【書評】呉国光著『次の中国はなりふり構わない』  鳥居 民(中国現代史研究家)

【書評】呉国光著『次の中国はなりふり構わない』  鳥居 民(中国現代史研究家)
◆独裁中国の維持とその限界

 中国についてだれもがもっとも関心を抱く問題、なぜ中国は民主化しないのか、明日の
中国はどうなるのかを解明したのがこの本である。

 著者の呉国光氏は現在、カナダに在住している。呉氏は年若くして人民日報の論説委員
となり、趙紫陽首相の政治改革計画に参画した。呉氏が中国を離れたのは1989年の天安門
事件が起きる直前、趙氏が首相の椅子を逐(お)われる直前だった。

 呉氏はこの著書のなかで、「2001年で中国の改革は終結した」と説いている。

 どういうことなのか。中国政府は中国の企業が国際的な競争力を持つようになるために
はWTO(世界貿易機関)に加盟することが是非とも必要と承知していた。そこで1995年
に中国は国際人権A規約に署名し、さらに民主化のポーズをとり、翌96年には「すべての
市民は自決の権利を有する」と定めた国際人権B規約に署名し、アメリカとWTO加盟を
交渉する用意を整えた。こうして2001年に調印にこぎつけ、加盟3年あとには中国の輸出入
総額は1兆ドルを超え、日本を抜いて世界3位となったのである。

 そして呉氏は中国が2001年からは改革をおこなうことなく、独裁体制を「安定維持」す
るための対策だけを講じてきたのだと説く。本書の巻頭に載せた櫻井よしこ氏の解説が
「共産党の生き残りこそが中国の大目的」と題した通りなのだ。その7ページにわたる解説
は、本文に叙述されている中国政府が「安定維持」のためにやってきた4つの対策を簡潔に
まとめている。

 本文からその対策のひとつを引用しよう。WTO加盟が可能にしたのは、国民の「経済
的買収」なのだと呉氏は説く。「買収」はいつまでつづけられるか。「経済成長率が5、
6%に下降したら、社会、制度全体はおそらく大きな問題に直面する」と述べ、「民衆の集
団パワーが政府に大幅な改革政策を突き付け」ることになると呉氏は予測する。

 付け加えよう。中国政府が発表したこの4月から6月までの経済成長率は7・6%である。

                       (産経新聞:平成24年7月29日付より)

・呉国光著『次の中国はなりふり構わない─趙紫陽の政治改革案」起草者の証言』
・廖建龍訳/産経新聞出版・1680円
 http://www.sankei-books.co.jp/m2_books/2012/9784819111652.html

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 『台湾歌壇』(第15集・第16集) お申し込み *在庫切れ:第15集
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg


◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , ,