【祝】 笠間市と農業委員会農糧署が「食を通じた文化交流と発展的な連携強化に関する覚書」を締結

7月24日、茨城県笠間(かさま)市と農業委員会農糧署は「食を通じた文化交流と発展的な連携強化に関する覚書」を締結、中央通信社は「農産物取引や人的交流の強化などで相互理解の深化を目指す。これにより笠間市内の小中学校などでは、11月以降に給食で台湾バナナが提供されるようになる」と報じています。

 この記事でも伝えているように、笠間市は昨年8月23日、台北市内の東豪旅行社内に「台湾交流事務所」を開設し、職員1人と現地職員2人の態勢で臨み、観光客誘致などに取り組んできており、事務所設立1周年を記念して覚書を締結したそうです。

 日本の自治体で台湾にオフィスを開設したのは沖縄県与那国町(よなぐにちょう)が初めてで、2007年5月29日に「与那国駐花蓮市連絡事務所」を開設し、駐在員を派遣しています。

 続いて、山口県美祢市(みねし)が2012年7月5日「台北観光・交流事務所」を開設。2013年4月22日には都道府県レベルとして初めて静岡県が台北市内に駐在員事務所「ふじのくに静岡県台湾事務所」を開設(駐在員2名、現地採用職員2名)。さらに、高知県が2017年4月1日に「日本高知県台湾連絡弁事処」を開設。そして昨年8月の笠間市の台湾交流事務所」を開設に至っています。

 なお、群馬県みなかみ町も、2013年12月13日に台南市と「友好都市協定」を結んだことで台南市に職員を派遣していて、2015年11月からは「公務員交換」により台南市も職員を派遣するようになっています。

 笠間市はまた2018年2月28日、「オリパラを契機にスポーツ・ビジネス分野を含めた交流を深めるべく、同市に所在する『宍戸ヒルズカントリークラブ』でのゴルフの事前キャンプやパラ卓球の事前キャンプ誘致を進める」として。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、タイ、エチオピアに続いて台湾のホストタウンに登録しています。

 農業委員会農糧署と「食を通じた文化交流と発展的な連携強化に関する覚書」を締結した同じ7月24日、笠間市の念願が叶い、宍戸国際ゴルフ倶楽部、台湾ゴルフ協会の三者で笠間市における事前キャンプについて「基本合意書」を締結しています。

 これは別途ご紹介しますが、農業委員会農糧署との「食を通じた文化交流と発展的な連携強化に関する覚書」締結により、今後は水戸市や大洗町の小中学校でも給食に台湾バナナが出されるようになるそうです。

 このような自治体の交流深化を心からお祝いしたいところですが、台湾ではいまだに福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県からの農産品や食品の輸入禁止を続けていて、茨城県の農産品や食品などは台湾に輸出できない状態が続いています。交流は相互交流にこそ意義があり、茨城県が受け入れるだけの一方通行の交流には素直に喜べないものがあります。

 とはいえ、ここは笠間市がそのような状況にもかかわらず積極的に台湾との交流を図っていこうとする姿勢を高く評価したいと思います。また、台湾政府には地域を基準にするのではなく、科学的根拠に基づく輸入に取り組むよう改めて要請します。

—————————————————————————————–台湾と笠間市、バナナ通じて交流促進 連携強化目指す覚書締結【中央通信社:2019年7月26日】

http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201907260002.aspx写真:覚書に署名した山口伸樹笠間市長(右から2人目)と胡忠一農糧署長(左から2人目)

 (台北 26日 中央社)行政院(内閣)農業委員会農糧署は24日、台北市内で茨城県笠間市と「食を通じた文化交流と発展的な連携強化に関する覚書」を締結した。農産物取引や人的交流の強化などで相互理解の深化を目指す。これにより笠間市内の小中学校などでは、11月以降に給食で台湾バナナが提供されるようになる。

 笠間市は昨年8月、台湾に交流事務所を開設し、観光客誘致などに取り組んできた。事務所設立1周年を記念して覚書を締結したという山口伸樹市長は締結式で、今後はバナナだけでなく、より多くの台湾の農産物を買い付けたいと、交流拡大に意欲を示した。

 ゴルフが盛んな笠間市は、来年の東京五輪・パラリンピックに参加するゴルフ選手団の事前キャンプ地や外国人選手を受け入れるホストタウンに登録している。これを踏まえて農糧署の胡忠一署長は、同市との交流促進を通じて東京五輪で各国の選手にも台湾産農産物をPRし、日本市場におけるシェアをさらに拡大させたいと意気込みを示した。

 胡氏はまた、日本と台湾は気候が異なるため、農作物が競合しないと説明。日本の高品質な農産物が台湾市場に出回ることを歓迎するとともに、今後の相互協力を地域間から全国レベルに拡大し、深化させることにも期待を寄せた。農糧署によると、茨城県では笠間市のほか、水戸市や大洗町の小中学校でも給食に台湾バナナが出されるようになるほか、つくば市に本社を置く食品スーパー「カスミ」でも試食やPR活動が展開される予定で、台湾バナナの市場開拓につながることが期待される。

                          (李佳ジン、陳清芳/編集:塚越西穂)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,