台北市李登輝之友会から本会への義捐金と支援物資の贈呈式

台北市李登輝之友会から本会への義捐金と支援物資の贈呈式
昨日、東京・千代田区内のホテルにおいて、このたびの東日本大震災に対する台湾・台
北市李登輝之友会から本会への義援金300万円と支援物資の手動充電式懐中電灯1,000個と
Tシャツ80枚の贈呈式が行われた。

 台北市李登輝之友会からは陳秀麗理事長をはじめ、黄天麟・元総統府国策顧問と夫人、
林保華・台湾青年反共救国団理事長と夫人、蔡美津・台北市李登輝之友会理事の6名、本会
からは小田村四郎・会長、黄文雄・副会長(評論家・拓殖大学客員教授)、川村純彦・常
務理事(海将補)、三宅教雄・常務理事(元海上保安大学校長)、梅原克彦・常務理事
(前仙台市長)、柚原正敬・常務理事兼事務局長などが参加した。

 小田村会長は、台湾で集まっている義援金の総額が150億円近くに及んでいることなど、
東日本大震災に台湾の人々が寄せられる「台湾心情(真心)」に感謝の意を表するととも
に、本会から「感謝広告に関する政府への要望」を呈したことや山谷えり子参院議員が国
会で松本外務大臣を追及したことなどに触れ、本会として台湾紙に感謝広告を出さない日
本政府の非礼をお詫びするとともに政府の対応を改めて非難した。

 陳秀麗理事長は、震災で亡くなられた方々に哀悼の意を表するとともに、台北で開催し
たチャリティーコンサートの模様について述べ、義援金と支援物資が少しでも役に立てた
ら嬉しいと述べた。

 黄天麟氏や林保華氏もそれぞれ一言ずつ挨拶、また本会側からもそれぞれに御礼の挨拶
を申し上げた。その中で、梅原常務理事は、2007年に李登輝元総統が仙台・松島を訪問さ
れた際に作られた俳句の句碑が無事であったことを紹介すると、いっせいに拍手が沸き起
こった。また、進行役をつとめた柚原常務理事が、発売中の「文藝春秋」5月号を掲げて李
元総統が寄稿されていることを紹介して回覧すると、台湾の皆さんは関心深げに見入り、
黄天麟氏はページを繰って読まれていた。

 この贈呈式の模様は、本日付の「自由時報」でも報道されているので、下記にご紹介し
たい。

 なお、この義援金と支援物資はこれまでの「お見舞い募金」とともに、福島、宮城、岩
手の本会支部を通じて被災地支援のために使われる予定だ。
 
■ 自由時報「台北李登輝之友會 捐300萬日元賑災」(4月25日)
  http://www.libertytimes.com.tw/2011/new/apr/25/today-int3-2.htm

[RelationPost]


● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,