台湾人の87.5%が中国の「一国二制度」に反対

台湾人の87.5%が中国の「一国二制度」に反対

 台湾の大陸委員会は9月9日、中国との主要な懸案に関する最新の世論調において、中国が台湾に提示している「一国二制度」について87.5%が反対しており、「台湾政府が引き続き米国など理念の似たパートナーと協力し、台湾海峡の平和と安定を保障することを支持する」と回答した人は88.6%の結果になったと発表した。

 下記にその調査結果と、なぜか韓国紙の「WoW!Korea」が詳しく報道していたので下記にご紹介したい。

◆主流民意支持:臺灣的選項就是讓自己更強大、更團結、更堅定自我防衛【陸委會新聞稿編號第010號:2021年9月9日】 https://www.mac.gov.tw/News_Content.aspx?n=05B73310C5C3A632&sms=1A40B00E4C745211&s=BFECF228705CA39F

—————————————————————————————–台湾人の87%「中国式統一方式 “一国二制度”」に反対…圧倒的な「反中世論」【WoW!Korea:2021年9月10日】

 中国と台湾(両岸)の軍事的緊張が高まっている中、台湾人の多くは中国の統一方式である「一国二制度」に反対していることが、調査により明らかとなった。

 きょう(10日)台湾の新聞“自由時報”などの台湾メディアによると、台湾行政院において中国本土に関する業務全般を担当する機関である「大陸委員会(MAC)」は前日、両岸関係の主要な懸案に関する最新の世論調査により、先のような結果が出たと伝えた。

 大陸委員会は国立政治大学の選挙研究センターに依頼し、今月2日〜6日、20歳以上の成人1073人を対象に実施した世論調査の結果、中国が台湾との統一方式として要求している “一国二制度”について「87.5%が反対しているという見解を示した」と説明した。

 回答者の85.4%は、中国と台湾との関係について「統一および独立」よりは「現状を維持することが望ましい」という考えを示した。

 蔡英文総統がアフガニスタン情勢に変化が発生した後「台湾の唯一の選択は、自分たちを『より強くし』『より団結し』『より守ること』だ」とした発言に対し、83.9%が「支持する」と回答した。

 さらに「台湾政府が引き続き米国など理念の似たパートナーと協力し、台湾海峡の平和と安定を保障することを支持する」と回答した人の割合は88.6%に達した。

 また、中国が台湾の外交など主要な国政運営に圧力を加え続けていることにも89.4%が「反対する」と回答し、「中国が台湾政府と台湾人に対して非友好的だ」と答えた回答者は、それぞれ73%と57.9%であった。

 これは、中国による「一つの中国」という原則に立ち向かい独立路線を追求している蔡総統が執権した2016年以降、最悪の状況に陥っている最近の両岸関係が反映されたものだとみられる。

 大陸委員会は中国政府に対し「台湾への脅しなどをやめ、台湾が提示した平和・対等・民主・対話にしたがって実質的に両岸関係を扱うべきだ」と伝えた。

※この記事はメルマガ「日台共栄」のバックナンバーです。

タグ: , , , , , , , , , ,