【祝】 秋田県と高雄市が「国際交流協力覚書」を締結!

秋田県の佐竹敬久(さたけ・のりひさ)知事は、8月23日に「東北観光推進機構」(会長・清野
智JR東日本会長)が主催する「台湾・日本東北 交流懇談会2016」に参加するため8月22日から4
泊5日で訪台、25日に高雄市の陳菊市長を訪問し、観光や教育、文化、農業などの分野で幅広く、
末永く交流を続けていこうとする内容の「国際交流協力覚書」を締結しました。

 秋田県ではこれまで、北秋田郡の上小阿仁村(かみこあにむら)が屏東県萬巒郷(ばんらんご
う)と1991年10月に姉妹都市を結び、その10年後の2001年7月に仙北郡の美郷町(みさとちょう)
が花蓮県瑞穂郷(みずほごう)と「友好町郷提携に関する協定書」を締結しているものの、県が台
湾の自治体と都市間提携を結ぶのは初めてのことです。

 地元TV局の秋田放送が高雄市と交流拡大のための覚書を結ぶと報じていましたので、続報を
待っていたところ、交流協会高雄事務所から高雄市の「市政新聞」が報じているとご連絡いただき
ました。

 8月9日の千葉県と桃園市の「友好交流協定」に続く快挙です。地元メディアでも全国メディアで
もまだこのニュースを確認できていませんので、写真4枚を掲載して締結の模様を詳しく伝えてい
る高雄市「市政新聞」の記事を下記にご紹介するとともに、心からお祝い申し上げます。

 本会の調査によれば、日台の都市間提携は1979年10月の青森県大間町と雲林県虎尾鎮の姉妹町を
締結してからの38年間で、秋田県と高雄市で53件目。著しい特徴は東日本大震災以降に35件、つま
り66%にものぼる都市間提携が結ばれていることです。

 もう一つの特徴は、日本の自治体の都市間提携が中国や韓国から台湾に移行していることです。

 例えば、熊本県と熊本市は2013年10月に高雄市と「国際交流促進覚書」を結びましたが、それま
での熊本県は上海に事務所を開設するなど、中国や韓国との交流に重点を置いていました。しか
し、高雄市の陳菊市長が熊本県を訪問したことをきっかけに都市間提携を結ぶ前後から、台湾への
修学旅行も増え、台湾からの観光客も増えるなど、交流の重点は台湾に移って来ています。

 その熊本を地震が襲ったのは今年4月。6月10日には、高雄市の陳菊市長と台南市の頼清徳市長が
熊本を訪れ、熊本地震への義援金として約2億1,600万円を贈ったことは記憶に新しいことです。

 実は、秋田県も熊本県とよく似ているようです。まず、秋田県と台湾の主な交流史を下記に列記
してみます。

・1987年11月04日 仙北市の田沢湖と高雄市の澄清湖が姉妹湖を締結
・1991年10月03日 上小阿仁村と屏東県萬巒郷が姉妹都市を締結
・2001年07月09日 美郷町と花蓮県瑞穂郷が友好町を締結
・2001年08月16日 ワールドゲームス秋田大会の開会式に高雄市副市長らが参加
・2010年06月    佐竹知事がチャーター便誘客のため訪台(以後、毎年訪台)。
・2011年08月19日 玉川温泉と北投温泉が温泉姉妹協定を締結
・2013年10月24日 秋田銀行と中国信託ホールディングが業務提携に関する覚書を締結
・2014年04月30日 秋田の鳥海山ろく線が平渓線(台湾鉄道)と姉妹鉄道協定を締結
・2014年08月19日 秋田県スキー連盟と台湾スキー協会が友好協定を締結
・2015年08月21日 秋田県と台日産業連携推進オフィスが産業連携に関する覚書を締結
・2015年10月14日 角館高校と国立台湾師範大学附属高級中学が姉妹校を提携
・2016年10月    秋田銀行が初の海外拠点として台湾に台北駐在員事務所を開設予定

 秋田県が台湾との交流に本腰を入れたのは、秋田市長だった佐竹氏が知事に当選した2009年以後
であることが分かるかと思います。

 秋田県はそれまで1982年8月に中国の甘粛省と友好協力を提携したことを嚆矢として、「友好交
流に関する合意書」(2010年9月)を締結した天津市や吉林省と交流を深め、今も交流は盛んなよ
うです。

 また土地柄を反映して、2010年3月にロシアの沿海地方と包括的友好協定を結び、ウラジオスト
クやハバロフスク地方との交流も行っています。

 秋田県にとってもっとも近い外国となる韓国との交流も盛んで、2001年10月に国際定期航路が開
設され、翌年11月に秋田県がソウル事務所を開設されたことで、青少年交流や文化交流を中心とし
て活発に行われています。東南アジアではタイやインドネシア、ベトナムなどとも交流していま
す。

 台湾とは、近年になってチャーター便誘客を目的とした交流が本格化し、このたびの「国際交流
協力覚書」の締結に至っています。

 交流のためには何といっても「足」の確保がポイントとなりますので、定期チャーター便が台湾
との間で成立するかどうかが鍵を握っているようです。

 熊本空港と台湾・高雄空港との間に定期便が就航したのは、高雄市と「国際交流促進覚書」を結
んでから2年後の昨年10月。秋田県はまだチャーター便の段階ですから、定期便就航まではまだ時
間がかかりそうです。

 ただ、台湾の高校と姉妹校を締結した角館高校はすでに台湾への修学旅行を実施しています。千
葉県の森田健作知事が目指しているように、日台双方の修学旅行(教育旅行)が頻繁に行われるよ
うになれば、チャーター便就航問題もほどなく解決するのではないでしょうか。高校生の修学旅行
は県教育委員会の管掌です。広島県や徳島県では、台湾の教育委員会と協定を結んで台湾への修学
旅行を強力にバックアップしています。秋田県にはぜひ参考にしていただきたい先例です。

◆ 與日本秋田簽署合作備忘録 陳菊盼深化交流
 http://www.kcg.gov.tw/CityNews_Detail.aspx?n=F71DD73FAAE3BE82&ss=D14F219C098E5B065989F7341BD6C9F0A4B28C7E524A77B0676DB260C678D80A63ED01E715B8BF47

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*現在、パイナップルケーキの在庫が切れご迷惑をお掛けしております。入荷は9月中旬となる予
 定です。【2016年8月10日】

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,