【祝】 蔡焜燦先生への叙勲お祝いメッセージ(7)  衝撃と感銘の『台湾人と日本精神』

【祝】 蔡焜燦先生への叙勲お祝いメッセージ(7)  衝撃と感銘の『台湾人と日本精神』
本日午後5時に締め切ります!

 4月29日「昭和の日」に発表された春の叙勲で「台湾歌壇」の代表をつとめられる蔡焜燦先生が
「旭日双光章」を受章、5月2日から本誌でお祝いのメッセージを募集してまいりました。蔡先生が
大好きな、日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を撃滅した日本の勝利を記念して設けられた「海
軍記念日」の本日午後5時をもって締め切ります。

 本日は愛媛県の台湾人の女性と結婚された男性からのお祝いのメッセージをご紹介します。蔡先
生の名著『台湾人と日本精神』(小学館文庫、2001年)に心を揺すぶられた日本人は数知れませ
ん。この愛媛県の方もその一人です。

 交流協会台北事務所からの勲記と勲章の伝達式は5月28日に決まり、「台湾歌壇」のメンバーな
ど有縁の方々が駆けつけてお祝いするそうで、本日の夜、これまでいただいたお祝いメッセージを
蔡先生にお届けします。

 本会からはすでに柚原正敬事務局長が小田村四郎会長の名代として5月半ばに訪台、蔡先生ご夫
妻とご子息、それに早川友久・本会台北事務所長も交えた席でお祝いの品をお渡ししました。

 蔡先生が来日されますとお泊りになるのは帝国ホテル。定宿です。実は、ここに蔡先生行きつけ
のバーがあるのですが、焼酎は置いてなく、美味しい焼酎を置かないなんてと掛け合いますがホテ
ル側が「焼酎など置けない」と頑として応じなかったそうです。そこで蔡先生は胡麻焼酎「紅乙
女」のクリスタルボトルならどうかと掛け合ったところ、支配人もこれならと認め、レギュラーと
して扱い始めたと言います。

 このようなエピソードを蔡先生ご自身からお聞きしていましたので、この「紅乙女」クリスタル
を2本、お祝いの品として持参。また、蔡先生は少年航空兵だったことはつとに知られています
が、2005(平成17)年に来日されたとき、8月10日に靖国神社に「台湾少飛会」の会旗を奉納され
ています。そこで靖国神社とご縁のある品をと思い、蔡先生は5月27日の日本海海戦の勝利を殊の
ほか喜ばれていますので、遊就館で取り扱っている「Z旗」も持参しました。さらに、これまで蔡
先生を支えてこられた奥様に、化粧品を入れても小物などを入れてもいい高級ポーチも持参しました。

 蔡先生ご夫妻にそれらの品をお渡しすると大変喜んでいただいたようです。この折、帝国ホテル
の現支配人から巻紙に筆文字も麗々しい直筆のお祝いメッセージが届いており、それも見せていた
だきました。

 蔡先生へのお祝いメッセージは、本日(5月27日)午後5時を締め切りとします。忘れていたとい
う方は、まだ間に合います。


● 衝撃と感銘の『台湾人と日本精神

 S・H(愛媛県、31歳)

 このたびの旭日双光章を受賞されましたこと、心よりお祝い申し上げます。台湾出身の女性を妻
に持つ身として一言御礼を申し上げたく、メールをさせていただきました。

 妻とは大学時代に剣道を通じて知り合い、その天真爛漫な姿に心惹かれ、プロポーズしました。
恥ずかしながら交際当初は、台湾の歴史や文化についてほとんど知りませんでした。しかし、妻の
里帰りに付き添って台湾を訪れるたびに人々の温かさに触れ、その魅力にとりつかれていきました。

 そんな中、私の台湾に対する認識に大きな変化が生じたのは東日本大震災の時でした。世界中か
ら温かい手が差し伸べられる中、台湾からの支援は群を抜いていました。しかし、当時の私にはそ
の理由が理解できませんでした。台湾の文化・歴史をもっと勉強しなければいけないという気持ち
がわいてきたのはちょうどその時です。それ以降、台湾に関する本を読んでいく中で私の疑問は少
しずつ解消されていったと同時に、台湾に対する誤った認識を持っていた自分を恥ずかしく思いま
した。

 中でも、最も衝撃と感銘を受けたのが、蔡焜燦先生のご著書『台湾人と日本精神』でした。読み
終えた後、台湾の人々の温かさを生み出した土壌は、蔡先生や李登輝先生をはじめとする偉大な先
達の生きて来られた歩みの結晶そのものなのだと確信しました。

 現在、妻は台湾の大学で日本語を教えております。日本での留学経験に基づく生きた授業はなか
なかの評判だと聞きます。新婚早々に別居生活でさみしくはありますが、妻が台湾と日本の交流に
役立っている姿を誇らしく思っております。今後とも夫婦手を取り合って、台湾と日本の永遠の交
流に少しでもお役に立てたらと存じます。

 このたびは誠におめでとうございました。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 2014年・ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込み 【締切:6月2日、16日】*new
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2014年・台湾アップルマンゴーお申し込み 【締切:7月22日】*new
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)*new
*同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)*new
*同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)*new
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー』*new
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック*new
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,