台湾の検察特捜部が李登輝元総統を起訴 不可解な起訴内容

台湾の検察特捜部が李登輝元総統を起訴 不可解な起訴内容
黄昭堂主席「台湾と日本の司法は根本的に違う。心配する必要はない」

6月30日、最高検の起訴を受け、李登輝元総統の弁護士・顧立雄氏と李登輝事務所の王燕
軍主任が午後2時30分から台湾大学校友会館において記者会見に臨んだ。また、本会の早川
友久・台北事務所長は記者会見後、黄昭堂・台湾独立建国聯盟主席に起訴についての見解
を聞いた。

 記者会見の模様と黄主席の発言はすでに本会ホームページに関係写真とともに掲載して
いるが、ここに改めてご紹介したい。

◆ 日本李登輝友の会ホームページ
  http://www.ritouki.jp/


台湾の検察特捜部が李登輝元総統を起訴 不可解な起訴内容
黄昭堂主席「台湾と日本の司法は根本的に違う。心配する必要はない」

 台湾の特捜部にあたる最高法院検察署特別偵察組(特偵組)は、6月30日午前10時30分か
ら会見を開き、李登輝元総統と「台湾総合研究院」創設者で初代院長の劉泰英氏が国家機
密費約780万ドル(約6億3千万円)を横領し、「台湾総合研究院」の設立費用に充てたとし
て、公有財物横領の罪で起訴したと発表した。

 これを受け、午後2時30分から李登輝元総統の弁護士・顧立雄氏が、李登輝事務所の王燕
軍主任とともに台大校友会館で会見を開き「起訴内容は事実と全く異なる」と反論。「総
統は予算分配に同意するが、その後の執行には関与しない」など、起訴内容と法律要件が
符合していない、と指摘した。

 一連の会見を受け、本会台北事務所は李登輝元総統と親しい黄昭堂・台湾独立建国連盟
主席を訪問、この件に関しての印象を聞いた。

問「起訴の一報を聞いたときの印象は?」

黄主席「時には政敵を潰すために司法を利用するのが中国人のやり方。李登輝元総統
 は”棄馬保台(馬英九氏を放棄して、台湾を守ろう)”をスローガンに馬政権を批判し
 てきた。来年の選挙戦が近づいてきたので、国民党が口封じをしようとしたのだろう」

問「台湾国内への影響はあるか?」

黄主席「大きな影響はない。台湾人は国民党のやり方を熟知している。法に基づかないや
 り方は彼らの常道」

問「日本人も大きな関心を寄せているが?」

黄主席「台湾と日本の司法というものは全く違う。日本の方は冷静に見ていて欲しい。国
 民党が司法を利用して仕掛けてきているだけなので心配する必要はない」

 なお、この件に関し、台北地検は2003年に国家安全局の元会計長を起訴していたが、裁
判では1、2審ともに無罪が確定しており、なぜ今になっての起訴なのか不可解さは否めな
い。

 李登輝元総統は昨年6月に行われたデモで「棄馬保台」を明言。来年1月の総統選挙に向
け蔡英文・民進党主席を支持するのは確実で、国民党側が李元総統の批判を封じようと機
先を制した、という見方が有力だ。

 7月1日夜、李登輝元総統は台北市内で開かれる台湾団結聯盟のパーティーに出席する予
定で、民進党の蔡英文主席とともにスピーチすることになっている。

 李元総統の弁護を担当する顧立雄氏は台湾大学法律系卒業後、ニューヨーク大学で修士
号。現在は台湾最大規模の萬国法律事務所に所属する辣腕のパートナー弁護士。陳水扁前
総統一家の弁護を務めたことで一躍その名が知られた。

 両親ともに上海出身の外省人だが、台大在学中に受けた法学教育を通じて政治思想に大
きな影響を受けた。さらに、黄信介・元民進党主席の講演を聞いたのをきっかけに、台湾
の前途に貢献しようとの考えを固めたという。

[RelationPost]


● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。               (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , , , , ,