台湾と私  阿川 弘之(作家)

台湾と私  阿川 弘之(作家)
本会の機関誌「日台共栄」では毎号、巻頭エッセイとして「台湾と私」を掲載、主に理事の方々
に執筆いただいている。実は創刊号で、当時の会長だった阿川弘之氏に「台湾と私」と題して寄稿
いただいたのが嚆矢で、以後、この題をリレー・エッセイのタイトルとして書き継いでいます。

 阿川先生を偲び、感謝の念を捧げながら、創刊号掲載の「台湾と私」をご紹介します。阿川先生
は歴史的仮名遣いで書かれる方でした。掲載時も仮名遣いは原文のままです。ただし、本誌掲載に
あたりましては、漢数字を算用数字に直したことをお断りします。


台湾と私  阿川 弘之(会長・作家)
【機関誌「日台共栄」創刊号:平成16年(2004年)6月1日発行】

 昭和17年の暮、私は台湾高雄州東港の、海軍航空隊の中で、海軍士官(学徒出身の予備士官)に
なる為の基礎教育を受けてゐた。

 ある日、東港の町の小学生たちが先生に引率されて、「海軍さん慰問」にやつて来た。年末の学
芸会みたいなもので、色んな唱歌や踊りを披露してくれるのだが、特によかつたのは「一茶の小父
さん」――、陳氏某、林氏某と胸に名札をつけた可愛い女生徒の一と組が、江戸時代の童(わら
べ)になつて、俳人一茶に、小父さんのくには何処かと訊ねる。

「はいはい私のおくにはのう
 信州信濃の山奥の
 そのまた奥の一軒家」

 そこで雀とお話をしていたのぢやと、一茶が答へる。冬も暑い南台湾で、きびしい訓練に明け暮
れてゐる私ども五百数十人の同期生、この歌を聞きながら雪の信州を思ひ出して、みんなしんみり
させられた。

 それから30余年の歳月が過ぎ、戦後初めて台湾旅行の機会に恵まれた私は、台湾人の友人に案内
してもらつて、なつかしの東港を訊ねて行つた。あの、色の浅黒い可愛い女生徒たちも、もう中年
の小母さんになつてゐるはずである。誰か、当時のことを語り合へる小母さんに会つてみたかつ
た。

 突然の要望で、それらしき人は中に見つからなかつたが、偶然、東港小学校の昔の校長先生と出
くはした。

「さうか。あんた東港航空隊にゐたか。そりやなつかしいだろ。今夜東港に泊つて、名物の蟹食べ
て行け。いつ頃東港にゐたか」

 足の少し不自由な老校長先生が仰有る。当時台湾は、蒋政権下の中華民国、失礼の無いやうに
と、頭の中で勘定して、

「民国31年の10月から32年の4月まで……」

 言ひかけた途端、思ひもかけぬ一と言が返つて来た。

「年号は昭和で言はないと分らないよ」

 びつくりすると同時に、私は涙ぐみさうになつた。

 かねて、台湾には日本統治時代、日本語教育のよき一面を、ちやんと認めて、日本をなつかしむ
人たちが大勢ゐると聞いてゐたが、ほんたうにさうなんだなと思つた。実際、東港周辺だけに限つ
ても、東港駅の駅長や、東港線の列車の車掌や、私が日本人旅行者と知つて、なつかしげに声を掛
けてくれる人が、老校長のほかに何人もゐた。

 ただし、その「大勢」の中から、10年後、ちやうど年号の「昭和」が終る頃、李登輝といふ傑出
した政治家があらはれ、台湾の総統に就任するとは、想像もしてゐなかつた。台湾生れ台湾育ちの
新しい総統は、新渡戸稲造の「武士道」を高く評価し、日本人よ、武士道精神を忘れるな、もう少
し自信を持ちなさいと、自信喪失症の私たちを励ましてくれる人でもあつた。

 個人的に李先生と接触が生じるずつと前の話だが、ある会合の席上、

「今、アジアで一番立派なステイツマンぢやないかね」

 私が言つたら、一人にやりとするのがゐた。

「アジアで? 世界でと、言ひ直していただきたいですなあ」

 それからさらに10数年の歳月が経ち、その総統が前総統になつて、現在やりたいことの一つは、
俳聖芭蕉の「奥の細道」をたどる旅、これはよく知られてゐる事実だが、私の方の、台湾をなつか
しむ気持の、元の元のところにも、実は前述の通り、俳人一茶がからんでゐるといふ奇妙な因縁が
あるのですよ。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。入荷は未定です。台湾ビール(瓶)と台湾フ
 ルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , ,