏は総統就任時、司法改革を推進すると宣言しながら、実際には司法を利用し
 て迫害を行っているに等しい。これは新しい国民党の独裁政治である。

3、ここ3年間、馬政権は台湾の中国化を推し進めてきた。このため、多くの台湾本土派の
 人間が政治的に追い詰められており、李登輝元総統の起訴も、その一連の行動の一つで
 ある。李元総統の案件は10数年も前のもので、確たる証拠も存在しない。来年の総統選
 挙まであと半年というこの時期の起訴は、政治的動機が含まれているのは明らかである。
 我々は李登輝元総統ともに「棄馬保台(馬英九を捨てて、台湾を守ろう)」を推し進め、
蔡英文候補を支持する。

 台湾教授協会は、馬英九氏が選挙に勝利するため、政治的な凶器として司法を利用する
ことのないよう希望する。また、台湾人民に対し、馬英九が台湾を追い込み、民主と人権
を軽視していることを正視するように呼びかける。

 台湾の安全と民主を守るため、我々は李登輝元総統を支援するとともに、「棄馬保台」
により、馬英九を引きずり降ろす。


 なお、この「抗議声明」の全文(中文)は、本会のカウンター・パートである李登輝民
主協会(蔡焜燦理事長)のホームページ(本年6月24日開設)に掲載しています。

◆ 李登輝民主協会ホームページ
  http://www.lthsociety.org/

[RelationPost]


● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。               (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , ,