台湾人日本兵の命を救った廣枝音右衛門の慰霊祭を9月25日に斎行

台湾人日本兵の命を救った廣枝音右衛門の慰霊祭を9月25日に斎行
廣枝音右衛門(ひろえだ・おとうえもん)の名前を知る人は、台湾でも日本でも幾人い
るだろう。

 大東亜戦争末期の昭和20年(1945年)2月23日、フィリピンのマニラ近郊に上陸したアメ
リカ軍と対峙する海軍巡査隊の隊長として、多くの台湾人日本兵の命を救ったのが警部の
廣枝音右衛門だった。

 この廣枝警部に命を救われた部下の劉維添(りゅう・いてん)氏らが未だ戒厳令下にあ
った1976年(昭和51年)9月26日、苗栗県南庄郷にある獅頭山勧化堂(しとうざん・かんげ
どう)にて廣枝警部の慰霊祭を斎行した。以来、毎年欠かさず慰霊祭が執り行われてきた。

 4年前、台湾李登輝学校研修団一期生で台湾で活躍中の渡邊崇之(わたなべ・たかゆき)
氏が廣枝警部の事績を知って獅頭山勧化堂を訪れ、劉維添氏と知り合う。

 以来、渡邊氏も日本語世代の知人を誘ってこの慰霊祭に参列。今年も9月25日に慰霊祭が
行われるというので、台北駅から獅頭山までのバスツアーのご案内をいただいた。

 今年の慰霊祭には本会の「自然と史跡の宝庫・澎湖島を訪ねる台湾4泊5日ツアー」に参
加している人々も参列し、台湾在住のフリーライターである片倉佳史氏ご夫妻も参列され
るという。期日間近ですので、早めのお申し込みをお願いします。

 なお、渡邊崇之氏は「マニラ市街戦から受け継ぐ絆のバトン─廣枝音右衞門にみる、遵
法精神を超えた博愛精神」という一文で、この廣枝音右衛門たちの戦いの模様や、劉維添
氏らが慰霊祭を始めたことなどについて記している。いささか長いので、今号と次号でそ
れをご紹介したい。読みやすさを考慮し、中見出しは編集部で付したことをお断りする。

 なお、廣枝音右衛門の義挙は日本にも伝わり、昭和52年(1977年)11月、ふみ未亡人も
眠る茨城県取手市内の弘経寺に「遺徳顕彰碑」が警友会有志によって建立されている。


廣枝音右衛門氏の慰霊祭ツアー開催のご案内

 大東亜戦争末期のマニラ市街戦での責任を取って自決し、その結果多くの台湾人日本兵
を救った廣枝音右衛門氏の慰霊祭が、今年も苗栗県の獅頭山勧化堂で、9月25日(日)の 11
時から執り行われます。

 そこでは、廣枝音右衛門氏の当時の部下で小隊長だった劉維添氏が、約30年前から欠か
さず慰霊祭を執り行っています。5年前からは当時の部下で唯一の生存者となられ、89歳
になられた今年も元気で慰霊祭を執り行われます。

 私が4年前に初めて獅頭山に訪れた際、5年前の慰霊祭はとうとうお1人で執り行われたと
いうことをお聞きし、それ以来私も4年間、毎年参加させて頂いています。

 ここ数年は、友愛会の日本語世代のお年寄り達20名を募って、ミニバスで旅路に歌を歌
いながらの日帰り旅行を兼ねて参拝して来ました。

 今年も友愛会の皆さんはもとより、日本李登輝友の会の皆さん、在香港在住の日本人有
志も参加されますので、李登輝学校校友会の方々も、ご都合がつきましたら是非ご参加く
ださい。

◆日 時:2011年9月25日(日)8時集合、17時頃解散
      *当日の混み具合で時間は前後します。

◆場 所:台北駅・東2出口集合

◆参加費:完全実費制1,000元程度(バス代、お布施、精進料理代込み)。当日回収。

◆申込み:http://linkbiz.tw/index.php?option=com_chronocontact&chronoformname=tour

◆問合先:LinkBiz台湾事務局 担当:顔
      Tel:+886-2-2511-6310、 info@linkbiz.tw

◆詳細要項
 http://linkbiz.tw/index.php?option=com_content&view=article&id=285:2011-07-27-08-18-57&catid=1:infom&Itemid=110

[RelationPost]


● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                    (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , , ,