中国恐怖症  アンディ・チャン

中国恐怖症  アンディ・チャン
【AC通信:No.511 Andy Chang:2014年9月8日】

 アメリカが中国の南シナ海に於ける勝手な侵略を批判したら、中国側は逆に「内政干渉」だとア
メリカを攻撃した。アメリカの偵察機に中国の戦闘機が異常接近して抗議したら中国側はアメリカ
の偵察機が接近したのだと真っ赤な嘘を吠えた。

 中国は世界の国々と違うケダモノ国家だ。それなのにアメリカを始めとする諸国は中国の理不尽
な主張を容認し、中国を怒らせるなとへりくだった友好政策を取る。諸国の指導者たちは何故こん
な馬鹿な政策を採る必要があるかと考えたことはないのか。諸国は中国恐怖症(シノフォビア)に
罹っているのではないか。大いに反省すべきである。中国恐怖症は早急に阻止すべきだ。

 20世紀は諸国が共産主義の浸透、赤のスパイを防ぐことに甚大な努力を払ったのだった。21世紀
の世界は中国の覇権侵略とシナのスパイ浸透を防ぐことが重要課題となるだろう。

 諸国は中国と断絶しても大きな影響はない。中国と経済交流を中止しても大きな影響はない。だ
が中国は諸国との政治経済交流が絶対必要である。諸国は中国の横暴な条件や主張を呑んで国交を
続ける必要はない。中国と国交を続けるなら中国が世界共通の道徳を守ることを最低条件とすべき
である。

●台湾の民進党は中国恐怖症

 中華民国は中国と一緒に台湾併呑を図っているが米国は黙視している。台湾人の政党を名乗る民
進党も中国恐怖症に罹っている。民進党は人民の独立願望を無視して親中政策を取る。

 民進党の党首・蔡英文の幕僚である姚人多が最近、民進党の抱える「五つの困難」を挙げて講演
した。

(1)国民党の「92共識(中国は一つだが、双方の解釈が違うだけと言う中国と中華民国の勝手な
 主張)」に反対する主張がない。

(2)民進党は台湾独立の主張は民衆の票が取れないと断定した。民進党は本土路線を採りたい者
 も居るが、少数派で採れない。

(3)選挙は金、金とは経済、経済とは中国投資。中国を怒らせてはならない。民進党が政権を
 取っても中国が容認する政策が無い。

(4)中国が国民党とグルになって選挙に介入するのを防げない。だから民進党は選挙に勝てな
 い。

(5)中国側の提示したメッセージは、民進党執政は中国側が容認するものでなければならないと
 言う一種の黙契が必要と言う。中国を怒らせては選挙に勝てないし、民進党独自の政策も出せな
 い。

 この「五つの困難」を読むとわかるように、中国が民進党をコントロールしているのである。民
進党は選挙で政権を取りたいが、政権を取っても中国の附庸(属国)に変わりはない。民進党は救
いが無いほど中国恐怖症に犯されている。

 選挙に勝ちたいなら民衆の願望を熟知し、どんな政策があるか民衆に知らせるべきなのに、中国
の意向を気にしているだけである。人民の独立願望に対しては独立では票を取れないと勝手に断定
している。これでは民心が乖離しても当然だが、民進党は台湾人なら必ず民進党に投票すると思っ
ている。

 台湾人民は何を望むかと言えば、反併呑、反武力、台湾は中国の領土ではないことだ。民進党の
言う独立はリップサービスだけで、実は独立では票が取れないと断定している。民進党が政権を
取っても中国は台湾併呑の野心を棄てないから、いずれ併呑される。民進党はなぜ台湾が最終的に
併呑される政治をやるのか。

●日本の親中路線

 安倍首相のダイアモンド構想は中国の覇権侵略を防ぐ上で非常に役立つと認められてきた。しか
し日本の外交部は中国と仲良くしたい、中国を怒らせるなという政策を採ってきたと言われてい
る。しかも今回の内閣改造では谷垣幹事長、二階総務会長、竹下復興大臣、小渕経済産業相、高村
副総裁などが親中派であるという外国の報道がある。果たしてそうだろうか。日本は中国恐怖症か
ら抜け出すべきである。

 日本の外交部は日本と中国の友好政策を採り続けてきた。しかし異常なケダモノ国である中国に
対し日本が積極的になる必要はないし、中国側にバカにされるだけだ。日本はすべての政策で中
国、習近平に利することをやめるべきである。

●アメリカの親中路線

 オバマは親中だけでなく、シリア問題、イスラム帝国、ウクライナ問題、アメリカ記者が斬首さ
れた事件など、介入を避け、出兵を拒んでいる。このオバカ大統領は世界の笑いものにされても兵
力投入を拒んでいる。オバマが中国に対し強硬手段を取るとは思えないし、中国もそれを見越して
領土侵略をやめない。

 アメリカのメディアは親中論文が多勢で、なかには中国に買収されたような主張を発表し、台湾
を棄てろ、台湾を棄てて中国と仲良くしろという論文が多い。アメリカ政府には中国恐怖症に罹っ
た公務員もかなり居る。中国から移民した者の中にはスパイがたくさん居て、ロビー活動、メディ
ア買収、政界学界買収も明らかである。

●シナのスパイは世界の癌

 今では世界各地に中国の移民が多数入り込んでいる。学生も商人も普通の移民も居る。中国の人
口、13億のうち1億が外国に移住すれば彼らの中の一部がスパイだとしても大問題である。

 民主と自由がある世界で中国に有利な宣伝を止めることはできない。

 政府、製造会社、研究機関、大学や中学など、各方面に中国人が入り込めば、この一部が共産シ
ナの情報員だとしても、民主国家では殆ど無制限、勝手に活動できる。「シナのスパイは民主国家
の癌」と言っても過言ではない。

 20世紀は赤のスパイ、共産主義の浸透を抑止することだった。21世紀の大きな課題はどうやって
シナのスパイ、中国の覇権浸透を抑えるかである。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze【携帯用】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , ,