【読者の声】上海から見えてくる台湾と日本 台湾オリジナル文字の創出を

【読者の声】上海から見えてくる台湾と日本 台湾オリジナル文字の創出を
●上海から見えてくる台湾と日本 I・S(上海 台湾李登輝学校研修団卒業生)

 私は現在、仕事の関係で、好むと好まざるとにかかわらず、中国の上海に滞在していま
す。中国は今回が初めてです。やはり、台湾とは文化が違います。中国人と一緒にされる
台湾人は本当に可哀そうです。

 こちらに来て2か月程が経ちましたが、改めて感じたことがいくつかあります。

・台湾産の物は、わざとらしくご丁寧に「中国台湾」と表示されてあり、むしろ不自然。

・売られている台湾の地図は全て、「中華人民共和国台湾省地図」。

などは、最初から予想されていたことでしたが、初めて知ったこともあります。

・日本にいる私の婚約者(台湾人)が、この間上海に来た時(初訪中です)、通常のビザ
 ではなく、「旅行証」と書かれた「中華人民共和国パスポート」を発行されて来た(表
 紙に「旅行証」という三文字が印刷がしてあるだけで、作りはそっくりそのままパスポ
 ートでした。あくまで「国民」扱いです)。

・テレビで「海峡チャンネル」という番組があり、台湾と福建省(アモイや泉州など)の 出来事をクローズアップした内容になっており、この地域の「家族意識」を喚起させて
 いるように見受けられる(在中の台湾人向けの番組でしょうか……)

 あと、日本人として最もショックで情けなく思ったことは、多くの日本人があまりにも
無知だということです。

 周りの日本人と現地中国人との会話の中で、「好きな中国人歌手」や「著名な中国人」
の話題が上がるのですが、日本人の口から出てくる「中国人」の名前が、ことごとく台湾
人の名前……。もちろん、聞いている中国人は「うんうん」と当然のように頷くだけ。

 彼らが台湾人であると知らなかった人もいましたが、中には台湾人と知っていて、あえ
て「中国人扱い」している人もいました。非常に情けなく聞くに堪えませんでした。

 「無知は罪である」と思ったのと同時に、やはり我ら日本人に対する正しい知識を広め
なければ、と感じた次第です。日本人に友好的な台湾人に対する、日本人の仕打ちがこれ
では恥ずかし過ぎます!

●台湾オリジナル文字の創出を  S・Y(静岡県沼津市)

 はじめまして。現在の日本の台湾人への誤った戸籍対策に端を発し、台湾人の方々が将
来的には台湾という独立した国家を世界に認めさせるのが最終目的であろうと思い、メー
ルさせていただきました。

 蒋介石らが持ち込んだ中国の秘宝がある限り、台湾は世界から中国としてみなされます。
これらの秘宝は、蒋介石が中国から不正に台湾に持ち込んだものであり、台湾の歴史には
何の関わりもないものですから、中国に返還するのです。

 中国政府と直接やりとりをすればその魂胆はたちどころに見破られるでしょうから、腐
敗にまみれてワイロでマルマルと太った複数の中国共産党員の中堅幹部に売りつけ、彼ら
が中国を逃げ出す前に「中国が国家として中国の秘宝である故宮博物院の秘宝を買い取っ
た」として世界に発表する。なんてどうでしょうハハハ。

 稚拙すぎるし、国民党政権下では到底無理ですよね……。

 ところで、台湾のホームページの本国版を拝見する場合、当然のように「このページは
中国語です。翻訳しますか?」と表示されます、発音は違っても漢字が一緒ならばしょう
がないのかもしれませんが、台湾オリジナルの文字を創出して「このページは台湾語で
す。翻訳しますか?」という表記が見たいですね。

 非常に無責任な意見ですが、世界(アメリカ)は台中関係が常に緊張状態になっていな
いと台湾に振り向いてくれないと思えます。常に国家としての台湾を世界に発信し続ける
ことが、危険と隣り合わせですが必要に感じます。

 このメールに目を通してくれた方がいらしたら、貴重な時間を潰してしまい、申し訳な
く思います。

 ただ東日本大震災で多額の寄付をしてくれた台湾に興味を持ち、台湾の方々が書き記し
てくれた戦前日本に関する書物を読んで、はじめて日本人として誇りを持つことができま

[RelationPost]


● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                    (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , ,