台湾「対日関係強化していく」江・海峡交流基金会理事長

台湾「対日関係強化していく」江・海峡交流基金会理事長
【8月27日 世界日報】

 台湾の対中国大陸窓口である海峡交流基金会の江丙坤理事長が26日、都内で講演し、
今年3月の総統選挙で政権交代が行われ、国民党の馬英九前主席が総統に就任したこと
で、今後、台湾政府は対日関係を疎かにし、大陸への傾斜を深めていくのではないかと
見られていることについて、「日本との関係を強化していく。もっと(日台関係を)深
く長く続けていきたい」との考えを改めて強調した。

 江理事長は、「日本の政府開発援助(ODA)、資本、技術がなければ今日の台湾は
なかった」とし、今後も「対日経済交流に力を入れていく」としたうえで、中国との関
係が冷え込んだ民進党の陳水扁政権時代に、台湾が経済的に落ち込んだ点を指摘し、い
まや「世界の工場、市場」となっている中国との経済関係強化が台湾経済の発展を大き
く左右する現状を訴えた。

 また、中国との関係や国の有りようについて、台湾住民の大多数が「現状維持」を望
んでいることを紹介し、「台湾政府の最大の目標は経済成長を遂げ、国民を豊かにする
ことであり、そのためには両岸(台湾・中国関係)の平和的発展は絶対条件だ」と述べ
た。

 そして、これからの課題として、▽中国との対話と交流の再開▽航空便の定期化▽開
放空港の増加などを挙げ、さらに来年以降の交渉課題として、金融問題、知的所有権、
投資保証協議、二重課税問題などに取り組んでいくとした。

 6月に中国の海峡両岸交流協会と合意した中国からの観光客受け入れ(1日3000人)
では、台湾の民主制度、自由・平等・人権の尊重、法治主義などを伝え、よい影響を与
える機会になるよう期待すると述べた。


●本誌の転載転送を歓迎
 台湾問題への認識を深め、本会などの活動をより多くの方々にご理解いただきたく、
 本誌の転載転送を歓迎します。また、本誌へのご意見・ご感想はバックナンバーの
 「このメルマガへのコメント」にお願いします。

 ■http://www.melma.com/backnumber_100557/

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3
 回以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合
 は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬



タグ: , , , , , , , , , ,