【新刊紹介】黄文雄『中国の大動乱が日本に押し寄せる』

【新刊紹介】黄文雄『中国の大動乱が日本に押し寄せる』
■著者 黄 文雄
■書名 中国の大動乱が日本に押し寄せる
■体裁 四六判、上製、320頁
■版元 徳間書店
■定価 1,575円(税込)
■発売 2008年8月1日

http://www.tokuma.jp/book/tokumabooks/4e2d56fd306e592752d54e7165e5672c306b62bc3057
5bc4305b308b


【8月3日「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」通巻2274号】

 尖閣諸島を突如「あれは中国領だ」と北京が言い出したのは1971年、地下資源の存在
が判明したからである。

 それにすぐ追随して「そう、そう。あれは中国領です」と媚中の大合唱をはじめたの
が日本の左翼ブンカジン、就中、井上清、羽仁五郎らである。

 ひどい売国奴がいるもんだ。

 黄文雄氏の新刊『中国の大動乱が日本に押し寄せる』(徳間書店)に依れば、すでに
「アメリカ在住の中華民国系学者は保釣運動(釣魚台を守る運動)を起こしていた。
(中略)井上清教授は、尖閣は歴史的に中国所属であると主張した。氏は当時、外務省
から関係史料を手に入れることができなかったので、史料は、殆どが外務省に勤めてい
る教え子から提供(国家機密の窃取?)されたものと説明していた」。

 黄氏は当時、日本への留学生で、クルマで友人と京都まで井上の講演を聴きに行った
という。

 なぜこういう事態が起きたかと言えば、「戦後四半世紀が過ぎた1960年代、70年代の
日本には、まだ文革礼賛派が残っており、日本革命を目指す左翼勢力は、その影響力は
徐々に弱くなりつつなったのは確かであるとしても、井上清教授のような「反帝学者」
が夥しくマスコミに影響力を保持していたからだった。

 つまり、中国の政府機関も学者の主張も、なんと、この井上清の引用や孫引きによっ
ているのである。

 そのうえ、1972年4月18日付けの『毎日新聞』には「文化人声明」なるものが載って
おり、次のように言う。

 「尖閣諸島は日清戦争で日本が強奪したものであり、歴史的に見れば明らかに中国固
有の領土である。我々は日本帝国主義の侵略を是認し、その侵略を肯定することは出来
ない」。署名者には羽仁五郎、荒畑寒村、小田切秀雄らが連なり、「日帝の尖閣列島略
奪阻止のための会」(仮称)の設立にこぎ着けたという。

 沖縄はどうか?

 黄文雄氏が続ける。

 「中華民国政府も中華人民共和国政府も、沖縄が日本に所属することは是認してはい
ない」。

 そういえば台湾の事実上の在日大使館ならびに領事館は、「駐日台北経済文化代表処」
と言って、東京、札幌、名古屋、大阪、福岡にオフィスがあるが、沖縄だけは『琉球』
と表記している。

 沖縄は「すでに江戸時代には、むしろ島津藩の影響下、支配下にあった。1871年の台
湾牡丹社事件後、1874年に日本の台湾出兵があり、そして1879年には『琉球処分」が行
われ、清国も沖縄を日本のものと承認した。決して不平等条約によるものではない。ま
た、中華民国政府が、琉球所属について不満があるのは事実だが、もう一方の人民共和
国政府はむしろ黙認してきたのだ」った。

 それを「日本の中国侵略は琉球併呑から始まる」という史実無視の政治宣伝の声を、
北京が突如大きくしたのは1989年6・4天安門事件後からである。すなわち『民族主義』
「愛国主義」「中華振興」の国是がスローガン化してから」というではないか。

 北京は沖縄住民が自決できめよ、と言う。だから北京の代理人が沖縄に暗躍し、左翼
が跳梁し、沖縄のマスコミは悉くが反日的で中国寄りの言動をする。他方、北京政府は
台湾の所属は十三億人の中国国民が決めると僭越にも豪語して、ダブルスタンダードも
著しい。まともにとる必要はない。

例によって論旨明快、黄節が冴え渡る。


●本誌の転載転送を歓迎
 台湾問題への認識を深め、本会などの活動をより多くの方々にご理解いただきたく、
 本誌の転載転送を歓迎します。また、本誌へのご意見・ご感想はバックナンバーの
 「このメルマガへのコメント」にお願いします。

 ■http://www.melma.com/backnumber_100557/

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3
 回以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合
 は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬



タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,