台湾の次期駐日代表に沈氏=外交部次官、対日実務はほぼ未経験

台湾の次期駐日代表に沈氏=外交部次官、対日実務はほぼ未経験
3万人もの台湾人が虐殺された2・28事件の記念日の昨日、台湾外交部は、総統府の決定
として、常務次長(外務事務次官)を務める沈斯淳(しん・しじゅん)氏を台北駐日経済
文化代表処の代表(駐日大使に相当)に任命すると発表した。現在の馮寄台代表は依願退
職するが、処遇は未定だという。

 駐日大使として必要とされる日本語や対日外交について、毎日新聞は「沈氏の日本語能
力は不明だが『長年勉強している』(外交部)という」と伝えるものの、メルマガ「台湾
の声」の速報では「沈斯淳氏は日本語が通じず、台湾の国会では日本軽視の人事だと批判
されている」と伝え、時事通信も「対日外交の実務経験はほとんどない」と報じている。

 また台湾の報道によれば、大使人事は外交上通例とされる相手国の同意(アグレマン)
が必要だが、日本側には発表直前に通知しただけと伝えられている。


台湾の次期駐日代表に沈氏=外交部次官、対日実務はほぼ未経験
【時事通信:2012年2月28日】

 【台北時事】台湾外交部(外務省)は28日、次期駐日代表(大使に相当)に沈斯淳次官
(58)を充てる人事を発表した。馮寄台代表(65)は依願退職する。沈氏は近く着任の予
定。

 沈氏は駐カナダ副代表や駐チェコ代表などを歴任。次官就任後はアジア太平洋地域を担
当しているが、対日外交の実務経験はほとんどない。同部によると、外交経験の豊富な沈
氏の起用により、日本との友好関係をさらに強化できると判断した。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」
 
  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg


◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , ,