ホテルのドアを蹴破って人権弾圧 張志軍・中国国務院台湾事務弁公室主任訪台で

ホテルのドアを蹴破って人権弾圧 張志軍・中国国務院台湾事務弁公室主任訪台で
6月25日、中国国務院台湾事務弁公室の張志軍主任が台湾の王郁[王奇]・大陸委員会主任委員と2
回目の閣僚級会談を主な目的に初めて台湾を訪問した。

 ところが、桃園空港には張氏の訪台を歓迎する団体とそれに抗議する市民らが集まり、中国大陸
との統一に反対する野党・台湾団結連盟の支持者らは「張志軍よ、(大陸に)帰れ」などと書かれ
た横断幕やプラカードを掲げ、警察と揉みあいになった(中央通信社)という。

 また、驚いたことに、報道によれば、会談が行われた「台北ノボテル桃園国際空港ホテル」に宿
泊していた抗議団体の弁護士や大学教授ら7名が宿泊した部屋に、張志軍主任が到着する前の午前9
時ころ、公安とおぼしき警察が令状もなく、ドアを蹴って強引に突入、強制退去させようとしたと
いう。しかし、室内にいたメンバーはそれを拒絶すると10時間以上にわたって拘束したと伝えてい
る。

 この場面はすでにYouTubeにアップされている。百聞は一見にしかず、削除されないうちに、と
くとご覧いただきたい。なんとも荒々しいやり方だ。これはまるで「予防拘禁」で、台湾の暗黒時
代といわれる「白色テロ」の再現ではないか。法治国家にはあってはならない人権弾圧だ。

 馬英九総統は天安門事件25周年を迎えた6月4日、談話を発表している。そこでは「このようなき
わめて大きな歴史的な傷の痛みに直面し、私は中国大陸当局がこれを真摯に考え、速やかに名誉回
復し、このような悲劇が永遠に再び起きないよう切に願っている」と述べた。また「台湾は戒厳令
解除から今日までの27年間、様々な争議や抗議が何度も発生した。しかし、我々の社会はますます
包容力を持つようになり、様々な異なった意見により、もたらされた対話および反省を受け入れる
ことさえした」と、台湾が真の民主主義と法治を堅持するようになった経験を誇った。

 そして「中国大陸当局が、意見の相違を許容することができたならば、権力を持つ当局者のス
ケールの大きさと正当性を引き上げることができる」とさえ述べ、中国の民主化を促したのだっ
た。

 しかし、その下の根も乾かないうちに、意見の相違を許容しない人権弾圧という悲劇を起こして
いるのだ。日本ではこれを「二枚舌」と言う。馬総統はこれで台湾内ではますます信用を落とし、
世界の信頼をも失いかねないだろう。

◆ホテルの扉蹴り公安突入 台湾
 http://youtu.be/wHnPHKsGRMs


中国と台湾、閣僚級会談の裏で発生した強制退去・軟禁騒動
【THE PAGE:2014年6月26日】

 中国との提携をめぐり、台湾で新たな衝突が勃発した。台湾政策を担当する中国・国務院台湾事
務弁公室主任の張志軍氏は6月25日、台湾に初訪問し、台湾桃園国際空港近くの「台北ノボテル桃
園国際空港ホテル」で、台湾側の中国政策担当閣僚・王郁※キ氏と閣僚級会談を実施した。同ホテ
ルには、張氏の訪台に抗議する団体のメンバーら7人が会談前日から宿泊しており、客室で抗議活
動の下準備をしていたところ、警察が客室内へ強引に突入、メンバーらを10時間以上にわたって拘
束したという。(※キ=王へんに奇)

頼んだ覚えのない不意の「ルームサービス」

 会談では、中国━台湾間の経済協力や相互拠点事務所の設置などに向けた話し合いが行われた。
これに対して「民主闘陣」などの抗議団体が「中国による内政干渉だ」と反発し、会談を阻止する
ため、前日の24日から同ホテルの客室に宿泊していた。

 ところが、25日午前9時ごろ、「ルームサービス」と称して、警察やホテルのスタッフ10数人が
客室のドアを開けるよう要求。メンバーらに拒否されると、ドアを足で蹴り、押し破って中に突入
した。警察が退去を求めるも断られたため、全員を客室内に軟禁。メンバーの一人は、突入時の動
画をフェイスブックに掲載し、現場の状況や情報を発信し続けたが、投稿に気づいた警察がネット
接続を切断。メンバーらは、ルームサービスで水や食料を要求するもホテル側に断られ、飲まず食
わずの状態で10時間以上も隔離されたという。

 同日午後7時過ぎに会談が終わり、メンバーらはホテルの裏口から外へ出るよう要求され、警察
の車両によって護送された。軟禁されたメンバーの一人で、弁護士の頼中強氏は「中国の官僚が来
ただけで、我々の自由が奪われてしまうのか」と話した。

警察「軟禁の事実は一切ない」

 26日朝、警察は記者会見を開き、ホテル側が「予約した人数と実際に泊まった人数が違うため、
警察に通報した」とし、「ルールに違反したので宿泊契約を解除したと聞いた」と、ホテル側と口
をそろえる。事件が発生したホテルは、台湾の航空会社「チャイナエアライン」が100%出資のホ
テル。チャイナエアラインは、台湾政府と国民党の資金によって設立され、のちに民営化した会社
である。

ホテル側の行為に各界から批判の声

 今回の騒動に対して、台湾の東華大学社会学部教授・施正鋒氏は「ホテルのやり方は野蛮だ」と
怒りをあらわにした。また、「台湾民主を守る会」の理事長・徐偉群氏も「憲法では集会の自由を
保障している」とコメント、政治大学法学部副教授・劉宏恩氏は「令状もなしに部屋まで入り込む
のはダメだ」とフェイスブックに投稿した。弁護士のセン順貴氏によれば「ホテル側の行為は住居
侵入罪にあたる」としている。

会談抗議の裏に“統一”への危機感

 今回の会談は、中国━台湾間で経済的交流を深め、相互拠点事務所を設置することが主な目的で
ある。抗議団体は「両岸サービス業貿易協議」反対運動のときから、監視機能を定めた法令案の制
定を訴え続けてきたが、今回の会談でさらなる「密室協議」が進んでいる可能性がある、と主張し
ている。また、台湾に中国の拠点事務所が設置された場合、情報工作が一段と強化されるため、情
報の流出など、台湾への影響が大きくなる可能性が懸念されるという。議場占拠につながったサー
ビス貿易協議をめぐる「ひまわり学生運動」と同様に、中国との“統一”に対する危機感が、こう
した激しい抗議活動につながっているといえるだろう。

                  (文責:TomoNews(http://jp.tomonews.net/)/台湾)

動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=wHnPHKsGRMs

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 2014年・台湾アップルマンゴーお申し込み 【締切:7月22日】
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze【携帯用】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

※現在、パイナップルケーキは在庫切れです。7月上旬に入荷予定です。

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *new
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)*new
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , ,