台湾を論じない知的怠惰  岡崎 久彦(NPO法人岡崎研究所所長)

台湾を論じない知的怠惰  岡崎 久彦(NPO法人岡崎研究所所長)
先般、会員の方から「岡崎先生が6月頃から読売新聞で半生を振り返った連載を書かれておりま
す(というよりインタヴュー形式ですが)。昨日も台湾について言及されており、当会においても有
用かと思います。よろしければメールマガジンにてご紹介されてはと思います」というお便りをい
ただきました。

 そこで、7月3日付の読売新聞を確認してみると、これは「時代の証言者」という連載で、本会副
会長でもある岡崎研究所理事長の岡崎久彦氏に三好範英・編集委員がインタビューしてまとめた
「日本外交とともに」と題する記事でした。

 7月3日付では「『台湾三策』中国人に説く」という見出しで、岡崎氏が外務省を退官後、専門と
する国際情勢分析で真っ先に手を付けたのが台湾問題だったことが述べられている。なぜなら、現
役時代は外務省の課長以上は台湾に行ってはいけなかったからで、「情勢判断に不可欠な土地カン
が欠けていた」ため、「李登輝総統やその周辺の人と現地で会談を重ね。状況が分かってきまし
た」とつづっている。

 見出しを見、この冒頭部分を読んだとき、どこかで読んだことのある内容だなと思いつつ読み進
めてみると九州での国際会議のことが出てきたので、それではっきり思い出した。

 この内容は、本会の機関誌「日台共栄」の巻頭エッセイ「台湾と私」で書いていただいたことが
ある。確認してみると、ちょうど10年前の平成16(2004)年、本会設立2年目にあたる12月号の機
関誌「日台共栄」第4号に書いていただいた一文だった。

 改めて読み直して驚いた。岡崎氏は「世界の将来において大事なことといえば台湾だけなのであ
る」「世界の運命を決する問題は台湾問題しかない」と言い切っていた。読売新聞の記事はそこま
で踏み込んでいない。

 ついては、下記に岡崎久彦氏の「台湾を論じない知的怠惰」と題した巻頭エッセイ「台湾と私」
をご紹介します。

 なお、本会ホームページの「機関誌『日台共栄』」コーナーには、創刊号から最新の第35号まで
主なエッセイや論考をPDF版で掲載していて、この岡崎氏のエッセイも読むことができます。

◆機関誌「日台共栄」第4号 岡崎久彦「台湾を論じない知的怠惰」
 http://www.ritouki.jp/magazine/magazine004.html


台湾を論じない知的怠惰 

                     岡崎 久彦(副会長・NPO法人岡崎研究所所長)

 私は1992年(平成4年)、駐タイ大使を最後に外務省を退官しているが、日華断交の72年(昭和
47年)から退官するまで一度も台湾に行くことができなかった。

 なぜなら、今では外務省内規が改正され、課長クラスまで行けるようになったが、あの頃、課長
以上は行ってはいけなかったからである。

 退官後の人生は国際情勢をやろうと定めていた。しかし、台湾に行った経験が一度もないのだか
ら、台湾についてほとんど何も知らないことに気がついた。

 実は、アジアの将来で、否、世界の将来において大事なことといえば台湾だけなのである。国際
政治のバランス・オブ・パワーに影響を及ぼすのは、台湾しかない。

 例えば、今後、朝鮮半島ではもしかしたら百万人くらい死ぬ事態が起こるかもしれない。中東問
題やテロ問題も確かに大問題ではある。しかし、世界政治のバランス・オブ・パワーに影響を及ぼ
すほどではない。

 ただし、もしアメリカがベトナム戦争のように、イラクで負けて引っ込んでしまう事態が起これ
ば、若干バランス・オブ・パワーに影響するかもしれない。しかしそれも、アメリカの潜在的な力
とはほとんど関係ない。1975年にベトナムで撤退したアメリカだったが、79年のアフガン戦争で完
全に復帰したことをみても、それは分かる。

 しかし、台湾だけはそういかない。中国と台湾が統一したら、世界のバランス・オブ・パワーは
完全に変わる。もし米中が衝突して、中国が負けてもバランス・オブ・パワーは崩れる。

 それだけ大きな台湾問題なのである。故にこの問題を考えることなく、アジアの問題、ひいては
国際情勢は考えられない。それを放っておくというのはまさに知的怠惰でしかない。それで、台湾
問題を勉強しようと思って、退官後すぐ台湾に行ったのだった。

 そのころのことである。私は出席した国際会議の席上、将来、台湾が独立するかどうかについて
話したことがある。

 そうしたところ、中国代表が「台湾問題はわれわれが決めることなので、発言しないで欲しい」
という。だから私は中国代表に、次のように説明した。

 これは、是非善悪の問題ではない。国際情勢がどうなるかの見通しについての議論なのだ。10年
経って、台湾が事実上独立していたら私の判断が正しかったということであり、統一が実現してい
れば私の判断が間違っていたということに過ぎない。

 そうしたところ、2、3週間ほど経ち、香港の新聞が、岡崎は「情勢判断という口実で台湾独立を
論じた」と批判した。その頃、国際会議で台湾問題を論じた人はいなかったようだ。もしいたとす
れば、中国系の新聞が名指しで批判するはずだが、寡聞にして私は知らない。

 そのことを思い返すと、今は隔世の感があるがある。

 しかし、実は今でも台湾問題はなかなかまともに議論できないのである。言い出せば、必ず中国
が怒り出す。特に外務省や防衛庁などの政府関係の研究所や財閥系の総研では、独立の見通しを含
めた台湾問題について議論できる状況にない。まだまだ自由ではない。

 これはやはり知的怠惰というしかない。大したことのない問題ならよいが、世界の運命を決する
問題は台湾問題しかないのであるから、台湾問題を議論しないで国際情勢を議論するというのは、
国際情勢の先行きについては議論しない、あるいは世界の将来について目をつぶるのと同じなので
ある。

               【機関誌「日台共栄」平成16年12月号(第4号)台湾と私(4)】

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 2014年・台湾アップルマンゴーお申し込み 【締切:7月22日】
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze【携帯用】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

※現在、パイナップルケーキは在庫切れです。7月上旬に入荷予定です。

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *new
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)*new
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , ,