南国は椰子が飲み頃小雪日  杜 青春(台湾川柳会代表)

日本と台湾は地理的に近く、心の距離も近い。台湾には日本語で俳句や和歌、川柳を詠む会があることがそれを象徴している。

 台湾歌壇代表の故蔡焜燦先生は、なぜ台湾の人々の中に日本語で俳句や和歌や川柳が詠まれているのか、その背景について次のように話されていた。

<蒋介石時代に何かの会があって、それに「台湾」と付けられたら、すべては反乱罪になりました。あの有名な金美齢先生が日本へ留学して早稲田に入って、そこで台湾人を集めて「台湾稲門会」をつくりましたが、名に「台湾」を付けただけで、金美齢先生はブラックリストです。30数年間帰って来られませんでした。蒋介石たちは我々に「台湾」という意識を消し去ろうとしたのです。

 だから我々は台北歌壇というのを台湾歌壇の名前を正しました。「台湾川柳会」も昔は「台北川柳会」でした。今は堂々と「台湾川柳会」で川柳をやっています。台湾の日本語世代の人は、和歌を詠み、川柳を詠み、俳句を詠み、そして美しい日本語を守るということで、100人以上の会員が今でも美しい日本語の勉強会をやっています。それに対して我々はね、一つの矛盾も感じないし、非常に自然な形で日本の方と付き合っています。>

 本誌でも東葛川柳会代表で全日本川柳協会副理事長の江畑哲男(えばた・てつお)氏の活躍ぶりを何度かご紹介しているが、この江畑代表と台湾川柳会の杜青春代表の交流は長く深い。江畑代表は2014年に台湾川柳会20周年を記念し、台湾川柳会と共著で『近くて近い台湾と日本〜日台交流川柳句集』を出版してからは、相互訪問を繰り返し、さらに交流が密になっている。

 杜青春代表は、新葉館出版がホームページに設ける19人の「作家ブログ」にも、江畑代表とともに執筆している唯一の台湾人だ。

 去る11月17日に「2019年バシー海峡戦没者慰霊祭」が開催され、杜代表も参列したところ、なんとと千葉川柳番傘代表の宗吉みお氏とばったり出逢われたという。近くて近い日本と台湾の間柄を証するような出逢いだ。

 杜代表はさっそくブログにそのときの写真とともに驚きぶりをつづっている。下記にご紹介したい。杜代表が「8/26ブログで紹介した『湾生』根井ご夫妻の付き添い」のブログもご覧ください。

◆大発見 湾生と巡る縁の地[杜青春川柳Blog:2019年8月26日】 https://shinyokan.jp/senryu-blogs/seishun/

◆東葛川柳会 http://tousenkai.cute.coocan.jp/

—————————————————————————————–南国は椰子が飲み頃小雪日【杜青春川柳Blog:2019年12月7日】https://shinyokan.jp/senryu-blogs/seishun/

 台湾とフィリピンの間に位置するバシー海峡。大東亜戦争末期、南方に向かって航海中の船舶が、米軍の潜水艦による魚雷によって撃沈され、「魔の海峡」、「輸送船の墓場」と恐れられました。この海峡では少なくとも10万、最大で26万とも言われる多くの戦没者が眠っています。

 バシー海峡を望む台湾最南端にある潮音寺は、1944年8月に玉津丸が撃沈された後、12日間の漂流の末、九死に一生を得た中嶋秀次さん(2013年10月、92歳で死去)によって、1981年にその半生と私財を投じて建立されました。今日に至るまで、台湾の人々の多大なお力添えの下、バシー海峡戦没者の慰霊施設として存在しています。

 戦後70周年にあたる2015年、潮音寺にてバシー海峡戦没者慰霊祭を開催しました。以来、毎年11月に慰霊祭を執り行ない、バシー海峡に眠る戦没者を慰霊しています。

 以上が「バシー海峡戦没者慰霊祭」の紹介文です。去る11/17初参加しました。きっかけは8/26ブログで紹介した「湾生」根井ご夫妻の付き添い。

 なんの予備知識もないまま、台湾最南端、穏やかな海を眺めながら、10万や26万の戦没者、どんな情景だっただろう。不謹慎ながら映画タイタニックを思い出した。

 すると、後から「ひょっとしたら、台湾で川柳をやっておられる杜青春さん?」……!!!!!?????

 振り向くと70代白髪の紳士がいた。なんと千葉川柳番傘代表の宗吉みお先生

 「以前、東葛川柳会でお会いしてましたよ。」

 宗吉先生はご兄弟で慰霊祭に参加され、弟君は74歳。「父にだっこされたのは一回のみ、バシー海峡で戦没された」という。

 台湾最南端まで来て、なお川柳仲間に出会うとは……。不思議なご縁をくれた先人たちに感謝しながら、海に向かって合掌した。

 標題の句、海岸からバスに戻る時、椰子の実の屋台がズラリ並んでいた。「ココナッツジュース、オイシイ!」とカタコトの日本語でセールスしていた。暦では小雪だった。

            ◇     ◇     ◇

杜 青春(ト・セイシュン)。台湾台北在住。台湾川柳会代表。台北俳句会、春燈俳句台北句会、台湾歌壇の会員。2014年、台湾川柳会20周年を機に江畑哲男氏・台湾川柳会共著で『近くて近い台湾と日本〜日台交流川柳句集』を出版。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*『パイナップルケーキ』は予定どおり11月末に入荷し、検疫も通過しましたので、12月11日から
 配送できるようになりました。(2019年12月10日)

*『台湾産天然カラスミセット』の在庫が切れました。ご迷惑をお掛けします。入荷の見込みが立
 ち次第ご案内申し上げます。(2019年12月10日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , ,