【祝】 代替肉のネクストミーツと台湾HOYAが共同開発契約を締結

【祝】 代替肉のネクストミーツと台湾HOYAが共同開発契約を締結

 数年前、台湾・苗栗の獅頭山勧化堂に祀られる日本人、廣枝音右衛門(ひろえだ・おとうえもん)命の慰霊祭に参加したときのこと。昼食で牛肉が出てきましたので、この廟では牛肉を食べるのかと訝しがっていたところ、他の参加者が「うまい!」と言って食べているので恐る恐るながら口にしてみました。

 たしかに牛肉の味と食感でした。ただ、どうも牛肉ほどのねばりというのか、意外とすぐに?み切れたので変だなと思いつつも食べていましたが、なかなかいい食感なのです。途中で、これは大豆から作った肉もどきと聞き、驚いた覚えがあります。

 日本ではあまり見かけませんが、台湾ではベジタリアンが少なくなく、台湾からのお客様を迎えるときは、必ずベジタリアンかどうかを確認しています。このベジタリアンの人々も食べられるようにと、台湾では肉もどき、つまり代替肉がよく食べられています。

 代替肉の「ネクストミーツ」と台湾HOYAのブランド名で知られている「弘陽食品」が共同開発契約を締結したそうです。

 ネクストミーツは昨年6月に設立されたばかりですが、これまでハンバーガー「ネクストバーガー」や、世界初の焼肉用フェイクミート「ネクスト焼肉シリーズ」、植物肉で作った牛丼「ネクスト牛丼」などを手掛けているそうです。日本の若い世代でつくるネクストミートと、代替肉の老舗と言ってもよい台湾HOYAがどのような代替肉食品を開発するのか、大いに期待しています。

◆台湾HOYA https://www.hungyang.com.tw/

◆ネクストミーツ https://www.wantedly.com/companies/company_5378774

—————————————————————————————–ネクストミーツが台湾HOYAと共同開発契約を締結、台湾ベジタリアン市場に参入【食品産業新聞社:2020年1月15日】

 日本の代替肉ブランドとして世界展開を進めるネクストミーツ(東京都新宿区)は、世界最大級の代替肉メーカーである台湾HOYA(弘陽食品股彬有限公司)との共同開発契約を締結した。

 日本と台湾共同で代替肉商品を開発し広めていくことで、地球の持続可能性に貢献するとしている。ネクストミーツの技術とノウハウ、HOYAの生産力と現地での販売力を活かし、代替肉の原料および商品化についての共同開発を行う。

 ネクストミーツでは、「人口の10%がベジタリアンと言われており、日本ブランドが受け入れられやすい台湾で、スピードを上げて代替肉の普及に取り組んでいく。『日本ブランド、世界発信』を合言葉に、同時多発的に日本の代替肉を世界に広めていくことで、地球の持続可能性に貢献できると考えている」とコメントしている。

──────────────────────────────────────※この記事はメルマガ「日台共栄」のバックナンバーです。

タグ: , , , , , , , , , ,