今年も台湾で「天皇誕生日祝賀レセプション」が開かれ外交部長などが臨席

今年も12月13日に「天皇陛下御誕生日祝賀レセプション」が台湾で開催された。今年は李大維・
外交部長や邱義仁・亜東関係協会会長など外交をになう要人も臨席し、台湾各界から大勢の人々が
参加、日本のナショナル・デーである今上陛下のお誕生日をお祝いした。下記に中央通信社の記事
をご紹介したい。

 本会にも2012年よりご案内をいただき、毎年「祝 天長節」と書いた立札の生花をお贈りしてい
る。

 ちなみに、台湾で「天皇誕生日祝賀レセプション」が始められたのは13年前の2003年(平成15
年)12月12日のことで、故内田勝久・交流協会台北事務所代表の決断で開催した。この開催に猛抗
議したのが中国だった。「絶対受け入れられない。即刻、中止すべきだ」と鬼のような形相で抗議
したことを思い出す。

 なぜ中国は台湾での開催に抗議したのか。それは、天皇誕生日祝賀レセプションが日本のナショ
ナル・デー(国家の日)だからだ。

 ナショナル・デーは、その国にとってもっとも記念すべき日として定めた記念日のことで、独立
記念日や建国記念日が多い。アメリカなら独立記念日の7月4日、ドイツは東西ドイツ統一の10月3
日、フランスはフランス革命記念日の7月14日、イギリスは女王誕生日の6月第2土曜日、中国は国
慶節(建国記念日)の10月1日をそれぞれナショナル・デーと定めている。

 そこで、各国の在外公館は年に1度、その国の要人を招いてナショナル・デーを祝う盛大な式典
を開催している。

 台湾でも、すでにアメリカをはじめドイツやイギリスなどがナショナル・デーを祝う式典を開い
ていた。そこで、日本も台湾で天皇誕生日祝賀レセプションを開こうと考え、当時の内田代表は外
務省の了承を得て開催したのが2003年12月のことだ。

 初開催の動きを知った中国は「交流協会が大使館など在外公館で行われている国家的行事を行う
ことは民間団体の活動範囲を超えている」と北京の日本大使館に抗議し、開催されれば対抗措置を
取るとも示唆した。

 しかし、台湾でアメリカをはじめとする各国がナショナル・デーを祝うのはよくて、日本はダメ
というのでは筋が通らない。内田代表は中国の抗議を尻目に淡々と進めた。内田代表が2005年に退
任しても、その後の池田維、齋藤正樹、今井正、樽井澄夫の各代表、そして現在の沼田幹男代表も
天皇誕生日祝賀レセプションを開き続けている。

 中国の抗議はいまだに続いていると漏れ聞くが、外務省関係者は「李登輝元総統の来日にもいま
だに中国は抗議してくるが、それと同じで形式」と指摘し、まったく意に介していない。硬い土は
掘れないことを、天皇誕生日祝賀レセプションは証している。


台北で天皇誕生日祝賀会 外相、台日米による地域安定と発展に期待
【中央通信社:2016年12月14日】
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201612140001.aspx

 (台北 14日 中央社)日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所は13日、台北市内のホテルで
恒例の「天皇陛下誕生日祝賀レセプション」を開催した。

 李大維外交部長(外相)は挨拶の中で、台湾と日本は民主、自由、人権の普遍的価値観を共有
し、「両国民の絆も極めて深い」と良好な関係を強調。台日米の共同による東アジアの安定と発展
に期待を寄せた。

 また、台湾の対日窓口機関、亜東関係協会の邱義仁会長は、「台日関係が新たな段階に入ること
を期待している」とし、経済、文化だけではなく、台湾が進める「新南向政策」の推進や観光振興
に台日共同で取り組みたい考えを示した。また、科学、防災などでの関係強化にも意欲を示し
た。

 会場では交流協会から日本文化の普及に尽力する文化団体に感謝状が贈られ、台湾で唯一国際剣
道連盟に加盟している「中華民国剣道協会」と、台北市内で毎月句会を開く「台湾川柳会」の代表
者がそれぞれ受け取った。

                                      (齊藤啓介)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み【1,400円+送料】
https://goo.gl/pfgzB4

*岩波ホールでの一般券(当日券)は一般が1,800円、シニア・学生は1,500円です。

*ローソンチケット等でも1,500円で鑑賞券の取り扱いがございますが、岩波ホールのみ鑑賞可能
 な単館券になり、12月9日(金)までの販売です。

*岩波ホールは、障害者の方は1,400円、小・中・高校生は1,200円、上映最終回(月〜金19:00/
 土日祝18:30 )に限に限り大学・大学院・専門学校生の方も1,200円です。

*チケットは、理由の如何を問わず、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほ
 どお願いします。

● 映画「湾生回家」劇場情報【2016年12月14日現在】 http://www.wansei.com/theater/

・東 京:11月12日〜 岩波ホール(03-3262-5252)
・福 井:11月22日〜 メトロ劇場(0776-22-1772) *終了
・大 阪:11月26日〜 シネ・リーブル梅田(06-6440-5930)
・奈 良:11月26日〜 ユナイテッド・シネマ橿原(0744-26-2501)
・徳 島:11月26日〜 ufotable CINEMA(088-678-9113)
・福 岡:12月10日〜 KBCシネマ(092-751-4268)
・青 森:12月10日〜 シネマ・ディクト(017-722-2068)
・京 都:12月17日〜 京都シネマ(075-353-4723)
・宮 城:12月24日〜 フォーラム仙台(022-728-7866)
・愛 知:12月25日〜 名古屋シネマテーク(052-733-3959)
・静 岡:01月07日〜 静岡シネ・ギャラリー(054-273-7450)
・鹿児島:01月14日〜 ガーデンズシネマ(099-222-8746)
・兵 庫:01月21日〜 元町映画館(078-366-2636)
・岡 山:01月28日〜 シネマ・クレール丸の内(086-231-0019)
・岩 手:02月04日〜 盛岡ルミエール(019-625-7117)
・岐 阜:02月04日〜 CINEX(058-264-7151)
・北海道:02月04日〜 シアターキノ(011-231-9355)

*近日公開予定館
 静岡:CINEMA e_ra、新潟:新潟シネ・ウインド、高田世界館、富山:ほとり座、長野:長野松
 竹相生座ロキシー、広島:サロンシネマ、シネマ尾道、香川:ホール・ソレイユ、愛媛:シネマ
 ルナティック、宮崎:宮崎キネマ館、沖縄:桜坂劇場

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)の在庫がほとんど切れかかっています。お申し込みの受付は、卸元に在庫を確
 認してからご連絡しますので、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

*今年の暮はパイナップルケーキのお申し込みが多く12月8日から在庫が切れていましたが、12月
 16日に入荷予定です。【2016年12月15日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ』 *new
・『台湾史小事典』(第三版)  *new
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,