【良書紹介】 濱口和久『だれが日本の領土を守るのか?』(たちばな出版)

友と敵分ける理由と背景 評・湯浅 博(産経新聞特別記者)
【産経新聞:平成24(2012)6月24日「書評」】
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120624/bks12062408330009-n1.htm

 米国が中枢同時多発テロの「9・11」を境に変わったように、日本は東日本大震災の
「3・11」を境に誰が友で、誰が敵なのかを明確に意識するようになった。いわば大震災が
友と敵を仕分けした。

 本書を一読すれば、その理由と背景がたちどころに分かるだろう。

 米軍は震災発生と同時に人員2万人、航空機、艦船をもって「トモダチ作戦」を展開し
た。中国からも15人の救援隊が送られてきたが、帰国すると、代わりに武装艦船を尖閣諸
島沖に送りつけてきた。ロシア軍も軍用機を日本領空に接近させた。自衛隊機が緊急対応
させられるから、復旧の足を引っ張った。

 幸いなのは、93の国と地域が計175億円の義援金を送ってくれたことである。台湾から
は、単独で200億円にのぼった。ところが、政府は大震災の1周年追悼式典に、台湾代表を
外交団リストからはずした。著者は「台湾への非礼、日本人として恥ずかしい」と外務省
を批判する。

 この一事をもって、日本を取り巻く国際環境が過酷で、複雑であることが分かる。そし
て、この一書をもって、「だれが日本の領土を守るのか?」という重要課題の答えを理解
することができる。

 わが日本には、北方領土よりも札幌雪祭りを優先する自民党首相がいた。「日本列島は
日本人だけのものではない」と平然といってのける民主党首相がいたりする。韓国に不法
占拠されている竹島に、政治家たちは冷たい。

 本書の白眉は、著者が義憤に駆られて平成16年3月に島根県松江市役所で本籍地を竹島に
移す場面だ。著者が本籍を移したとたんに、脅しの電話があり、逆に韓国から竹島への招
待が飛び込んできた。だが、旅券使用で竹島に上陸すれば、島が韓国領土であることを認
めてしまう。

 一事が万事で、腹黒い隣人たちの外交詐術は止めどない。対する日本は、「専守防衛と
いう幻想」を抱え、サイバー攻撃への備えが遅れ、わが尖閣への日本人上陸を認めない。
著者は「虚構の平和論では国は守れない」と言い続けている。

◆ 濱口和久著『だれが日本の領土を守るのか?─今、日本の国土が危ない!』
  たちばな出版、2012年5月31日刊、定価:1,470円(税込み)
  http://www.tachibana-inc.co.jp/detail.jsp?goods_id=2941

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

●李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg


◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , , , , ,