【蔡焜燦先生を悼む】 愛日家「老台北」が残した日本人への遺言  井上 和彦

【蔡焜燦先生を悼む】 愛日家「老台北」が残した日本人への遺言  井上 和彦
昨年、正論新風賞を受賞したジャーナリストの井上和彦(いのうえ・かずひこ)氏と蔡焜燦先生
の縁も浅からぬものがある。蔡先生は「日本の息子」と呼んでかわいがっていた。

 1990年代終わり、台湾を訪れた井上氏を烏来の高砂義勇隊慰霊碑まで案内されたのが蔡先生だっ
た。それ以来のご縁だという。蔡先生の名著『台湾人と日本精神』が日本教文社で販売停止措置を
受け、その後、小学館文庫から2001年9月に出版されているが、尽力した一人が井上氏だと漏れ聞く。

 井上氏が2005年夏に『親日アジア街道を行く』を出版した折、来日されていた蔡先生は、井上氏
がキャスターをつとめる日本文化チャンネル桜にゲスト出演されていた。同じく日本文化チャンネ
ル桜のキャスターをつとめていたフリーアナウンサーの芳賀優子(はが・ゆうこ)さんは井上氏夫
人で、ご夫婦で親しく交流していた。

 井上氏は、8月4日発売の月刊「SAPIO」9月号の巻頭「「SAPIO’S EYE」で蔡先生を悼む一文を
寄稿している。下記にご紹介したい。


愛日家「老台北」が残した日本人への遺言  井上 和彦
【月刊「SAPIO」9月号「SAPIO’S EYE」:2017年8月4日発行】

 一週間前に国際電話でお話しし、激励を受けたばかりだった。“愛日家”蔡焜燦(さいこんさ
ん)氏が7月17日に台北の自宅で亡くなった。90歳だった。

 蔡焜燦氏──司馬遼太郎氏の著書『街道をゆく 台湾紀行』(朝日新聞社)で、司馬氏の案内役
を務め、司馬氏との軽妙なやり取りが読者を惹きつけた。司馬氏をして「博覧強記の人」といわし
め、そして“老台北”(ラオタイペイ)として人気を博した蔡氏の死は日台両国にとって大きな損
失である。

 蔡焜燦氏は、日本統治時代の昭和2年(1927年)に台湾中部の台中州(現・台中市)に生まれ、
彰化商業学校を卒業した後、志願して岐阜陸軍航空整備学校奈良教育隊に入校する。その後、日本
が敗戦して台湾に復員した蔡氏は、学校の体育教師を務めたのち実業家に転身して半導体のデザイ
ン会社などを経営した。だが蔡氏は、こうして築いた財を日台交流のために惜しみなく投じて両国
の人材育成につとめたのだった。

 蔡焜燦氏は、こよなく日本を愛し、自ら、“親日家”を超える“愛日家”と称して日台交流の中
心的役割を果たしてきた。これまでどれほど多くの日本人が彼を訪ねていったことか。

 実業家でもあった蔡氏は、日本統治時代の第4代台湾総督・児玉源太郎の民生長官を務めた後藤
新平の遺訓「金を残す人生は下、事業を残す人生は中、人を残す人生は上」を胸に刻んで、将来の
日台交流を担う人士の育成に取り組んできたのだ。

 日本からの客人を迎える蔡氏は、決まって一流レストランで一流の台湾料理を振舞い、そして軽
妙な語り口で日本人が知らない感動的な日台交流秘話を披露して客人を感動の渦に包み込むのだった。

 これまで私も、数多の日本人を蔡焜燦氏に紹介して宴席を共にしてきたが、感動のあまり涙を流
す者も多かった。そうして会食が終わる頃には、皆はもれなく台湾が好きになり、なにより日本人
としての誇りを取り戻して日本が好きになっていたのである。その技はまさに“老台北マジッ
ク”ともいうべきものだった。

 そしてそんな宴席で蔡氏はいつも皆にこう投げかけた。

「日本人よ、胸を張りなさい! そして自分の国を愛しなさい!」

 蔡氏は、半世紀にわたる台湾の日本統治時代を高く評価する。日本政府は莫大な金額を投じて、
道路や鉄道などのインフラ整備をはじめ、台湾人のための医療機関や学校の設置などを行った。こ
のことによって台湾はまたたく間に近代化されていったのだった。蔡氏は、とりわけ当時の日本の
教育が今日の台湾発展の基礎を築いたと称賛する。

 台湾ではいまでも、「勤勉で正直、そして約束を守る」などもろもろの善いことを“日本精
神”(リップンチェンシン)と呼んで語り継がれている。蔡氏は、台湾人がもっとも尊ぶ日本統治
時代の遺産こそ、「公」を顧みる道徳教育などの精神的遺産だとし、それゆえに台湾人はどの国の
人々よりも日本を愛し尊敬しているのだという。

 だが蔡氏は、最近の日本人は、そんな先人の遺した“日本精神”を失いかけているのではないか
と嘆くこともあった。蔡氏は、国際社会における日本の弱腰姿勢に苛立ちを覚え、また現代日本人
の精神的荒廃に心を痛めていた。蔡氏はこううったえる。

《かつての日本人は立派だった。公職に就く者の心構えは民衆の絶大な信用を集め、人の生命を預
かる者の使命感に人々は崇敬の念をいだいたものである。今一度、故きを温ね日本人が世界に誇っ
た「魂」を学ぶべきであろう》(『台湾人と日本精神』)

 そしてなにより、蔡氏は、現代の日本人が先人への感謝を忘れ、日本人としての誇りや気概を失
いかけている現状を憂いていたのである。

 蔡焜燦氏は、“遺言”を新装著書『台湾人と日本精神』(小学館)のあとがきにこう残していた
のだ。

《私は死ぬまで日本と日本人にエールを送り続ける。自虐史観に取り付かれた戦後の日本人に、か
つての自信と誇りを取り戻してもらいたいのだ。
(中略)
 何度でも言わせていただく。
「日本人よ! 胸を張りなさい!」
 愛してやまない日本国と日本人へ、私からの“遺言”である》


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券お申し込み
https://goo.gl/pfgzB4

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,