【祝】 高千穂の旅館「神仙」と静宜大学が「産学協定」を締結

昨日の宮崎日日新聞に、高千穂町の旅館「神仙」が台湾の台中市にある静宜大学と産学協定を締結したという、ほとんどベタ記事と言ってもいいほどの小さな記事が掲載されていました。これを読み、こういう産学提携もあるのかと、いささか意表を突かれました。

 産学提携と言いますと、民間企業と大学や研究所などが新しい技術や事業を開発する大規模なイメージがあり、旅館と大学という組み合わせに「確かに、なるほどな」と妙に納得し、うれしくなりました。

 旅館も立派な企業です。教育機関の国内や海外の大学と提携して「国際交流の促進と町産の食材を使った新たな特産品開発など」をめざすのも産学提携です。

 ただ、記事には協定を結んだ時期などについては書かれていませんでした。そこであれこれ調べてみると、旅館「神仙」のフェイスブックの4月16日の投稿記事に「台灣台中市静宜大学の唐学長をお迎えし、静宜大学と旅館神仙との産学協定調印式が滞りなく執り行われました事をここにご報告致します」とあり、これだけの短い記事ですが、産学協定は4月16日に締結されたようです。

 そこに掲載されている写真4枚を見て驚きました。一番大きな写真は、旅館「神仙」の佐藤功宏社長と静宜大学の唐傳義学長が調印した協定書を広げて見せているものですが、右下の写真はなんと李登輝元総統の揮毫された「誠實自然」の大きな扁額が掲げられた前で撮った写真です。

 李登輝元総統が揮毫された扁額の中でもかなり大きなものです。どうして旅館「神仙」に掲げられているのかは不明ですが、少なくとも旅館「神仙」が台湾との交流をどのように捉えているかという一端が垣間見えるようです。

 静宜大学と言えば、台北駐日経済文化代表処代表をつとめた許世楷氏が教授をつとめたこともある大学で、日本語文学科もあります。

 本会の日本李登輝学校台湾研修団に参加された方なら、静宜大学といえば台湾内にある和歌などの石碑を丹念に調査されている頼衍宏先生を思い出す人もいるかもしれません。

 実は、東葛川柳会代表で全日本川柳協会副理事長をつとめる江畑哲男氏も李登輝学校研修団に何度か参加し、頼衍宏先生の講義をお聞きした一人。頼先生からの依頼で、この3月に静宜大学の日本文学専攻の台湾人学生52名に「日本短詩型文芸の流れと川柳」「台湾の川柳の特徴と日本の川柳」を講義してきたそうです。

 このように日本との縁が深い静宜大学では、学生を日本に派遣し旅館やホテルなどでインターンとして実習させる制度があり、毎年20名ほどの定員はすぐに埋まってしまうそうです。

 このたびの宮崎県高千穂町の旅館「神仙」と静宜大学の産学協定をモデルケースとして、人材不足に悩む他のホテルなどにも参考にしていただけることを大いに期待しています。

◆旅館「神仙」フェイスブック:2019年4月16日 https://www.facebook.com/ryokanshinsen/?__tn__=kC-R&eid=ARBZBjyzgYnu6K4c9BR6ICp_qoiykzKKyFgG3–fBkJX7p8TZOTaSxgj_UGT1KgaDKQZH0-AgQ9W3iQ2&hc_ref=ARSzufPZ13cVJQZRVw3kTe7zUFqvEUnOWRqc87HUSQvfTfl9fpsixiNIUKEjLMD3IoI&fref=nf

◆旅館「神仙」 〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1127-5 TEL:0982-72-2257  FAX:0982-72-5488 http://www.takachiho-shinsen.co.jp/

◆江畑哲男川柳BLOG:2019年3月10日「台湾での授業」 https://shinyokan.jp/senryu-blogs/tetsuo/6063/

◆江畑哲男川柳BLOG:2019年3月11日「台湾での授業(2)」 https://shinyokan.jp/senryu-blogs/tetsuo/6071/

—————————————————————————————–台湾の学生、高千穂で就業体験 おもてなし学ぶ【宮崎日日新聞:2019年5月14日】http://www.the-miyanichi.co.jp/chiiki/category_3/_38669.html

 高千穂町の旅館「神仙」(佐藤功宏社長)は、国際交流の促進と町産の食材を使った新たな特産品開発などを目指し、台湾の台中市にある静宜大(唐傳義学長)と産学協定を締結した。同大学生を毎年男女1人ずつ、インターンシップで受け入れる。学生にとっては日本のおもてなしや文化を学ぶ場となり、旅館側は増加する外国人客への対応ができる人材確保につながる。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*本会でご案内してきた台湾の高級調味料XO醤は、このほど台湾メーカーの都合により日本へ出
 荷できなくなったことが判明しました。今後も入荷できない状況となりましたのでご案内を取り
 止めます。ご了承のほどお願いします。(2019年4月16日)

● 2019年:ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2019年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,