いくら強調しても強調しすぎることはない日台漁業協定締結の意義

いくら強調しても強調しすぎることはない日台漁業協定締結の意義
去る4月10日、「日台漁業協定」(「日台民間漁業取決め」=正式名称「公益財団法人交流協会
と亜東関係協会との間の漁業秩序の構築に関する取決め」)が結ばれてから2年を経た。

 李登輝元総統が1996年に農林水産省に持ちかけて以来、日台漁業協定の締結は日台間の「最大の
トゲ」と言われ続けた難問だった。しかし、安倍晋三総理自身が明らかにしているように、強い政
治的主導と米国のバックアップにより、17年目にして17回目の協議でようやく妥結した。

 この協定のキイワードは「北緯27度」。北緯27度より南、日本の先島諸島より北の間の水域に
「協定適用水域」を設けることにより、日本と台湾は中国漁船の侵入を食い止めることで一致し
た。それゆえ、李登輝元総統は「歴史的快挙」と快哉を叫び、中国は「重大な懸念」を表明した。

 4月12日、馬英九総統は宜蘭県蘇澳鎮で開催された「台日漁業協議」調印2周年の活動に出席、同
協議調印2周年の成果と意義について説明し、台湾外交部も締結2周年の声明を発表したことを「琉
球新報」が伝えている。

 この日台漁業協定締結の意義は深い。いくら強調しても強調しすぎることはない。日台の最大の
懸案が解決されたことで、いわば、頭の上の重しが取れた状態となり、日台の実務関係はよりス
ムーズにかつ着実に伸展するようになっている。

 この年の11月5日には、交流協会と亜東関係協会は3つの取決め(「日台電子商取引取決め」、
「日台薬事規制協力取決め」、「日台航空機捜索救難協力取決め」)と2つの覚書(「日台特許等
優先権書類電子的交換了解覚書」、「日台鉄道交流了解覚書」)を締結した。

 また11月28日、本会の小田村四郎会長らが控訴人となったNHK「JAPANデビュー」裁判の
控訴審で逆転勝訴したこの日、日本と台湾は「金融監督協力覚書」(金融監督分野における相互協
力のための公益財団法人交流協会と亜東関係協会との間の覚書)を締結している。

 日台間で残っているのは二重課税問題だけと言われる。それが解決すれば、いつでも自由貿易協
定(FTA)や経済連携協定(EPA)の締結ができる状態になるという。

◆日台民間漁業取決め(全文)
http://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/15aef977a6d6761f49256de4002084ae/122d5ed43161e84049257b490024d3d4/$FILE/torikime.pdf


日台漁業協定2年 沖縄側に残る不満、台湾側は評価
【琉球新報:2015年4月15日】

 2013年4月10日に結ばれた日台漁業取り決め(協定)について、外務省に相当する台湾の外交部
は14日までに締結2周年の声明を発表し、同宜蘭県で調印2周年のイベントも行った。日本の排他的
経済水域(EEZ)内で、台湾が主張する海域での漁業問題は「適切に処理され、アジア太平洋地
域の安定と繁栄に貢献できた」と評価している。外務省は正式に声明を出していないが、3月の日
台漁業委員会で決定した新たな操業ルールに「一定の成果があった」と評価した。一方、県内の漁
業関係者からは「もともと、われわれの海域」と不満の声が挙がった。

 外交部の声明書は「『日台漁業協定』調印2周年の優れた成果」という表題で、「取り決めが締
結される1年前、17件争議があったが、現在は全くなく、良好な作業秩序が確立された」と評価し
ている。新たな操業ルールについて「日本の小規模な漁船を配慮し、海域によって昼夜交代操業な
どを原則とし、双方のトラブル減少や漁業者の操業利便性を高めた」と指摘。「今後も、日台漁業
委員会を通して、協議できていない海域について日本側と交渉していく」方針だ。

 外務省アジア大洋州局中国・モンゴル第2課の伊藤直人首席事務官は、日本側が声明を発表しな
いことについて「文化の違いもあると思う」と話し、その上で「漁業者がちゃんと安心して漁を
行ってもらうことが一番重要だ」と強調した。

 一方、県漁業協同組合連合会の国吉真孝会長は「EEZが国際法で決まる前まで、台湾漁船も日
本のEEZ内を操業していた」と説明し「EEZが決定後、台湾はそれまで使っていた漁場を使え
なくなった。もともと(台湾漁船が)使っていた漁場が戻って来たということでセレモニーを実施
したのではないか」とみている。「(協定の)適用水域内は、日本のEEZ内でわれわれの海に違
いない」と強調し、台湾側との認識の違いが浮き彫りになった。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王明理著『詩集・故郷のひまわり』*new
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , ,