台湾・11月29日投開票の統一地方選挙 台北・台中の市長選は中国国民党劣勢

台湾・11月29日投開票の統一地方選挙 台北・台中の市長選は中国国民党劣勢
台湾では「九合一」と言われる、台北市など6つの行政院直轄市の市長と議員をはじめ、県や市
などの首長と議員など9種類の選挙が行われる統一地方選挙まで1ヵ月に迫った。台北市や台中市な
どで中国国民党候補の劣勢が伝えられる。

 台北市長候補は複数いるが、与党である中国国民党の連戦・名誉主席の長男の連勝文候補と、無
所属で野党の民進党が支持する台湾大学医学部教授の柯文哲候補の2人に絞られた。

 台北市長はもともと中国国民党の地盤。軍人や公務員などの支持者が多いからだ。後に総統に就
く民進党の陳水扁がつとめたこともあるが、1998年に現総統の馬英九が陳水扁を破って当選してく
つがえし、現在の●龍斌まで中国国民党が続いている。

 ところが、今回は立候補した連候補は6月以降の世論調査で柯候補にリードを許し続けていて、
劣勢を挽回できないでいる。10月21日に中国国民党系の「聯合報」が発表した世論調査でも、柯候
補の42%に対して連候補は29%でしかない。

 その原因はどこにあるのか。台湾選挙レポートを発表し続けている評論家の宮崎正弘氏が分析し
ている。

 その最大の要因は、台湾の「太陽花学運(ひまわり学生運動)」に続く「中国共産党に真っ正面
から戦いを挑んだ香港の学生の、物怖じを知らない世代の出現」とし「こうした若者等の新しい運
動形態が、国民党有利という世論を変えた」と見る。同感である。

 本誌で紹介したように、中国問題研究家の鈴木上方人(すずき・かみほうじん)氏は、ひまわり
世代に注目して下記のように指摘していた。

<ヒマワリ運動の主力となっている台湾の20歳から39歳までの若者の数は717万人で、それは全有
権者数1800万の40%に当たる。この年齢層は今まで政治に対する関心が薄く、投票率も一番低い。
投票率の低かったこの年齢層の投票率が上がれば、その分選挙への影響は絶大であろう。>(ヴェ
クトル21:2014年10月号)

 ひまわり学生運動は多くの台湾人の支持を得た。台湾の独立を希望する20代は73・6%に達し、
全般的にも62・7%が希望している。それが台北市長選の世論調査に現れている。

 長らく中国国民党の地盤だった台中市の市長選でも、林佳龍(民進党所属の立法委員)候補が現
職市長の胡志強(中国国民党所属)候補の支持率を上回っている。

●=都の者が赤


台湾六大市長選挙、国民党が各地で苦戦の様相
連戦の息子、連勝文(台北市長候補)は不人気、党の集票マシンも迷走中

【宮崎正弘の国際ニュース・早読み:平成26(2014)年10月31日】

 11月29日の投票日まで一ヶ月を切った。

 台北、新北(もとの台北県)、台中、桃園(今回から政令指定都市)、台南。そして高雄の六大
市長選挙は事前の予想に反して、国民党が大苦戦を強いられている様相である。

 第一の理由は馬英九総統の不人気である。

 第二は台北市長候補に代表されるように、大陸との融和をはかる中華思想の体現者、連戦(国民
党名誉主席)のあまりに無原則的な妥協路線に多くの国民が反発しており、党内がガタガタ、とて
も挙党一致体制にはない。

 第三が王金平(国会議長、本省人)と党内の対立が続き、集票マシンが円滑に動かないようであ
る。

 10月24日、台北市内では奇妙なデモが展開された。

 「同性愛者同士の結婚を認めよ」と同性愛者、その支持者、そして駐在外国人が加わってデモは
65000名に膨れあがったのだ。

 野党・民進党は蔡英文・党首も蘇貞昌・元首相も「賛成」を表明していた。

 土壇場のデモ前日、与党国民党の台北市長候補の連勝文がフェイスブックで、「賛成。国際的傾
向であり、この国際基準に従うべきだろう」とおっとり刀で書き込んだ。デモの盛り上がりに便乗
したのだが、翌日、この書き込みが消されていた。

 党内の反対勢力が、つよく抗議した結果と見られる。

 首都の台北市は外省人が多く退役軍人や公務員が集中して住むため、台北は国民党の鉄票で固め
られた地盤であるとされてきた。

 国民党の集票マシンがつねに機能しているため、いかに連勝文という不人気な二世(彼は連戦国
民党名誉主席の息子)でも、当選は堅いと見られてきた。

 ところが事前のムードは対立候補無所属の柯文哲がかなりの差を付けてリードしていることが事
前世論調査で判明している。

 柯は医者、無所属だが、民進党が支援しており、先月、東京で開催された講演会でも数百人の支
持者があつまって気勢を挙げた。

 日本に暮らす台湾籍の人々も投票日には帰国して投票する(台湾は不在者投票も、外地での投票
もない)。

▼連戦の息子、おもわぬ不人気に焦り

 焦る国民党は29日、蒋介石親子の眠る御廟に詣でて、必勝を近く。

 連勝文は、桃園県の慈湖にある蒋介石親子の墓地に花輪を捧げ、「軍人恩給の増加(毎月二万元
を二万五千元とする)する」などを訴えた。

 たまたま慈湖に観光で来ていたツーリストは中国大陸からで、「連勝文、頑張れ」を激励された
そうな。

 アメリカン・エンタプライズ研究所(AEI)のミカエル・マズザ研究員の調査では、いまや台湾
と香港で「わたしは中国人だ」と認識する国民が激減しており、「香港と台湾が中国の一部だ」と
いう考え方をアナクロニズムと答える(台北タイムズ、10月30日)。

 ちなみに台湾での世論調査では「わたしは台湾人」とする回答が60・4%、「中国人であり台湾
人である」とするのが32・7%、そして「わたしは中国人だ」と答えたのは僅か3・5%だった。

 世界が懼れる中国共産党に真っ正面から戦いを挑んだ香港の学生の、物怖じを知らない世代の出
現は、「ひまわり学生運動」として先輩でもある台湾学生に共通した傾向である。

 こうした若者等の新しい運動形態が、国民党有利という世論を変えたとみて差し支えないのでは
ないか。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze【携帯用】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」*new
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,