「李登輝秘録」第4部 蒋経国学校の卒業生(1)「『野党を作らせよ』密命下った」

産経新聞の大型連載「李登輝秘録」(執筆:河崎眞澄・論説委員)の第4部「蒋経国学校の卒業生」が昨日から始まった。

 その第1回は「『野党を作らせよ』密命下った」。なんと民進党(民主進歩党)の1986年の創設は「蒋経国の指示」であり、その密命を受けたのが1984年から副総統に就いていた李登輝氏で「政党結成を『国民党は阻止しない』と水面下で伝えた」という。

 第1部の1回で、曽永賢・国策顧問の自宅に中国共産党トップ層からの極秘伝言として「2、3週間後、弾道ミサイルを台湾に向け発射するが、慌てなくていい」と電話がかかってきた「秘話」や、第3部の1回で、台湾大学助教授時代に農政調査の一環で来日した折の1961年6月16日、李登輝氏は台湾独立運動の先駆者で台湾語研究者の王育徳氏(1924年1月30日〜1985年9月9日)と密会した「秘話」を取り上げていたが、第4部1回目の民進党創設にまつわる蒋経国の李氏への密命も、まさしく「秘話」と呼ぶにふさわしいエピソードで、読んでいて鳥肌が立つ思いだった。

 本誌ではこれまで「李登輝秘録」の第1部(4月3日〜14日)、第2部(4月25日〜5月9日)、第3部(6月18日〜7月5日)の開始の回を紹介してきている。第4部開始にあたり、その1回目の全文を下記に紹介したい。

—————————————————————————————–「野党を作らせよ」密命下った 【産経新聞「李登輝秘録 第4部 蒋経国学校の卒業生(1)」:2019年7月14日】

 戦後、台湾を独裁支配した蒋介石(しょう・かいせき)の長男である蒋経国(けいこく)は、総統に就任した1978年、李登輝(り・とうき)(96)を閣僚級ポストの台北市長に任命した。さらに台湾省主席、副総統に引き上げていく。蒋経国は、中国大陸出身の外省人が中枢を占める国民党政権が台湾で生き延びるためには、李のような台湾出身の本省人エリートを政界で育て上げ、政権の「台湾化」を図るしかないと考えた。第4部は、蒋経国の政治手法を吸収していく李が総統に就任する88年までの姿を追う。

 元台湾総統の李登輝が今も大事にしているメモ帳がある。1984年から88年の副総統時代に、総統の蒋経国と個別に会話した156回の内容を書き記したものだ。青色のペンで丁寧に中国語で書かれていて、北西部の桃園市郊外にある別荘の机の引き出しに保管している。

 メモ帳は懇意にしていた元ソニー会長の盛田昭夫(もりた・あきお)(1921〜99年)から手土産としてもらった。「SONY」のロゴマークが入っている。

 李はメモ帳をペラペラめくりながら、「この日は重要だ」と言って、あるページを開いた。日付は台湾の春節(旧暦正月)を控えた86年2月7日。蒋経国が李に指示した特別な任務が記されていた。

 「新年度(春節明け)に党外人士と意思疎通のパイプを作り、本人(李)が参与せよ」

 党外人士とは、一党支配を続けていた国民党に所属せず政治活動を行う人物を指す。李はこの指示について「蒋経国は国民党以外の人物に野党を作らせ、政治圧力を利用して国民党を改革しようと考えていた」と明かす。

 台湾では70年代から国民党の独裁体制を批判する雑誌の発行や、民主化を求めるデモなどが南部を中心に始まっていた。49年からの戒厳令が続いていた当時、野党の存在は非合法だが、蒋経国はその野党を使って国民党改革を推し進めようとしていた。

 メモ帳によると、86年9月28日に初の野党として民主進歩党が結成されたことに対し、蒋経国は9月30日、「違法要件はまだ構成しておらず、法によって処理するのは容易ではない」と李に話し、事実上、容認した。李は否定も肯定もしないが、蒋経国の指示で党外人士に政党結成を「国民党は阻止しない」と李が水面下で伝えたと考えられる。

 結成された党は現在、蔡英文(1956年生まれ)が総統として率いる政権党の民主進歩党だ。戦後台湾で政治弾圧を続けた父親の蒋介石から権力を継承した蒋経国だったが、この時代の種まきがあって初めて、民主化の花が開いた、と李は今も考えている。

◆「蒋経国は庶民目線で行動した」

 「私は蒋経国学校の卒業生だ」。李登輝は、総統だった蒋経国との会話メモをまとめた著書「見証台湾−蒋経国総統と私」(允晨(いんしん)文化実業)の出版に際して開かれた2004年5月の記念講演で、自らをこう表現した。

 蒋経国は1972年6月の行政院長(首相に相当)就任に合わせて李を農政担当の政務委員(閣僚)として入閣させた。総統になった後も重要ポストで起用し続け、病死するまでの16年近く、李を近くに置いていた。

 ただ、中国大陸から逃れた台湾で国民党による独裁体制を敷いた蒋介石から権力を引き継いだ蒋経国と李の関係をいぶかる声があるのも事実だ。

 国民党政権による政治弾圧で22年以上も投獄された郭振純(かく・しんじゅん)(1924〜2018年)は、「台湾人の李登輝が、なぜ独裁者の蒋経国を頼るのか、釈然としない」と顔を曇らせる。

 郭は台湾の民主化を進めた李を評価する一方、「蒋介石や蒋経国らの独裁政権が台湾で起こした(2・28事件など)殺戮(さつりく)や弾圧は、台湾人であるなら絶対に許し難いはずだ」と語り、同じ台湾出身の李が蒋経国と手を組んだことに憤(いきどお)った。

 こうした批判を李に問うと、李は自身が政務委員だったときに見た蒋経国の政治姿勢を示すエピソードを語り、理解を求めた。

 「(台湾中部の)彰化(しょうか)で水害が起きたとき、被災地に着いた蒋経国は自ら泥水に足を踏み入れて、被害状況を確かめた」という。蒋経国に同行してその様子を見ていた李は、「決してパフォーマンスではなく、庶民の目線で行動したんだ」と指摘する。

 さらに李は、「蒋介石は泥水に自ら入ったりしない」とも語り、蒋介石と比べて蒋経国は敵視すべき存在ではないとの考えをにじませた。李は蒋父子に対する批判めいた発言はめったにしない。

【用語解説】

蒋経国(しょう・けいこく)中国国民党の権力者だった蒋介石(かいせき)の長男で、台湾の行政院長(首相)や総統を歴任した政治家。1925年から旧ソ連のモスクワ中山大学などに留学し、政治的理由で工場に送られ労働者として働いた。労働者階級のロシア人女性と結婚。中国大陸で共産党との内戦に敗れた国民党が49年に台湾に逃れた後、父親の権力基盤を引き継いだ。台北で88年1月13日、77歳で病死した。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

● 2019年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込み【締切=7月18日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,