先読み『日台共栄』8月号! 特集は「台湾をめぐる教科書問題」

先読み『日台共栄』8月号! 特集は「台湾をめぐる教科書問題」
内田勝久・交流教会前台北事務所長インタビューや藤井厳喜氏も執筆

 本会の機関誌『日台共栄』8月号(第8号)が間もなく刊行されます。8月の第1
週には会員の皆様のお手元に届く予定です。
 8月号もまた盛りだくさんの内容です。
 特集は「台湾をめぐる『教科書問題』」。現在、採択真っ最中の中学校教科書
ですが、採択で使われている最新の歴史教科書の内容を検証し、目を覆いたくな
るような現状を摘発しています。また、本誌「メールマガジン日台共栄」でも中
学校地図帳における台湾の取り扱い問題を報道していますが、実際の地図帳を掲
載して問題点を指摘しています。
 また、台湾と断行後、初めて天皇誕生日祝賀会を開催したり、叙勲者を出すな
ど日台関係に新地平を切り開いた交流教会前台北事務所長(駐台湾大使に相当)
だった内田勝久氏のインタビューを掲載しています。李登輝前総統の慶応大学で
の講演会がなぜ実現しなかったのか、昨年12月の来日はなぜ実現したのかなど、
興味深いテーマに答えていただきました。さらには、今後の日本の台湾との関係
についてたいへん重大な提案もしていただいており、関係者必読の内容です。
 理事で福岡県支部長の大矢野栄次氏と同じく理事の藤井厳喜氏には、李登輝前
総統と会見したときの模様を執筆していただいています。石川県議会議員で台湾
李登輝学校研修団一期生の宮元陸氏には、台南県との間で進められている姉妹県
交流について書いていただきました。
 このところ新刊書が目白押しで超多忙の黄文雄・常務理事ですが、「日台共栄
前史」が復活しました。
 このようにたかだか32ページの『日台共栄』ですが、日台関係に関心がある方
には必読の内容となっています。機関誌『日台共栄』は学生会員を除く全会員へ
送っています。ご希望の方は、ご入会のほどお願いします。ただし、見本誌をお
送りすることはできますので、下記の要領に沿ってお申し込みください。
■見本誌ご希望の方
 見本誌をご希望の方は、80円切手を5枚、「見本誌希望」とお書き添えの上、日
 本李登輝友の会までお送りください。送料サービスで最新号をお送りします。
 
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
 E-mail ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


機関誌『日台共栄』8月号の主な内容

特集●台湾をめぐる「教科書問題」
中学歴史教科書では分らない台湾の実態●本誌編集部
台湾を中国領と教える中学校社会科地図●本誌編集部

台湾と私(8) 李登輝前総統と花蓮・太魯閣●大矢野栄次
私の「台湾体験」とこれからの日台関係●内田勝久
日台共栄前史(7) 黒潮が運んできた日本の南方文化的要素●黄 文雄
李登輝先生会見記●藤井厳喜
石川県と台南県の姉妹県交流をめざして●宮元 陸


●メルマガのお申し込み・バックナンバー・退会はこちらから。
 http://www.melma.com/mag/57/m00100557/
●ご意見・ご感想はこちらに。
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
●ホームページはこちらから。
 http://www.ritouki.jp/


マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
発 行 日:毎週配信
発   行:日本李登輝友の会


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,